海外「本田圭佑が最後のワールドカップ宣言」伝説的な選手の引退に悲しむ海外の声

スポンサーリンク

 サッカー日本代表MF本田圭佑(32=パチューカ)は今大会が自身にとって最後のワールドカップ(W杯)になると明言した。今後の去就については「整理したい」と明言を避けた。

「このために、このために、本当に僕はこのためにやってきたんです」。

3度目のW杯を終えた本田は、言葉に力を込めた。「極論、プロになるのもヨーロッパで活躍するのも、W杯のためにやってきたんです。本当に、W杯のためにやってきたから」。どんな批判を浴びようと、曲げなかった「目標は優勝」の信念。2度決勝トーナメントに進むも、8強の壁は高かった。人生の目標だったW杯。次はないと言い切った。自分に誓うように。

「正直、自分がみんなをもう1個上のステージに連れていってあげたかった」。

不動のレギュラーだった4年前から立場はかわり、サブ組に回った。それでも本気で優勝を目指していたからこそ、出た言葉だった。「同点で出るシチュエーションを想定していたのに、結果を出せなかった」。左足を振り抜いたこん身のFKは無回転でゴール左隅をとらえたが、GKの好セーブに阻まれた。アシスト、ゴールと勝敗に直結するプレーを見せた1次リーグのようにはいかなかった。

「W杯が終わった(負けた)ら自分の人生が終わるとしたら、どういう決断をしていくか」。

ロシアに入った6月13日。本田の誕生日だった。チームから祝福を受けた本田は全員の前で話した。「人生は終わらないんだけど。どういう覚悟でどう取り組んで、どういう会話をして、どう過ごしたいんだと。後悔したくない気持ちが強かった」と、言葉の真意を明かした。

意見をぶつけ合うときはぶつけ合い、あえて言わないときは言わず、そしてたたえ合い、励まし合う。西野監督を含めた全員がチームを思い、行動した。新体制発足からわずか約2カ月の日本代表に、団結が生まれた。「本当に選手のみんなを好きになった。こんなに好きになれると思わなかったくらい」。年長組になった本田の心に芽生えたのは、このチームを導く力になりたいという思いだった。

だからこそ16強という結果には満足できない。それでも、自身の選手としてのW杯には区切りをつけた。今はっきりと言えることはW杯はこれが最後だということ、そしてもうひとつ。「しっかりと伝えたいのは、仲間に感謝しているということ」。最高のチームメートに囲まれて、本田のW杯への挑戦は幕を閉じた。(日刊スポーツ)

1海外の反応 : ID:

本田圭佑が代表生活に区切り

2海外の反応 : ID:

今日のフリーキック、素晴らしかったよ

4海外の反応 : ID:

嘘だと言ってくれ!
彼の技術があれば、もう一度ワールドカップを狙えるよ!

5海外の反応 : ID:

彼は歴史に残るプレイヤーだ

6海外の反応 : ID:

フリーキックの神よ
安らかに眠れ・・・

7海外の反応 : ID:

最高の日本人選手

8海外の反応 : ID:

彼は中村に並ぶ選手だな

9海外の反応 : ID:

圧倒的なモンスター選手だった
日本は彼を誇りの思うべきです

10海外の反応 : ID:

No!
彼はまだ試合に出れる!
少なくともコーチングスタッフになってほしい

11海外の反応 : ID:

>>10
彼が2022年のワールドカップに参加しても36歳
若い世代に引き継ぐ時なんだよ

12海外の反応 : ID:

彼がいたから、強い国と戦えていたんだ

13海外の反応 : ID:

ホンダのいない日本チームはなんか違和感

14海外の反応 : ID:

怪我してるわけじゃないよね?
32歳だろう?もう1回はいけるよ!

15海外の反応 : ID:

彼はこのワールドカップではほとんど走れていなかった

16海外の反応 : ID:

あともう1回頑張ってほしい!

17海外の反応 : ID:

日本の決め手はホンダだ

18海外の反応 : ID:

サッカーを見てると、時間すぎるのがはやいよ笑

19海外の反応 : ID:

偉大なプレイヤー、素晴らしいフリーキック

20海外の反応 : ID:

一つの時代の終わり

引用元:%quote_title%