海外「父が日本の軍刀を持ってるから見せるよ」→日本の厚生省に寄付したいと伝えた結果・・・

スポンサーリンク

Picked up the Gunto from my father to show you guys. This all belonged to the same Japanese Army Officer. Flag as well. Link with close ups of the Gunto, in the comments. The Swordsmith was named Kanenao Ishihara.

1海外の反応を翻訳しました : ID:

みんなに見せるためにお父さんの軍刀を持ってきたよ
これらは全部一人の日本軍の士官に属してたものなんだ
旗もそうだよ
コメント欄のリンクに軍刀の拡大写真も載せてる
刀鍛冶の名前は石原兼直だ

2海外の反応を翻訳しました : ID:

これは素晴らしい
すごく貴重な歴史的芸術品だね

3海外の反応を翻訳しました : ID:

>>2
何千もの士官のために、本物の手作りの刀を真似て大量生産された安い模倣品の刀が、今「貴重」だって思われてるのは、僕には皮肉に思えるけど

4海外の反応を翻訳しました : ID:

>>3
これは工場で大量生産された刀ではなかったと思う
工場で作られた刀はほとんど刃文がなくて、シリアル番号が刻印されているんだ
この刀は素晴らしい刃文があるから、刀鍛冶が作った事を示唆している。

スポンサーリンク

5海外の反応を翻訳しました : ID:

これって変なことだよね
彼らにとって暗い歴史があるものたちをこうやって取っておくなんて

6海外の反応を翻訳しました : ID:

戦争中に亡くなったの?

7海外の反応を翻訳しました : ID:

わあ、最高に魅力的だよ!シェアしてくれてありがとう!

8海外の反応を翻訳しました : ID:

素晴らしいコレクションだね!
すごく気に入ったし、歴史を保存してるってかっこいいよ!
その刀は最高だし、石原兼直らしいね

9海外の反応を翻訳しました : ID:

クールだ!

10海外の反応を翻訳しました : ID:

どうやってその刀鍛冶名前が分かったの?

11海外の反応を翻訳しました : ID:

>>10
この軍刀は分解する方法があって、柄の下の刃の延長の金属が少し見えてるところに彼の名前が刻まれてたんだ
彼が作成者であることと、いつ作られたかと一緒にね

12海外の反応を翻訳しました : ID:

今軍刀に価値があるってすごく面白いと思う
昔は大量生産されてた安い刀だったのに

13海外の反応を翻訳しました : ID:

その日本人の士官の名前と部隊は知ってるの?
もし知ってるなら、彼の子孫にあたるだろう人に連絡してみようとしたことはある?

14海外の反応を翻訳しました : ID:

>>13
どのアイテムにも名前も場所も載ってない
それに軍刀っていうのは家の刀とは考えられてないんだ
これが刀鍛冶によって作られたもので大量生産じゃないとしてもね

15海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の大使館に連絡しようとしてみた?
もしかしたら返して欲しい(買い取りたい)かもしれないよ

16海外の反応を翻訳しました : ID:

>>15
日本の厚生省に連絡して全部寄付したいって伝えたら、すごく喜んでくれたよ
でもこれを全部まとめて美術館に展示してほしいって希望を伝えたら、展示は旗だけになるって言われたんだ
銃とか刀とか暴力とか残虐行為を想起させるものは、どうやら消し去りたいらしい

17海外の反応を翻訳しました : ID:

やあ!旗になんて書いてあるのか分かった?

18海外の反応を翻訳しました : ID:

>>17
わかんないね
でもここにいるみんなのために解読できるよう頑張るよ

19海外の反応を翻訳しました : ID:

いい南部銃だ

20海外の反応を翻訳しました : ID:

本当にカッコイイな
磨く価値があるんじゃないか!?

引用元:reddit

コメント

  1. 匿名 says:

    軍刀・石原兼直、本物の可能性がある。
    先ずは専門家に鑑定をしてもらった方が良い。
    下手に錆を取ろうとしないで、専門家に任せてもらいたいな。

  2. 匿名 says:

    消し去りたいとかそういうことじゃないと思うけどな ありがたい話だけどちょっと曲解気味なのは残念

  3. 匿名 says:

    この人の伝え方が悪くて、単なる雑刀だと思われてんじゃないか?
    日本側での調査を待ちたい。
    誰が持っていてどんな死に方をしたかもわかるだろうし

  4. 匿名 says:

    とても歴史的価値のあるものだとおもうから大切にしたいですね
    別々に扱うなんてもったいない!

