海外「日本人は芸術の才能がなかったのか!? 浮世絵ってやつを見てみろよwww」日本の浮世絵と他国の絵を比較した画像が話題に

スポンサーリンク

Japan, you kinda sucked at art

1海外の反応を翻訳しました : ID:

こうして見ると、日本は芸術の才能がなかったと思われる。

2海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の芸術の方が洗練されたテクニックを持ってる。

3海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の絵の方が圧倒されるね!

4海外の反応を翻訳しました : ID:

ちょっとちょっと!
日本の芸術こそ一番才能を感じるよ。

スポンサーリンク

5海外の反応を翻訳しました : ID:

コイツは「俺の指を見よ!」って言ってそう。

6海外の反応を翻訳しました : ID:

あの時こういう絵があったから今漫画があるんだ。

7海外の反応を翻訳しました : ID:

はぁ・・・
>>1 は本当に何も分かってない。

8海外の反応を翻訳しました : ID:

>>7
落ち着けって。絶対ジョークのつもりで言っただけだろう。

9海外の反応を翻訳しました : ID:

なんか、まるで酸っぱい飴を一気食いした時のリアクションだ。

10海外の反応を翻訳しました : ID:

当時の日本人が今の世の中を見たらビックリするだろうな。
特にアニメを見たら驚くだろう。

11海外の反応を翻訳しました : ID:

ここからスタートしたからこそアニメという物が生まれたんだ。

12海外の反応を翻訳しました : ID:

しかも浮世絵というのは、現代当たり前のように使われてる木版画を使用してたんだよ。
そこがまたすごい。

13海外の反応を翻訳しました : ID:

でも日本の国旗は世界で一番完璧なデザインだと思う。

14海外の反応を翻訳しました : ID:

>>13
シンプルだけどよく考えられてる。

15海外の反応を翻訳しました : ID:

当時、日本は頭を大きく、腕は短く描くことが主流だったのかな?

16海外の反応を翻訳しました : ID:

昔の日本は理解されないアートを描いてきたかもしれないけど、現代を見てみなよ。

17海外の反応を翻訳しました : ID:

これは物すごく笑えた。
他の国と明らかに違うよね。

18海外の反応を翻訳しました : ID:

リアリズムの絵を描く有名なヨーロッパ人画家はその後日本に影響されたりしてるんだよな。

19海外の反応を翻訳しました : ID:

ゴッホもドビュッシーも日本の影響を受けたもんな。

20海外の反応を翻訳しました : ID:

この時から自分のスタイルを突き通してた日本人はすごい。

引用元:Imgur

コメント

  1. 匿名 says:

    馬鹿乙
    お前らんとこは油が潤沢だったおかげだろうが

  2. 匿名 says:

    アーティストとしての独創性が一番高いの浮世絵じゃん
    でなきゃ伝統的西洋画壇が写真に駆逐されて、浮世絵からインスピレーションを受けた印象派だのの時代が到来したりしないよ

    • まま says:

      まぁそれもそうだか そこじゃない。
      浮世絵は世界初の カラープリント技術 のポスターや。
      あいつらの当時の技術は せいぜいエッチングや木版画の白黒の単板版画やから
      当時カラーで大量印刷できるそんな技術もっとらんからな
      そりゃ日本来て これスゲー!!これどうやってんの?ってなる
      当時のアーティスト等としても 作品のカラー印刷は興味深くて惹きつけられるだろ
      そもそも比較が違うんよ。 筆で書く絵画と 刃物で掘って書き転写する木版画を同一に並べて画力を競うのがおかしいだろ
      それを薄うす判っててマウント取りたくて 必死に異種格闘技で勝負してるだけや
      これで奴らが嘲笑してるなら 本来の版画としての技術力を比較して 持てる者として持てない者を嘲笑してやればいい。 

      • 匿名 says:

        も少し、当時の浮世絵が西洋に与えた衝撃は、日本から届いた陶器の包み紙、空間充填材に使われてたからだろ。多色刷りはもちろん、18世紀だと(日本でも安価では無かったようだけど)紙そのものがアチラでは庶民が毎日大量に使えるようなものじゃ無かったから、余計に、”こいつらイッタイなんやねん?!”って興味を持たせた面もあるらしい。

