海外「日本は警戒を緩めちゃだめだ、後悔するぞ!」日本が北朝鮮の警戒を緩和 ミサイル迎撃態勢を変更

スポンサーリンク
<日本>北朝鮮警戒を緩和 ミサイル迎撃態勢変更

政府は、米朝首脳会談の実現などで北朝鮮による弾道ミサイル発射の可能性が低下したと判断し、自衛隊による警戒監視態勢を6月下旬に緩和した。政府関係者が明らかにした。防衛相が自衛隊に破壊措置命令を常時発令している状態は維持するが、イージス艦を常に日本海に配置して警戒するのはやめ、発射の兆候があればすぐに展開する態勢に切り替えた。

政府関係者によると、北朝鮮が相次いで弾道ミサイルを発射したのを受け、政府は2016年8月以降、自衛隊法に基づく破壊措置命令を常時発令した状態とし、迎撃ミサイル「SM3」を備えた海上自衛隊のイージス艦1~2隻を日本海に張り付けて警戒監視に当たらせてきた。

しかし、24時間態勢で警戒を続ける隊員の負担は大きく、防衛省はイージス艦を常時展開する態勢を解除し、情報収集衛星などで弾道ミサイルを発射する兆候を察知した場合に24時間程度で迎撃態勢を整える態勢にしたという。

北朝鮮の米領グアムへのミサイル発射計画や北海道上空のミサイル通過を受け、中四国や北海道の陸上自衛隊駐屯地に展開した航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」についても、部隊の展開は続けるが、隊員の負担軽減策を取っているという。

6月12日の米朝首脳会談を受け、米国などは対話路線に転換しており、菅義偉官房長官も13日の記者会見で「日本にいつミサイルが向かってくるか分からないような状況は明らかになくなった」と発言していた。一方で核・ミサイル廃棄に向けた具体的な協議は進んでおらず、北朝鮮は日本に届くミサイル数百発を配備している。このため「脅威は変わっていない」という見方も防衛省内では根強く、制服組トップの河野克俊統合幕僚長は28日の記者会見で「総合的に判断する」としていた。             (毎日新聞)

1海外の反応 : ID:

北朝鮮への警戒を緩和した日本

2海外の反応 : ID:

トランプは何もしてないぞ
北朝鮮は武器をしまおうとしてない

4海外の反応 : ID:

もっと警戒しないとだめだ!

5海外の反応 : ID:

日本は軍事化を進めたほうがいい
いざという時にアメリカは何もしてくれないぞ

6海外の反応 : ID:

日本、後悔することになるぞ

7海外の反応 : ID:

日本はトランプも信用するべきじゃないよ

8海外の反応 : ID:

日本の防御力を下げるのは懸命じゃないね

9海外の反応 : ID:

日本は大きな間違いをした
勘違いするな、トランプは日本の背中を守ってるわけじゃないぞ

10海外の反応 : ID:

常に万全の状態を
ロケットマンを信用してはいけない

11海外の反応 : ID:

北朝鮮の核廃棄を信用してもいいけど、その「確認」は絶対にしてほしい

12海外の反応 : ID:

もっと慎重に動くべきだ

13海外の反応 : ID:

ロケットマンにコジラそして色々な怪獣で日本は安心できないな・・・

14海外の反応 : ID:

ガードをゆるめちゃダメだよ!

15海外の反応 : ID:

世界の平和のために頑張っているトランプ大統領に感謝

16海外の反応 : ID:

>>15
頭の中お花畑か?

17海外の反応 : ID:

>>16
皮肉だろ

18海外の反応 : ID:

金正恩の欺瞞の計画が働いているはず・・・

19海外の反応 : ID:

こいつに対して敵対するなって無理な話だよな

20海外の反応 : ID:

誰も信用するな

引用元:Yahoo