海外「さすが日本人だ! とんでもない物を開発してるぞwww」患者の血液型に関係なく輸血できる人口血液、動物での実験に成功

スポンサーリンク

Artificial blood developed for patients of any blood type. Japanese researchers said they have developed artificial blood that can be transfused into patients regardless of their blood type and can vastly improve the chances for survival of seriously injured people.

1海外の反応を翻訳しました : ID:

どんな血液型にも適合する人工の血液が開発されたらしい。

人工血液、動物実験に成功 1年以上の常温保存も可能

 防衛医大などは大量出血した負傷者を救命する人工血液を開発した。ウサギの実験で成功した。人工血液を素早く輸血できれば、大けがによる死者を減らせるという。論文を米輸血学誌に発表した。

 血液に含まれる傷口をふさぐ血小板と体細胞に酸素を運ぶ赤血球の二つが出血で失われると死に至る。保存期間は血小板が固まらないよう揺り動かして4日間、赤血球は低温で20日間ほどで、血液型ごとに大量に準備する必要がある。輸血には患者の血液型を調べる必要があり、救急救命士などは輸血できない。

https://www.asahi.com/articles/ASM8X46QSM8XULBJ00N.html

2海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の研究者が患者の血液型に関係なく輸血できる人口血液を開発したんだって。だからさ、重傷を負った人でも助かる可能性がものすごく高くなるんだ。

スポンサーリンク

3海外の反応を翻訳しました : ID:

20年くらい前にこの研究をしてた企業に投資したんだ。合成血液の二重盲検試験を実施できなければ、米国食品医薬品局の審査を通過するのは難しいよ。

4海外の反応を翻訳しました : ID:

>>3
うちの父親は血液凝固因子製剤の製造に関わってるんだ。この記事を送っておいたから、君の意見に共感するかどうか楽しみだよ。

5海外の反応を翻訳しました : ID:

>>3
時間がかかってるんだな・・・どうしてその企業にはできなかったんだ?

6海外の反応を翻訳しました : ID:

作り物の血液を注入された試験の参加者が死んでしまうかもしれないのに、誰がそんな研究やりたがるんだよ?

7海外の反応を翻訳しました : ID:

>>3
薬じゃないんだから、審査なんて必要ないと思う。代用血漿は承認されてるんだし。

8海外の反応を翻訳しました : ID:

なんてこった、吸血鬼が現れそうだ・・・まるで、ドラマの「トゥルー・ブラッド」じゃないか。

トゥルーブラッド』 は、アメリカ合衆国のテレビドラマ。シャーレイン・ハリスの小説のシリーズサザン・ヴァンパイア・シリーズを原作とするこのテレビドラマは、2008年にHBOにて放送が開始され、2011年7月からシーズン4の放送が開始された。 日本では2010年7月にLaLa TVにて第1話を先行放送。 ウィキペディア

9海外の反応を翻訳しました : ID:

ドラマでも人工血液を開発したのは日本人だったもんね。

10海外の反応を翻訳しました : ID:

「トゥルー・ブラッド」って名前にして、瓶に入れて吸血鬼に売らなくちゃ。

11海外の反応を翻訳しました : ID:

ウサギを使った試験しか実施されてないってさ。

12海外の反応を翻訳しました : ID:

>>11
代用血液って発想は良いと思うけど、研究報告には酸素の運搬能に関する有効性の評価がないんだね。

13海外の反応を翻訳しました : ID:

>>11
ウサギさん、かわいそう・・・

14海外の反応を翻訳しました : ID:

あらら、じゃあ、赤十字社から電話がかかってくることも減るかな。O型のRhマイナスだから献血を頼まれるんだけど、その時は特別な存在になった気がしてたのに。

15海外の反応を翻訳しました : ID:

>>14
献血は続けてよ。人口血液はまだ開発段階なんだし、承認されるまで多分数年はかかるだろうから。

16海外の反応を翻訳しました : ID:

>>15
ちゃんと続けるよ。約束だ。

17海外の反応を翻訳しました : ID:

>>15
多分じゃなくて、数年後には承認される。間違いない。

18海外の反応を翻訳しました : ID:

>>14
A型のRhマイナスだけど、特別に思ったことなんてないぞ。

19海外の反応を翻訳しました : ID:

>>14
献血したらお金もらえるの?僕も自分の血液型を調べてみなくちゃ・・・

20海外の反応を翻訳しました : ID:

>>19
あぁ、報酬ならくれるぞ。献血の度にクッキーとオレンジジュースをね。

21海外の反応を翻訳しました : ID:

人工血液は臓器移植に大いに役立つんじゃないかな。拒絶反応のリスクを減らせるだろうから。

22海外の反応を翻訳しました : ID:

もし人工血液が大量生産できるようになれば、僕たちは非常に大きな利益を得たことになるね。

23海外の反応を翻訳しました : ID:

これだったら、「エホバの証人」の信者の人たちにも彼らの教えに反することなく輸血できるってこと?