    • 匿名 says:

      現実を模擬する方向で発展してきた西洋絵画の流れはフォトリアリズムに受け継がれた。CG映画はフォトリアリズム絵画をコンピュータの力を借りてフォトリアリズム動画にしたと解釈できる。
      ターミネーター2やXマンなど現実にありえない絵画を描いた宗教画やシュールレアリスムをフォトリアリズムに取り込んだと考えればいい。
      ビデオゲームにしてもリアル指向の作品は売れ筋であり、これらも現実模擬の西洋絵画の流れにある。
      こうして並べてみれば駆逐など全くされていない。
      スマホゲームや電子書籍を無視してゲーム市場や漫画市場が縮小していると騒ぐ愚に似ている。それらを考慮すれば拡大している今こそ黄金時代だと分かる。

      • 匿名 says:

        その解釈そのものが根源的にズレてるよ。
        まずはPicturesqueという言葉の歴史性を考察すればいい。
        もってまわったジャーゴンを詰め込んだところで、断絶の非-被跳躍性を回収することはできないよ。
        虚しくないかい?
        ちなみに、模擬じゃなくて模倣って用語が一般的に使われるからさ。

    • 匿名 says:

      エイゼンシュテインの浮世絵論読んでみてはどうだろ。
      教科書的で浅薄なWest Meets East論なぞ相手にすらされてない。
      写真論も100年前にはすでにアタマ痛くなるほどガチな議論闘わされてるからさ。
      そもそも、リアルってなにさ、から考えてみたらどうだろね。
      覚えることと考えることの根本的断絶を感じられると思うけどね。

  3. 匿名 says:

    北斎漫画が西洋画家に与えた影響とか知らないんだろうな

  4. 匿名 says:

    外人ものを知らなさすぎ

  5. 万国あのにますさん says:

    多色刷り有名作家の版画が一般人に買える値段でって
    当時のヨーロッパでも不可能だろ

  6. 匿名 says:

    まぁ日本人がアート得意じゃないのは真実だろうな

  7. 匿名 says:

    このくらいの時代から動物の擬人化の絵があったりした
    日本人は天才だと思う

    •   says:

      浮世絵は17世紀くらいからだが、動物の擬人化で有名な鳥獣戯画は12世紀だぞ。
      つまり、鳥獣戯画がから浮世絵の方が、浮世絵から現代までよりも、遥かに長い期間の昔で時代が全く異なる。

  8. 匿名 says:

    絵画に求められてきた機能が違うせいだろ
    西洋美術は「記録」や「再現」の性質を求められきたせいで写実主義となったわけで
    日本美術はその性質を強く求められなかったために早くから写実から離れた

    • 狩野いっとく? says:

      いやこれはアートスタイルがこうだからなだけで日本にも写実的な絵は沢山あるよ。

      浮世絵とこの時代の西洋絵画の決定的な違いは浮世絵は町人文化の賜物で娯楽であり最終的には裕福な商人だけでなく一般庶民まで楽しんだ事。

      これに対して西洋では古典のはるか昔から絵画芸術は教会や王族宮廷の文化であってこの時代(17だからバロック、ロココなどフランス宮廷文化末期かなフランス革命前だね)ですらまだ平民の文化では無かったと言う事。宮廷お抱え絵師の作ばかりだね。

      日本にも宮廷お抱えならぬ幕府御用達の絵師、(古くは狩野派とか有名だ)もいたが頼まれて書く絵は肖像画以外は襖絵とかで題材が龍虎とか動植物や自然が多いし画風も材料も西洋写実とそもそも違うので浮世絵で無くても比較し難い。

      絵画理論は西洋に比べて体系化されていなかったのはあるがこれは西洋の芸術全般がキリスト教と密接に関係してて学問として思考研究されているからだね。

      単なる写実性だけなら大作ははほとんどないが写真のような精緻な絵も日本にも昔から多くあるね。日本絵画にはパースペクティブの厳密な理論適用は考慮されていなかったけど。