  5. 匿名 says:

    盗んだ物を寄付とは何だ
    言葉使いに気をつけろ 返還だろうが

    • 匿名 says:

      うざいわ

    • 匿名 says:

      盗んだんじゃなくて戦利品、ごくごくあたりまえの行為
      ですので所有権はこのスレ主にあるので寄付で間違えない

      • 匿名 says:

        戦利品って言葉ってずいぶん便利だな。
        要は死体から剥いだんだろ。
        もしくは捕虜から個人的に奪ったか。
        そりゃ今現在の所有権はそうかもしれんが、心情的には返還だろ。
        お前日本人か?

        武運長久 万歳

        • 匿名 says:

          当時の男と男の戦いの結果に女々しく水を差すな
          お前は男か?

          • 匿名 says:

            上の人ではない、ヨコだけど…、

            もちろん男と男の戦いはいい
            でもその後の死体あさりが男らしいなんて考え方なんてないよ

            今更そこまで責める必要はないとはいえ、死者から持ち物を剥ぎ取るのは庇護するようなことでもない

            死体あさりが当然のような誤解を、これを見た今の人に与えたくないので書いた

          • 匿名 says:

            ちなみに父親がどうであれ、この息子さんが寄付したいと申し出たことは立派だと思う
            感謝

          • 匿名 says:

            すぐ女のせいにする
            巻き込まないでよ

          • 匿名 says:

            「当時の男と男の戦いの結果に女々しく水を差すな」

            ママを求めてたシャアの台詞にあったな、そういうの。
            ところで盗ったどうのは爺さんの話であって
            このお孫さんはわざわざ返還したいって言ってるんだから
            いちいち揚げ足取ってるのって在日かまとめ屋の自演コメントかって思っちゃうよね。

          • 匿名 says:

            戦争って男と男がやる個人的な喧嘩なんだwww
            へー初めて知った勉強になるね

            国家と国家の総力戦だと思ってたけど
            戦争にロマン感じちゃう頭に同情するはw

        • 匿名 says:

          男と男の戦い?
          しゃれこうべでサッカーやってるようなアメリカ人が男かねぇ?

      • 匿名 says:

        寄付でいいと思うけど、戦利品って言い方もどうかと思うわ
        それって単なる盗みで普通そういう行為って禁止されてると思うけど

    • 匿名 says:

      『日本軍の戦死者の部位を切り取り「コレクション」する連合国軍兵士の猟奇行為は「戦争の全期間にわたり連合国軍当局に懸念を抱かせるのに十分な規模で行われ、そして、広く広報され、さらにアメリカや戦時中の日本の新聞においてコメントされていた』

      アメリカ兵は、日本兵の体の一部も奪ってたからね

      日本人は自分たちのしたとされる残虐行為は知らされるけど、自分たちがアメリカにされた残虐行為に無知すぎるんだよ

      戦争での残虐行為は別にアメリカ人に限ったことではないけど、アメリカ兵の特徴的な残虐行為がまさに死体からあらゆるものを奪うことだったということ、そしてその行為は他の国の人間ではなくまさにアメリカ兵の非常に典型的な残虐行為で内々では推奨までされていたということ

      こういった国際法でも禁じられていたような死体から物だけでなく肉体まで奪い喜んで侮辱する猟奇的なアメリカ兵が多かったことを考えれば、この米兵独特の残虐行為が繰り返されていた歴史的な文脈からきちんと見れば、日本人にとってはアメリカ人の行為は物であれ、肉体であれ、単なる戦利品という見方で見てはいけないということを理解できてないんだよ

      この息子は偉いし彼に罪はないけど、日本人自身がきちんとその陰惨な歴史を考え、平気な振りをするのはやめないと

      • 匿名 says:

        アメリカ白人が有色人種の頭皮を剝いだり頭蓋骨や耳を土産にするってのは、移民する前のヨーロッパに元々あった習慣なんだろうか?先住民の一部の部族にやられた報復に、大々的にやるようになったのだろうか?バイオショックインフィニットで思った。70年代くらいまで頭の皮を剥ぐのはインディアンと子供向け番組で言ってたが。

