海外「日本大学アメフト部 殺人タックルの選手が謝罪会見、監督とコーチの指示か」彼は責任を負って正直に全てを話した、賞賛に値する

スポンサーリンク

アメリカンフットボールの試合で日大選手が犯した悪質な反則タックルは、日本のスポーツが抱える深刻な問題を浮き彫りにした。指導者と選手のゆがんだ支配の構図。レスリングの伊調馨(ALSOK)に対するパワーハラスメントにも共通するものだ。

前代未聞の反則タックルをした選手は22日、記者会見して、日大のコーチ陣を通じた内田前監督の指示による反則であることを認めた。

記者会見する日本大学の宮川泰介選手(22日午後、東京都千代田区)

陳述書にまとめられた内容は具体的で生々しい。日大側の「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)があった」とする弁解は、とても成立しないと思う。

アメフトの日大フェニックスは昨季、甲子園ボウルで関西学院大を下して27年ぶりに学生王者に返り咲いた。世代別の日本代表に選ばれているこの選手も出場して活躍した。内田氏にとっては監督として初めての学生日本一だった。

(日本経済新聞)

1海外の反応 : ID:

殺人タックルの選手が謝罪会見

2海外の反応 : ID:

正直に話してくれた彼を賞賛したい

4海外の反応 : ID:

彼が同じプレイヤーをしつこく狙っている時点でおかしいとは思っていた

5海外の反応 : ID:

日本だし、このアメフト部は終わりだろうな

6海外の反応 : ID:

監督やコーチが自害しても俺は驚かないだろう

7海外の反応 : ID:

監督の教育方針に問題があったんだろうな

8海外の反応 : ID:

彼には罪の意識があった
過ちを犯したことを深く悲しみ、反省している

9海外の反応 : ID:

あのタックルに言い訳することはできないと思う

10海外の反応 : ID:

監督がどう言おうと関係ないよ
もうやってしまってるんだ
ただし、監督も厳しい罰を受けるべき

11海外の反応 : ID:

>>10
謝罪会見の目的が自分への非難を避けて責任から逃げようとしているためのものに見えてしまった

12海外の反応 : ID:

悲しいが、やるべきではなかった
クォーターバックのキャリアがあそこで終わってたかもしれない

13海外の反応 : ID:

監督にはアメフトの指導を禁止させろ
そして警察に連れていけ

14海外の反応 : ID:

彼は男らしいよ
責任をとって全てを説明したんだ

15海外の反応 : ID:

この事件に腹が立つ
監督も選手もスポーツに関わるととを禁止されるべきだ

16海外の反応 : ID:

最低な監督とコーチだな

17海外の反応 : ID:

彼の行動は正しい、責任を負った
俺なら彼を雇ってもいいと思えるな


関連:
海外「酷すぎるプレイだ、二度とアメフトをするな」あの『殺人タックル』が海外でも話題に・・・

引用元:Japantoday

引用元:reddit