      • 匿名 says:

        写実という概念があったのは別に否定していない
        だから「離れた」と言ってるだけ

        仏像なんかを見るとガンダーラ美術の影響で古い時代の方が筋肉の捉え方が写実的だったりするが、後世になるほど仏像なんかは写実主義から離れてる
        (円空仏の中には前衛芸術かと思うような抽象表現的な仏像もあるしね)

        おそらく求められている「機能」が違うんだよ
        日本における美術は「写実」が求められていなかった
        そこから”アートスタイル”が決定されていったわけで

  9. 匿名 says:

    新しいパスポートに浮世絵のイラストが使われてるってな

  10. 万国あのにますさん says:

    お供えモチを真上から見た絵を描け

  11. 匿名 says:

    そして大衆向け。

  12. 匿名 says:

    芸術とういう方向性なら狩野派で比べればいいし
    浮世絵版画は基本ブロマイド色強かったから皆が買える値段

  13. 匿名 says:

    西欧はその時代まで何世紀同じ画法なんだよ

  14.   says:

    二次元こそ我が命

  15. 匿名 says:

    大衆向けの浮世絵は見て楽しむもの
    宗教色の強い西洋絵画と比較するなら日本にも水墨画や仏画、屏風・掛け軸の文化はあるわけだが。

  16. 匿名 says:

    西洋のと比較例は人物画を出すべき。

  17. 匿名 says:

    あの写楽が版画だという事も知らんようだが。

  18. 匿名 says:

    いやいや、、、絵と浮世絵は別物でしょ??(笑)
    そりゃ精巧さでいえば西洋画の方が繊細かも知れないが、浮世絵は版画みたいな物だし、、、
    比べる物が違うと思うんだが?
    このスレたてた人は浮世絵を絵と思ってるのだろうか??

    • 匿名 says:

      日本人でもこの程度の認識。
      浮世絵の絵師ってのは大衆芸術だからこそ、名人、当代無双、の称号を求めて市井でしのぎを削った。
      彼等のデッサン力、色彩、特に大胆な構図が西洋画家を驚かせたんだぞ。
      彫師、刷師の技はもちろんだけど。

    • 匿名 says:

      浮世絵は版画みたいな物じゃなく、版画だ、バカタレ!

  19. 匿名 says:

    典型的な比較間違い。
    しかも、
    浮世絵の先進性は、絵そのものよりも、大衆が絵を買ったりして楽しんでいたということ。
    当時の西洋ですら、まだそこまで進んでいない。

  20. 匿名 says:

    大衆に芸術が行き渡ってるという恐ろしい豊かさを理解できないってのは気の毒だよね
    木版画でも西洋の工房に比べて恐ろしく分業が進んでた。
    分業化出来たということはそれだけ産業規模も大きいということ

  21. 匿名 says:

    どんなにリアルに波の絵を書いても北斎の富獄三十六景に勝るものは今後出てこない
    それが真理

  22. 匿名 says:

    浮世絵をポスターとして見ればすごいデザイン性だよ。

    • 狩野いっとく? says:

      そうだね。
      西洋のこの時代の絵も実物見れば良いものは良いから感動するだろうけどアートスタイルはやはり古いので豪華さしか感じず古臭い感あるだろう。

      赤富士とかの浮世絵はポスターで見たら日本人は古い時代のものと言う先入観があるのと浮世絵スタイルに影響受けたポスターなんかを何回も見てるから少し古臭く感じるかもだけど何も知識の無い人間が見たら年代は昭和年代のモダンアートでそれより古くは無いと思うだろうね。

      あの時代にあんなアートスタイルを生み出せるのは世界の中でも極めて特殊だと思う。比較するなら古代の洞窟壁画あたり。

  23. 匿名 says:

    アニメも漫画も浮世絵も大衆文化ですwww

  24. 匿名 says:

    西洋絵画
    展示してある有名どころはみな複製だけど、それでも描き込みは圧倒されるほど凄い!!