        • 匿名 says:

          ヨーロッパに在った風習だろうな。ナチスも収容所で捕虜の髪の毛で枕作ったり日本人からすると気持ち悪いことしている。
          ネイティブアメリカンが頭の皮を剥ぐのも、先に白人にされたからって聞いたことあるし。

        • 匿名 says:

          何て言うかアメリカ白人がとかじゃ無くて狩猟民族のハンティングトロフィー的な物じゃないかなぁ、当時は同じ白人同士だと相手を人間扱いしてるからそういう遺体に手を出す様な事はしないが、相手が有色人種だと人間同士という観点が外れてたんじゃない?
          西部開拓時代にインディアンが頭の皮をはぐと言う話は有名だけど、白人も殺したインディアンの骨とかでナイフの柄を作ったりしてたし。   

    • 匿名 says:

      なんか韓国人が日本に対して言うセリフとそっくりw
      たぶん考え方とかもすべて似てるんだろうな

    • 匿名 says:

      当事者でも関係者でもなく、当時の世代という訳でもないのに、ずいぶん分厚い威を借りて喋っているな
      少し傲慢すぎる物言いだと思うぞ
      第三者よ

  6. 匿名 says:

    なんにせよ、これだけの物を寄付する心意気には感謝します。
    そして旗以外展示しないと返答した”らしい”公的機関の無能さを謝罪します。

    • 匿名 says:

      美術品としての価値無しと判断された時点で銃刀法に抵触しない長さに裁断だからな。
      日本に寄付はやめといた方が良い気もするが。

  7. 匿名 says:

    防衛省に寄付するなら刀と銃も展示してもらえそうだけど…
    縦割り行政の弊害で話がいかないのかなあ

  8. 匿名 says:

    刀やら火縄銃は美術品扱いで文科省管轄だから(登録も教育委員会になる)
    厚労省じゃその辺りは確実に展示できるもの以外は答えてくれんよ

  9. 匿名 says:

    日本兵の死体から漁ったやつだな
    せいぜい大切にしろよw

  10. 匿名 says:

    歴史的に見て文句いいたい気持ちはわかるが返そうと思うだけましよ

  11. 匿名 says:

    消し去りたいんじゃなくて、美化するなって抗議する人が居るからじゃ?と思う。
    歴史的価値って云う価値観を、切り離して考えられない人って居るから…。

  12.   says:

    展示してほしいなら靖国神社に奉納して
    頼み込めば展示ブースの1つくらい用意してくれると思う。
    日本のために戦った兵士の遺品だし。

  13. 匿名 says:

    武運長久ってどう英訳するんだろ

  14. 匿名 says:

    米国と違って日本は銃・刀剣の管理が煩いからな。わざわざ無可動にしたり刀剣の美術品登録をするのが面倒なんだろう。こういういくらでもある軍属の持ち物に関しては、数千・数万円の登録・改造費ですら負担する予算がないと思う。
    そして暴力に関する記憶を消し去りたいとかいうのは偏見に満ちた発想。こういうところナチュラルに差別的なのはいかんですよ。
    軍刀に関しては拵えが立派なので、職業軍人が自前の日本刀を軍刀にした可能性がある。
    昔は先祖伝来の日本刀を軍刀として大事に持つことがよくあったから、実は意外と古くて価値の高い可能性がある。

  15. 匿名 says:

    同じものが沢山あるなら
    全部は展示しないのもしょうがない
    同じ刀が100本展示されてもな

  16. 匿名 says:

    自分にはただの量産品の刃に見える。
    持ち主の志は立派。

  17. 匿名 says:

    >銃とか刀とか暴力とか残虐行為を想起させるものは、どうやら消し去りたいらしい

    また妄想ネタか……。

  18. 匿名 says:

    遺族に引き渡すとしても刀や銃は・・・廃棄か?