エホバの証人は、キリスト教系の新宗教。 ものみの塔聖書冊子協会などの法人が各国にあり、ほぼ全世界で活動している。「神の王国」という国境なき世界政府の確立を支持している。聖書は主に独自翻訳の「新世界訳聖書」を使用している。 カトリック教会からは「プロテスタントでもカトリックでもない」と見做されている。 ウィキペディア

24海外の反応を翻訳しました : ID:

>>23
そうだね。血を流すわけじゃないから。彼らは合成血液を支持してきたんだし。

25海外の反応を翻訳しました : ID:

この先、俺たちの血管にエンジンオイルを注ぎ込んで、尻の上にしっぽみたいに取り付けた鎖を引っ張って俺たちの動く速度を上げるようになるんだ。

26海外の反応を翻訳しました : ID:

>>25
金持ちは電動スターターを付けるんだろうな。

27海外の反応を翻訳しました : ID:

>>1
アメリカの銃乱射事件の様な負傷者がたくさんいる状況では、凄く役立つよ。病院で確保してる輸血も限りがあるから、これを使ってる間に輸血の準備ができる。

28海外の反応を翻訳しました : ID:

うわ!日本人がめっちゃ凄いもの考えたな!

引用元:reddit

コメント

  1. 匿名 says:

    抗体の反応基、塞ぐんだったっけ?
    でも各種血液型の献血集めるほうが早くね?

  2. 匿名 says:

    献血が足りないんだが

  3.   says:

    本物の吸血鬼が投資とかしてたら面白いんだがな

  4. 匿名 says:

    日本の医療科学分野はほんとにすごいな
    いったいどれだけノーベル賞取りに行くのか分からんぐらい

  5.   says:

    吸血鬼(真祖)「賞味期限20日のマジ血液と一年間保存可能な人工血液…?」
    吸血鬼(神祖)「面白そうだな、ちょっと投資してみるか…あーでもバカな使途共を余計に見張らないと駄目な気がしてきた…」

  6. 匿名 says:

    防大の木下准教授が将来ノーベル賞取ったら
    初の”国立大以外”出身者の受賞だなあ
    医官とはいえ自衛官が受賞したらパヨクマスコミが発狂するだろうが

  7.   says:

    お腹が空いた時に飲んだら栄養になるの?
    食料問題も解決しちゃうん?

  8. 匿名 says:

    今は輸血は医者しか出来ないけど
    救急救命士が現場で輸血できるようになるので助かる命が増えるな

  9. 匿名 says:

    救急救命士の人って輸血しちゃいけないんや知らんかったわ
    そういえば前にオーストラリア人?がスキーで事故って痛いのに救命士?が麻酔してくれなかったって文句言ってた記事を海外反応系で見たことあるんだけど、医師免許がないと輸血も麻酔もダメってことなのか
    人工血液で救われる命が増えるなんて素晴らしいことだよね!
    私は超貧血で献血したいのに出来なくて申し訳ないから人工血液が普及する未来が待ち遠しいな

  10. 匿名 says:

    アメリカなら、認可が取れなくても軍が使いそうだな。

  11. 匿名 says:

    青葉に輸血してみよう

  12. ななしさん says:

    在日ガイジンのおっさん達が編集してる Japan Today や ジャパンタイムズ はこういう良いニュースをほとんど報じない。
    ソースの朝日新聞でさえ日本に住む反日外国人よりマシだということ。

  13. 匿名 says:

    凄すぎて恐ろしいな 戦場でも大きく役立つ

  14. 匿名 says:

    都市部では献血の方が安いだろうから、軍隊等の僻地での大量出血用だな。

  15. 匿名 says:

    元の記事が悪いんだが、引用部分の後段の輸血用血液の性質については通常の血液のことだよね。
    人工血液については「常温で1年以上保存でき、血液型を問わない。このため、実用化されれば、病院に着く前に事故現場で輸血でき、救命率が上がる。」と書かれている。