    確かに日本の人物画は写真のようなクオリティは追及されてないが、動物に関しての描写は目を見張る物がある

    • 匿名 says:

      浮世絵は版画だから絵師がいてそれを板から彫って版画の原板を作る人がいる
      この彫り師の技術もとんでもなく凄いのだけど当然ながら版画には精密さや緻密さには限界がある
      だって彫れなくなるからね
      ちなみに現在の技術でも版画の多色刷りはかなり難しくて、10色の多色刷りなんてのを当たり前にやってたのは本当に凄いことなんやで

  25.   says:

    まず浮世絵は版画であって絵画ではない
    精密さなら若冲や狩野派出せば黙るよ

    版画でも多色刷りは日本の方が早い
    欧はリトグラフだがボカシの技術とか日本が上
    ロートレックが真似しようとして無理だったとか

    • 匿名 says:

      浮世絵=版画 じゃないぞ
      風俗画全般のことで肉筆も含む
      多色刷りの木版画は「錦絵」という名称があるしな

  26. 匿名 says:

    一点物の油絵と大量生産の版画を比べられてもな
    それより庶民にまで芸術が普及していた江戸時代に驚くよ

  27. 匿名 says:

    西欧は未だに遠近法の呪縛から
    逃れられないと言っているようなもの。

    • 匿名 says:

      学生時代に「アールヌーボー(アールヌーヴォー)」は習わなかった?
      遠近法の呪縛はとうに解けてるよw

      西洋の遠近法は日本に持ち込まれたおかげで、版画も次のステージに行ったよ
      川瀬巴水は素晴らしいと思う。
      木版のくっきりした世界に遠近法のグラデーションが合わさることで、
      絵の中に豊かな空間の広がりと情景に香りが生まれる。
      てか、現代で江戸時代と同程度のレベルの版画だと野暮ったくて見れたもんじゃないよw
      それくらい遠近法は我々の脳内処理に必要とされてる「情報」になってるよ

      • 匿名 says:

        そもそもアールヌーヴォーはもろジャポニズムの影響受けてるし・・

      • 匿名 says:

        広重の連作の東海道五十三次は、最初は遠近法で書かれているんだが、静岡辺りで無視し始めて面割重視になっている。

  28. 匿名 says:

    なんというかこのスレ立てたのが日本を何としても貶めようと企む朝鮮人が立てた臭い。

  29. ななし  says:

    浮世絵は大量生産、大量消費の極めて庶民的なもの
    今でこそ「芸術作品」の評価を得ているが、江戸時代には卑俗な大衆文化でしかなかった
    それと欧州の高価な名画と比較するのは反則だよ
    例えて言えば、納豆と高級ステーキどっちが価値あるんだと聞くようなもんさw w w

  30. 匿名 says:

    西洋人の人物画なんて、どの画家も殆どが同じ様なスタイルのアレンジ性0に等しい絵じゃんw

    風景画になって漸く、画家の国民性や個性が出せるくせに何を言ってんのやらww

  31. 匿名 says:

    日本の古代中世の絵画で欧米的写実的な絵画(襖絵や屛風絵や水墨画など)って
    あったかな?

  32. 匿名 says:

    歌川広重の雨の庄野が最高傑作だと思う。ゴッホと比べても見劣りしない。

  33. 匿名 says:

    日本のアーティストに求められている物は今も昔も大衆性。
    そんじゃそこらの人でもちょっと頑張れば真似できそうなくらいの技術がちょうど良い。
    AK〇もジャ〇ーズもそこの所をわきまえているからこそみんなから絶大な支持を得ている。
    西洋のような圧倒的な才能と努力からなるアートはすごいかもしれないが何か近寄りがたくて
    日本でメジャーななることはまずありえない。

    • 匿名 says:

      ”ちょっと頑張れば真似できそうなくらいの技術”ってバカ丸出しだな。
      大衆芸術でありながら、世界最高峰の技術と独創性を持ってたのが凄いんだろうに。
      日本人のくせに浮世絵の社会学的意味と絵画的価値を混同してるコメにはウンザリするわ。

  34. 匿名 says:

    当時の日本も写実的な絵を描いてたような気がしたが

  35. 匿名 says:

    見たまんまを描いた写実主義は鑑賞する側の想像力や感性なんて関係ないわな
    抽象的な日本絵は写実的でないからこそ鑑賞する側の想像力に委ねる部分が大きいし感性が乏しいとただの下手くそな絵と感じるだけで終わる

  36. 匿名 says:

    似せて書いたらあかんもん。

  37. 匿名 says:

    顔がメインのブロマイドと宗教画を比べられても…
    写実的な日本画も沢山あるんだからせめてそっちと比べようよ

    • says:

      そうだよね。しかもこれ、写真という技術が無かった時代のプロマイドだぞ。
      アイドル生写真とかに狂喜し、買い漁るビジネスモデルそのもの。
      それが江戸時代の町人の間で既に流行ってた事の方がコワイ。

  38. 匿名 says:

    どちらも目的がちがうじゃん。
    写実主義では日本は勝てないし
    独創性では日本が勝ってるし。

    • 匿名 says:

      それを言ったら当時の西洋絵画にも色んな技法やモチーフ、写法もいろいろじゃん
      面白おかしく日本はこんなに独創的だと現した写真なんだからこれでいいんだ

      • 匿名 says:

        >当時の西洋絵画にも色んな技法やモチーフ、写法もいろいろじゃん

        それはジャポニズムが入って以降の話な。
        富士山みたいに山それ自体を画題にすることなんて浮世絵が受け入れられるまで西洋には普及してなかったし、人物画なんて基本ポートレートみたいなのばっかだったからな。

        むしろ画法に行き詰まった西洋絵画が日本画に着想を得て、技法やモチーフが革新されていった歴史的な流れがある。

        日本画が印象派を生んだのではなく、印象派が日本画を発見した、というのが正しい。
        浮世絵は印象派の約1世紀前には西洋に入っていたが、その頃は見向きもされていない。
        西洋絵画が行き詰まって初めて、印象派という絵画史的な展開を生むヒントを日本画に見出し、ジャポニズムは一大潮流となった。

  39. 匿名 says:

    この画像3年置きに出てくるな

  40. 匿名 says:

    北斎のとかすごい精密な絵が残ってるよ
    つーか宗教上の理由で現実にあるものしか書けなかったのが西洋
    昔タモリ倶楽部でコイツら”影のない絵”が描けないんですよって笑ってたわ

  41. 匿名 says:

    >[
    昔の日本は理解されないアートを描いてきたかもしれないけど、現代を見てみなよ。]

    お前が解できないだけだろ。

  42. ななし says:

    写実的な絵は、もう写真でいいじゃんw
    似顔絵も似てることよりよく特徴を捉えた方が満足度が高い

    • 匿名 says:

      まさにその写真の登場によって画家達が存在理由を失いつつある時期だったんだよ
      だからこそ余計に欧州の画家たちは日本の浮世絵を知った時に衝撃を受けたんだ
      そこにない物を描くのも自由
      そこにある物を見えるように描かないのも自由
      絵が写真と差別化を図るための方法論を見つけたことが重要で技術云々はぶっちゃけどうでもいいことなんだ

  43. 匿名 says:

    優劣云々言ってる時点でおまエラも同類じゃん
    キムチ臭いぞ

  44. 匿名 says:

    西洋の絵は「現状維持」「現実逃避」「洗脳」だった
    日本の絵は「解放」だった
    だからゴッホは「日本の画家たちは自然に溶け込んだ生き方を示すことによって、ある種の宗教を説いているのだろうか」と思い悩んだ
    この言葉から、それでもなお彼は遺伝子が継続した自分の牢屋から抜け出せなかったのだ
    芸術には「解放」と「幽閉」の二つがある
    この二つの単語を意識しながら眺めればおのずと答えが見えてくるだろう

  45.   says:

    知らん人は河鍋暁斎でググッてみそ
    この人が西洋絵画より下とか無いわ

  46. ななし says:

    鎌倉時代の芸術は写実的だったんだけどね。
    つまり日本の芸術は西洋の何百年も先を行ってるってことだ。

  47. 匿名 says:

    一番がっかりしてるのはスレ主の鮮人だろうな

  48. 匿名 says:

    年代的に伊藤若冲あたりをいれたほうがよさそう

  49. 匿名 says:

    もし劣ってたとするなら、遠近法かな
    ただデフォルメする事は西洋より日本の方が長けてたから、漫画なんかは相性いいんだろうな
    遠近法は後からどうにでもあるし

  50. 匿名 says:

    こんな冗談に切れている連中、本当に鬱陶しいわ。
    どれだけ余裕無く生きているのよ。
    しかも、この使い古された題材でさ。

    • 匿名 says:

      >こんな冗談に切れている連中、本当に鬱陶しいわ。

      理解されず、面白くも無い、冗談として消費されない。
      日本画について無学な連中相手には特にな。

      そういう手合いに、マジレスして何か問題でも?
       
      自分のユーモアセンスに問題があるのに皮肉めいた冗談で場を冷やしておいて
      「お前ら余裕無いな」
      と周りに忖度を求めるヤツのが鬱陶しいと思うよ。フツーはね。

    • 匿名 says:

      目論見が外れて残念だったね
      もう少し教養があればこうなることは始めから見えていたのにw

  51. 匿名 says:

    外人がドヤ顔で掲げてる絵画は、金持ちや権力者向けの一品もの
    浮世絵は、多色刷りで大衆向けの大量販売メディア
    歴史と広がりが段違いなんだよ、ボンクラ

  52. 匿名 says:

    >「日本は芸術の才能が・・」

    芸術って何だ?この写楽の方がずっと芸術的だと思うけどねえ。

  53. 匿名 says:

    北斎がシーボルトに西洋画の手法聞いて真似してみたら余裕で描けたんだよなぁ
    「芸術」として見た場合どちらが上かなんて、当時の西洋画家達が一番良く分かっていただろうな

  54. 匿名 says:

    日本人も、その後、欧州から写実画が輸入されて油絵ブームが起きてるね。やはり全く違う文化が出逢うと新しいモノが生み出されるという良い時代だったと思うよ
    欧州の絵を見ればわかるけど、ほとんど似通ってる、これは常に新しい技法などを探してた事がわかる、そこに日本の浮世絵が現れてブームになったんだろうね
    ただ日本は島国で独自の、やり方で生まれた文化だからね、周りの中国大陸や朝鮮では絵という存在すら、ほぼ皆無だったし

  55. 匿名 says:

    大昔のネタだけど
    これを作った本人は本気だったんだろ
    ヨーロッパの美術は特権階級向けで
    日本は一般人でも楽しめる物が多かったとか
    そもそも油絵と版画を比べるとか馬鹿じゃね?とか
    そういう情報すらマトモに入手出来なかった頃のネタ

  56. 匿名 says:

    写実画の、世界に浮世絵が現れたら、そりゃショックだろうな、欧州では絶対に描けないものだし、最初は版画だと知らなくて真似して描いてみても上手く描けないって落ち込んだ画家が多かったらしいね、そもそも欧州でも木版画はあったけど日本のカラーのようなものでは無かったしレベルが違ってたよな
    それに元は包装紙だったし

  57. 匿名 says:

    これ、大衆が手に取って観るものだから。

  58. 匿名 says:

    芸術は感性だから、写実主義である必要はない。

  59. 匿名 says:

    まあ現代で言えばAKIRAやジブリ作品を見てショックを受けたみたいな感じだろうな
    そもそも日本語のヒラガナやカタカナ、漢字が絵に必要な訓練として基礎が備わってたから昔の日本人は絵が上手かった
    昔の人の漢字や文字を見ると機械で書いたのか?ってくらい上手い

  60.   says:

    海外のは、重ね塗り出来るが故の発展の仕方ってのもあるからな

  61. 匿名 says:

    良くも悪くも浮世絵が有名すぎるのがなぁ
    日本画の世界は浮世絵だけじゃない…

  62.   says:

    そもそも木版画と油絵を比較する事に意味があるのかと

  63. 匿名 says:

    何で日本の人物像は写実的ではないのか知らないようだな。
    あまりにも似せて書くと、呪いに使われるなど問題があったからなんだけどな。
    決して絵が下手だったわけではない。