  19. 匿名 says:

    どうやって手に入れたか気にした事はあるのかな

  20. 匿名 says:

    保存状態が悪くて旗以外は展示出来るレベルじゃないのでは?
    直すと相当金かかるよ。祖父の遺品の脇差し持ってるけど職人に修理見積もり頼んだら
    刃の数センチの傷を直すだけで6万以上かかると言われたよ。

  21. 匿名希望 says:

    >武運長久ってどう英訳するんだろ

    万歳とも書いてあるね。
    アメリカ人は、翻訳しても意味は分からないだろうね。
    その人にも家族がいて、「無事に帰って来て」なんて願っているとは思ってないだろうから。
    だって、日本兵は残虐で野蛮なんでしょ?
    死者数や略奪品をカウントするのが楽しみなアメリカ人には理解出来ないよ。

  22. 匿名 says:

    銃刀類は供養の為に靖国神社とかに奉納されるのかな?

  23.   says:

    ピカールで磨いたらきれいになるよ

  24. 匿名 says:

    きちんと連絡してくれたのは嬉しいね

  25. 匿名 says:

    コイツらの目的は金

  26. 匿名 says:

    太平洋戦争時の刀匠で
    歴史はそんなにないけど
    日本刀は本物だから
    美術品としての価値は少しある
    4万円前後で取引されてるよ!
    日本に持ってきて登録やら
    送料やら考えると微妙かね(;´∀`)

  27. 匿名 says:

    父親の略奪品を誇らしいって感覚がよくわからんな。

  28. 匿名 says:

    獲ったものだろとか死体あさりとかバカな事言ってるなぁ
    戦時中はドコの国でもやってただろ

    大阪城公園には日中戦争時に中国から獲ってきた対の狛犬(?)の石像があるぞ
    しかも墨ぶっかけられて真っ黒になってるわ
    それ以外にも日本国内にあるだろ
    戦争はまともな人間でも基地外にする魔力があるんだよ

    • 匿名 says:

      wikipediaに「米軍兵による日本軍戦死者の遺体の切断」という記事があるから読んだらいいよ
      みんなおかしかった
      でもおかしくtrもいいということではなく後の世にかえりみて考えなきゃいけない

      各国には戦時中にいろんな種類の基地外があったけど、アメリカ軍の特徴として勝ったときの死体への冒涜は異常極まるものがあった

      そのことを日本人がきちんと学んでいれば、ただの戦利品だからーと気軽に言い難いものがある
      日本人は自分たちがした悪行について学ばされるけど、自分たちが受けた非人道的行為については、本当に無知なんだよ

      戦死した日本兵から奪ったものは物だけでなかった
      切り刻んだり、吊るしたり、米軍は異様に死体を侮辱することに固執した人間が多かったんだよ

      それをしっかり知った上で、こういうしたいから奪う米軍の行為を正しいかどうか考える必要がある

      死体に対するそういう行為が横行していたアメリカ軍が日本兵に対してやるのはただ戦利品どうのというのとは別の見方や文脈があるから

  29. 匿名 says:

    戦利品とか屁理屈こいても略奪は略奪、略奪品である以上、遺族に渡すなら返還と表現するべきで、公的機関相手なら目的によって言い方は変わる。
    で、スレ主の彼は略奪した本人ではなく、いわゆる「善意の第三者」と言える立場なので寄付、もしくはプレゼント、さらには父の代わりに返還、となにを言っても問題ない。

  30.     says:

    あの短刀は自決用では・・・

  31. 匿名 says:

    戦利品で十分だろ
    ウザいなぁ~

  32. 匿名 says:

    なぜ厚生労働省なんだぜ

  33. 匿名 says:

    盗んだんじゃなくて戦利品だって。
    日本人は本当にお人好しになっちゃったね
    死体あさりの泥棒だよ

  34. 匿名 says:

    アメリカ在住の日本人弁護士が、日本に旧軍の銃寄付しようとしたら
    恐ろしいほど手続きが煩雑で何度も日米往復が必要だったって著書にあった
    いかにも日本らしい

    • 匿名 says:

      最近、ばかなひろゆきのせいで変な話に巻き込まれてるけど、アルピニストの野口健は、海外にある日本兵の遺骨やこういうものを集めて日本に持ち帰る活動をしてるんだよね
      過去によく無いこともあったかもしれないけど、あの人は日本の先人にために良いことをたくさんしてくれて感謝してる

  35. 匿名 says:

