海外「第二次世界大戦から帰国したアメリカの兵士たち」トイレに行きたい人にとっては最悪だったのでは・・・

スポンサーリンク

oldiers returning home from WWII…

第二次世界大戦から帰国したアメリカの兵士たち

1海外の反応を翻訳しました : ID:

poopdeck(船尾楼甲板)のいたるところに船員がいるね

3海外の反応を翻訳しました : ID:

波止場にはパートナーが帰ってくるのを待ってる人がいたんだろうね

4海外の反応を翻訳しました : ID:

>>3
とても待ち焦がれていただろうけど、あり得ないぐらい退屈でもあっただろうね

5海外の反応を翻訳しました : ID:

>>4
確かに
どういう状況であっても、待つということは大変だよ

6海外の反応を翻訳しました : ID:

>>5
でも船が戻ってきたとしても
「あなたビル?違う。あなた?違う。あらーあなた顔が丸くなったのねぇ・・・あなたビル?ああ、違うのね、ありがとう。あなたがビル?」って聞きながら9,999,999人の男たちが通り過ぎていくのを待つんだよ

7海外の反応を翻訳しました : ID:

今日は僕の亡くなったおじいちゃんの誕生日なんだけど、おじいちゃんは第二次世界大戦を務め上げたんだ
この写真を見て、おじいちゃんがこの中にいたかもしれないんだと慰められたよ
ありがとう

8海外の反応を翻訳しました : ID:

>>7
きっとこの写真の中に君のおじいさんがいるんだよ

9海外の反応を翻訳しました : ID:

トイレに行きたい人にとっては最悪っだったんだろうな

10海外の反応を翻訳しました : ID:

>>9
どうしてこういう群衆を見ると最初に思いつくのがトイレのことなんだろう

11海外の反応を翻訳しました : ID:

>>10
臭い息と体臭が気になる

12海外の反応を翻訳しました : ID:

誰か、彼らがどれぐらい船の上にいたのか知ってる?

13海外の反応を翻訳しました : ID:

>>12
1日半から2日ぐらいじゃない?
知らないけど

14海外の反応を翻訳しました : ID:

>>13
アメリカからイギリスまでの航海時間の世界記録はユナイテッド・ステーツ号による1957年の3日と10時間だよ
その前の世界記録はクイーン・メリー号による1938年の3日と21時間48分だったんだ

「ユナイテッド・ステーツ号」の画像検索結果

15海外の反応を翻訳しました : ID:

なんだか火災が起きそう

16海外の反応を翻訳しました : ID:

>>15
火のついたタバコと体温が不快になるぐらい気温を上昇させてたんじゃないかって想像しちゃった

17海外の反応を翻訳しました : ID:

すげえ、空中から撮影したのか。

18海外の反応を翻訳しました : ID:

匂いが想像できない

19海外の反応を翻訳しました : ID:

>>18
自由の匂いだよ

20海外の反応を翻訳しました : ID:

>>18
勝利の匂いだよ!

21海外の反応を翻訳しました : ID:

群衆恐怖症だからゾワゾワする

22海外の反応を翻訳しました : ID:

彼らは写真のために外に出てきたの?
彼らが船を埋め尽くして、航海の間ずっと甲板に立ってたなんて感動するよ

23海外の反応を翻訳しました : ID:

英雄たちだね

24海外の反応を翻訳しました : ID:

彼らは運が良かったよ
あの悲惨な戦争で8000万人が亡くなったんだから

25海外の反応を翻訳しました : ID:

これがタイタニック号じゃなくて良かった

26海外の反応を翻訳しました : ID:

僕のおばあちゃんは、戦時中ノルマンディでおじいちゃんの看護をしていて知り合ったんだ
戦後、二人は一緒にアメリカに戻って4人の子供を育てた
もしかしてこの写真の中におじいちゃんがいるのかな

引用元:reddit

コメント

  1. 匿名 says:

    肝心の写真は?

  2. 匿名 says:

    人がゴ

  3. 匿名 says:

    見に行ったらモノクロなせいもあって蓮コラ嫌いにはお勧めできない画像になってた

  4. 匿名 says:

    もうここは非表示にした。

  5. 匿名 says:

    俺も非表示にした

  6. 匿名 says:

    世界中で、虐殺、レ○プ、略奪して来た、悪魔達の帰還!

  7. 匿名 says:

    ヤクプラスって変な薬でもやってんのか?

  8. 匿名 says:

    植民地、奴隷、人種差別、搾取等、上から目線の白人至上主義で散々悪さをしてきたのに戦争の理由も残虐行為も戦勝国の力で修正して相手が悪で自分たちは正義のヒーローだと改変する
    今も変わらずイランを狙っている英雄たち