    あーあ。日本が戦争に負けたからこんなカス外人がドヤ顔で日本刀見せびらかしてんだ。どうせ日本人の死体から剥ぎ取ったやつだろ。ま、負けた日本がいちばん悪いんだがな

  36. 匿名 says:

    相手だって命を懸けて戦ったのは同じだろ
    戦利品、略奪品の何が悪いんだか

  37. 匿名 says:

    厚生労働省はちょっと問題やな
    歴史的価値があるもんを個人の価値観で拒否か

  38. 匿名 says:

    戦争に綺麗事など存在しない
    戦争は奪い合い

    • 匿名 says:

      戦争は奪い合い
      それでもその中に生物兵器を禁じたり実際は多くの決まりごとがあり国際法があり倫理が存在してる
      それは度々破られているが、世界によって決まりを破るものを批判することは行われ続けるべき行為

      • 匿名 says:

        今の価値観で昔の事を批判するのは野蛮な行為だ

        • 匿名 says:

          死者から奪う行為は第二次世界大戦中もすでに違法行為なので当時の価値観ですでに禁じられてたといたことだ

          さらにいうと「もしも仮に」当時違法でなかったとしてもその理屈は逆
          昔のような野蛮なままでいないために、今の視点で昔の行為が間違ってなかったかを批判的に見ないといけないんだよ

          アメリカの奴隷制度を今の時代に批判的に見直すのはそのため
          ネイティブアメリカンへの虐殺もそう
          中世の封建制度を批判的に議論するのもそのため

  39. 匿名 says:

    今の倫理で第二次大戦を語っても仕方が無い
    まだ日本以外の列強国も植民地持ってる帝国主義の国が多かった時代
    今の欧米人は綺麗ごと言うが欧米に奴隷がいた時代だぜ
    土地その物を国が略奪したり人間が売り買いされてた時代と考えれば色々考えも変わる
    戦争は関係なしに世界中が野蛮だったんだよ

    • 匿名 says:

      その時代その時代の「今の論理」で考えるから人は進歩するんだよ

      昔の論理でもおかしな点はあったが、今見たら当時は鬼畜な米兵の行為だったという今の視点がなければ、永遠に野蛮なままで進歩しないからな

      隣国のように政治の道具と金の無心のためにするためにそうするんじゃない
      アメリカが他国で戦争し続けないため平和のため叡智のため

  40. 名無し says:

    戦時中の軍事が関わる遺物全て消し去りたい脳の人って実際に居そうだからな
    現実の出来事なんだから包み隠すことが無意味で現実を知らない人を作ることになる

  41. 匿名 says:

    戦時の略奪は二次大戦当時から交戦規定違反で違法です。
    鹵獲兵器として活用するならともかく。
    倒した相手のポケット漁ってめぼしいものを持って帰るなんて、盗人紛いの恥ずべき行為。いつの時代でもバレたら普通に軍法会議もんだよ。まあ末端レベルだと枢軸だろうが連合国だろうがあらゆる戦争で見られた風景だが、それを誇ったり開き直るのは違うだろ。

  42. 匿名 says:

    戦争に国際法があるってことは、戦争ならなんでもやっていいわけでもないということがまだわかってない人間がいるんだな

    偽善でもなく、実際、幾つかの場面で国際法はそれなりに機能してるよ
    だから今でも宣戦布告してからじゃないと戦争できない
    完全なカオスよりは少しはマシだ

    アメリカはアブグレイブ収容所で子供をれいぷとかしてたことで軍法会議になったりしてるから今だに学んでないが

    • 匿名 says:

      略奪だから、国際法違反だからといって命がけで戦って刀一本持ち帰ってきた兵士を非難することがアホくさいことだとは思わんのかねぇ
      ばかばかしいにもほどがあるわ

      • 匿名 says:

        現代米軍でも戦利品の持ち帰りは軍法会議にかけられるので超ご法度。
        議論の余地はない。SEALsだろうがグリーンベレーだろうが実際これで裁かれて軍を追われてるよ。
        戦時に略奪するのは下の下、下等な民兵の類と同じ扱いになるのが世界共通の認識だよ。お前のような奴が部下に居たら上官はこっそり後ろから撃てと命じるかもしれない。

  43. 匿名 says:

    戦争なら何やってもいいと思い込んでるやつ多すぎだろ
    戦争にもあらゆるルールや制約は今も存在してるし、当時もしてた

    • 匿名 says:

      それに今は侵略のための戦争が禁止されているのを知らない人が多い。
      そして自衛のための戦力は国連憲章も日本国憲法も禁止していない。

  44. 匿名 says:

    アメリカは戦争し続けて自省する機会があまりなかったんだろう
    だから何が悪かったかわからないまま今に至る

    戦争を反省せず数年前まで戦争続けてたアメリカの因果応報の結果
    今一番、国内の殺人事件で自国の人間が死んでる国はアメリカなんじゃないか?

  45. 匿名 says:

    歴史から消し去りたいんじゃなくて、銃刀法に触れるものを預かって登録や管理などの面倒ごとを背負いたくないだけだろ
    外国人っていっつも日本人が言わなかった部分を足りない知識と偏った認識でテキトーに補完しようとするよな

  46. 匿名 says:

    当時の米軍は既に戦利品を取ることは禁じていたはず
    拳銃と刀は鹵獲できるが、それは軍が処分すべきもの

  47. 匿名 says:

    昭和新刀だから大した価値は無いね、状態も悪いし。
    砥ぎ代の方が高いだろう。
    拳銃も性能の悪さで有名なやつだし、アメリカでは大した価値は無いかな。
    軍刀、拳銃共に数は有るから一番価値が有るのは旗だな。

  48. 匿名 says:

    >>銃とか刀とか暴力とか残虐行為を想起させるものは、どうやら消し去りたいらしい
    なんじゃその理由は!? どこまで自虐史観に洗脳されとんじゃボケども!

  49. 匿名 says:

    ここの擁護バカも一緒に呪われて氏ね

  50. 匿名 says:

    >>銃とか刀とか暴力とか残虐行為を想起させるものは、どうやら消し去りたいらしい
    左巻きが騒ぐから面倒なんだよ

  51. 匿名 says:

    >日本の厚生省に連絡して全部寄付したいって伝えたら、すごく喜んでくれたよ
    >でもこれを全部まとめて美術館に展示してほしいって希望を伝えたら、展示は旗だけになるって言われたんだ
    >銃とか刀とか暴力とか残虐行為を想起させるものは、どうやら消し去りたいらしい

    ぜんぜん違うわ、リベラルボケしたバカww
    美術館展示は文部科学省の管轄で厚生労働省には返答できんし、すでに同じような品の展示は各地に山ほどあってそこまでの希少性はねーんだよ
    飾りたきゃ中国の南京記念館へでも頼め ┐(´д`)┌

  52. 匿名 says:

    民間人が虐殺強姦されたことより戦利品程度の軍規違反にケチつけるエセ右翼

  53. 匿名 says:

    >民間人が虐殺強姦されたことより戦利品程度の軍規違反にケチつけるエセ右翼


    こういう投稿を撒いて歩くことで祖国のためになにかした気になって日本に居座る中韓民

  54. 匿名 says:

    たとえただの軍刀であっても、
    戦後GHQが根こそぎ刀狩りをしていったから、
    残っているだけでも大したものだよ

  55. 匿名 says:

    要するに遺体から略奪した品だろ

  56. 匿名 says:

    全て調べてからでないと何とも言えないな。厚労省なら記録が残っているだろう。戦場で命を落とした兵士から奪ったのかもしれないが、投降した兵士から接収したものかもしれず、戦後内地で奪ったものや、安く買い取ったものかもしれない。降伏直後の日本は無茶苦茶だったからね。
    最前線の米兵が亡くなった日本兵の持ち物を奪っただけでなく、その体を鍋で茹でて骨を取り出し、装飾品として土産物にしていた。また、徒歩による移動を戦時中の日本軍による捕虜虐待だとして、あり得ないような言いがかりをつけている米軍は、投降した日本兵をその場で処刑したり、船や軍用機から海に突き落として処刑していたのはよく知られたことだ。政策的にそうしていたからね。沖縄戦で日本軍の巻き添えになった民間人が約10万人ともいわれているが、あれもほとんどは沖縄戦後の米軍による虐札によるものだった。
    しかし、やはり日本は敗戦国だ。アメリカをはじめ連合国(国連)の非道を責め立てても、形勢はよくならない。戦後体制は彼らが作ったものだから、これを上下逆さまにでもしない限りどうしようもない。日本もドイツも、やってもいないことまで擦り付けられてきたのが戦後の歴史だった。それに加えて、連合国がやった戦争犯罪まで日独に擦り付けられている。戦争で、特に総力戦で負けるというのは、そういうことだ。彼らは日露戦争に勝利した日本を、早々と仮想敵に設定している。あとは一貫して日本と日本人を差別的に叩き潰そうとしてきた。それが20世紀前半の彼らの対日戦略だった。20世紀後半も、意識の上ではあまり大きく変わっていない。意識レベルでは、たぶん今もそうだろう。その意味で、日本のファイブアイズ入りニュースにはいささか信じがたい感がある。

  57. 匿名 says:

    刃文ある?

  58. 匿名 says:

    ドロップアイテム感覚で死体漁りとかお前らの宗教上でもアウトだろ
    ご都合主義の蛮族やなwwwww
    と言いたいんだろう人がいますね。分かるよ

  59. 匿名 says:

    軍刀は伝統的工法に基づいておらず、工芸品と認められないから所持出来ない
    だから納屋等から発見されても、潰すしかないよ
    WWII時代の銃も実用武器扱いで、個人では所持できない
    恐らく美術館でも、不動品に加工とかしないと所持出来ない

  60. 匿名 says:

    戦利品?何それ美味しいの?
    これは日本兵から略奪した物だよ
    返せよ泥棒!
    朝鮮人と同じ事すんな

  61. 匿名 says:

    戦利品ってプレデターに出てくるトロフィーってやつだろ。男の狩猟本能爆発ってやつじゃないか。戦場で誰もが普通の精神状態じゃなかったんだ。責めないよ。
    ただアメリカ人の遺体損壊ってやつは完全に人種差別から来たものだ。有色人種は人間だと思っていなかった。昔の白人女性は有色人種の前では平気で裸になったが、白人のいるときは恥じらって簡単に裸にならなかったよ。

  62. 匿名 says:

    まあ死体漁りして「お土産」にするの
    米兵はふつうにやってたしな
    耳や頭蓋骨なんかも

  63. 匿名 says:

    略奪、窃盗、寄付、寄贈、返還なんでもいいわ
    そんなことより軍刀めっちゃかっけ〜なぁ
    鞘の縁とかにも細かい装飾施されてるし、柄の目立たん部分にもちゃんと装飾あるし
    日本刀にはないかっこよさがあるわ〜

  64. 匿名 says:

    戦利品でも略奪でなく、残留品の回収、って理屈だろ
    じゃなきゃあんなに日本軍の物品がアメリカに流れ込んでるわけがない

  65. 匿名 says:

    日本兵の金歯まで引っこ抜いて持ち帰ったらしいな

  66. 匿名 says:

    すごくナチュラルレイシストな人だなあ。
    寄付したいと言ったら諸手を上げて迎えられ感謝され讃えられる予定だったのかな?
    父親の教育の賜物ってやつか。

  67. 匿名 says:

    このバカは、オヤジの恥さらしを世界的にアピールしてる。
    日本がもろ手を挙げて歓迎、感謝するとでも思っているのか?
    子供のスレ主も、だいたい70~80代か?
    いい歳して得意になって写真アップするな、呆れてくるぜ。
    オヤジがただの死体盗掘だけならいいけどな
    余罪がボロボロ出てきそうだ
    このバカせがれ見てると想像つくわ
    オヤジがサイパン、沖縄あたりにいたらマジで許さんわ

  68. 匿名 says:

    陸軍は軍刀用に刀鍛冶随伴させててそういう人の手記なんかも本になってたな
    確か有名なのあったと思うけど

  69. 匿名 says:

    数日前NHK「所さん大変ですよ」という番組で見たけど
    今年になって3日に1件ペースで連合国サイドの家庭から旧日本軍人からの戦利品を遺族に返還したいという申し出が急増してるらしい。
    新型コロナの影響で自宅にいることが増えたついでに家の中を整理したら、亡き祖父や父親の遺品から発見されるらしい