  64. 匿名 says:

    やっぱ江戸時代って神だわ

  65. 匿名 says:

    現代人「写真でいいじゃん」

  66. 匿名 says:

    庶民向けの大量生産の木版画と貴族向けの絵画を比べられても…

  67. 匿名 says:

    西洋はコピー文化だからな
    国名隠したら全部答えられる奴はまずいない

  68. 匿名 says:

    これは大量生産されたアイドルのイラストだからね。
    商品だから売りにしたい部分をデフォルメしてあるし、版画にしやすいよう作画してある。

  69. 匿名 says:

    写実的に描くのが芸術なら、カメラが最も偉大な画家ということになる。
    あるいは、『記録』と『記憶』の違いとか。

  70. 匿名 says:

    大量生産が前提の浮世絵と基本一点物の西洋画を同じ土俵で比べるのはナンセンス。

  71. 匿名 says:

    写実的ってのは現実に捕らわれ過ぎて逆に自由な発想が出来ないってのはあるんだ
    北斎の神奈川沖浪裏だって現実を正解とするなら写実ではなくなる
    パースや陰影が常に付きまとえば多人数描写は引きの絵か切取ったアップしか描けなくなる

  72. 匿名 says:

    西洋絵画は後の映画の原型
    日本の版画は後の漫画の原型
    色彩と立体間隔の差は今でも両者の差に残っているね

  73. 匿名 says:

    デフォルメだよね
    あまりに世界の先を行き過ぎて、世界中がまともに追いついたのが数十年前
    そりゃ1も皮肉を言いたくもなるさな

  74. 匿名 says:

    それでもアマビエはもう少し何とかならなかったのか?と思う

  75. 匿名 says:

    無知の極みだろう。
    多色刷りの版画=「木の板に逆さまに掘る」と、油絵=「絵具と筆で紙や布等の平面に描く」を、一緒くたにして語るとは……

  76. 匿名 says:

    どれだけ実物に近いかを競っていたらカメラが出てきて写実主義は滅びた。
    浮世絵は永遠。
    欧米人は自分の価値観を押し付けてくるな。
    それぞれに文化があるんだよ。

  77. 匿名 says:

    鳥獣戯画を見てみ。
    まじで感動する。

    リアリティがどうのこうの言ってる外人はほっとけ。

  78. 匿名 says:

    浮世絵って庶民文化だし
    あの時代に庶民が多色刷りの芸術作品愛でて
    文字の読み書きして楽しんでたって時点で西洋とは比べ物にならない

  79. 匿名 says:

    絵画と勝負するなら、掛け軸や屏風に描かれた絵だろ

  80. 匿名 says:

    スレ主が某国人としか思えないのはオレだけか?西洋人なら浮世絵の与えた影響とか知ってるはず。日本貶そうとして反撃食らってしょぼくれてるのが目に見える。

    • 匿名 says:

      反日で美術史の教育も出来ないんだろね 世界の常識も知らないで惨めな姿晒して
      ジャポニズムとか知ったら発狂するんじゃない?w

    • 匿名 says:

      そういえば昔ユンソナがドラえもん韓国起源説を言い張って消えてったね
      あの時の他人を小バカにした顔は忘れられない 所詮その程度の国と国民なんだよ

  81. 匿名 says:

    やはり良い意味でホント日本って変わってるよな

  82. 匿名 says:

    先人に感謝と敬意を
    個性とはこういうことだ

  83. 匿名 says:

    版画と油絵うんぬんではなく…
    モダン・アートの範疇に入る浮世絵とプレモダンの西洋絵画を比較しているのが問題でしょ

  84. 匿名 says:

    画家は皆写実的な絵は当然に描けるのであって、デフォルメして描いてる場合見る人はその意図を汲まないといけないってなんかの本に書いてあったな

  85. 匿名 says:

    比較対象がおかしいだろ(笑)

    浮世絵くらいメジャーだと、
    誤解される心配は無いと思うけど。

  86. 匿名 says:

    この中なら浮世絵に一番人が集まりそうだ
    個性が強すぎて

  87. 匿名 says:

    またまたこれかよ!何回同じことをやるんだ。

    西洋は、宗教画から抜け出し写実主義に到達した。

    その頃日本は印象派を超え、現代に通づるモノに達している。

  88. 匿名 says:

    王や貴族が楽しむ芸術が西欧、日本は庶民が楽しむ、簡単に言えば、写真とか雑誌とかが今、芸術をして評価されてる。庶民が芸術を楽しめる日本が圧倒だろ?時代の先駆けだよ。

  89. 匿名 says:

    金持ちのための一点物の絵画

    庶民が広く楽しんだ版画
    を比べてもな
    若冲辺りを比較に持ってこいよ

  90. 匿名 says:

    年に1度はこの比較を見てきた気がする・・・
    ていうか、こういう比較ってゲームで例えたら
    プレステ用GTA5とファミコン用ゼルダの伝説の画像で
    日本プギャーして優越感に浸ってる様な感じというか
    少なくとも日本と欧米の双方に無関係な存在というか
    ぶっちゃけ特亜系反日の姿が真っ先に頭に浮かぶよ
    日本や欧米のネイティブから見れば見透かされる様な存在でしかないというか

  91. 匿名 says:

    写実画は所詮通過点でしかないんだよなあ
    そこから独自の画風が生まれていくのであって

  92. ななし says:

    写実なら見たらいいだけやろ
    デフォルメの方が正直難しいよ

  93. 匿名 says:

    庶民が買うブロマイドと王侯貴族の所有物とを比べるとはw

  94. 匿名 says:

    写実が全てではないと理解したのがジャポニズムなんだけどね。
    そこから印象派が生まれ、キュビズムに向かい。

  95. 匿名 says:

    写楽はちょっと異質だな、
    北斎だと優れたデッサン力を持った上で、デフォルメしている。

    • 匿名 says:

      確かにね。
      写楽の評価は、肖像画として人物のキャラクターを独自のスタイルを通して転写していることにある。

      デッサン力で考えると、手の大きさとかプロポーションとか色々オカシイんだが
      着物からグイッと伸び出ているかのような首とか、着物の縞の向きとかがベクトルを生んで、独特の押し出しの強さで迫るものが有る。

      興業中の歌舞伎役者を描いているのに、背景を抽象的にしているのも独特。
      役者のブロマイドを描くというよりも、その役・性格を象徴する一場面を切り取った肖像画と考えた方が受け入れやすい。

  96. 匿名 says:

    鎖国中でも欧州との貿易や交流はあったんだからせめて解体新書が出る頃ぐらいには西洋の写実的な油絵の肖像画の技法とかが輸入されたら良かったのにね。歴代の徳川将軍の肖像画とか西洋と比べるとしょぼくてがっかりするわ。

    • 匿名 says:

      元禄の頃から蘭画も遠近法の知識もあったよ。
      人物画はあまりそっくりに書くと魂を吸われるって迷信があって流行らなかった。

  97. 匿名 says:

    アンリ・マティスを並べてみ、似たようなものだからw

  98. 匿名 says:

    一応言っておくと、浮世絵=版画では無いからな
    浮世絵ってのは風俗画のこと
    なので肉筆浮世絵というのもちゃんとあるから
    西洋では絵画は宗教画や貴族の栄光を描くものであって、市井の人々の生き生きとした様子を描くということが殆ど無かったので、そのテーマ性や躍動感がすごいインパクトあったのよ

  99. 匿名 says:

    何で一枚だけやねん。

  100. 匿名 says:

    日本と言えば「アニメとゲーム」程度の知識しか無い外国人の感想は、相変わらず上っ面だけの低レベルコメント。無知って罪。
    てか、言い出した奴の国籍が反日に情熱を注ぐ半島系なら納得。

  101. 匿名 says:

    画力や技法はさておき西洋の油絵は発色が綺麗なんだよね。
    日本の絵の具はどうしても薄くて色褪せて見えちゃうのが悲しいね。

  102. 匿名 says:

    アールヌーボーの影響を強く受けたのが竹久夢二かな。
    萌え画の原型を作ったのが中原淳一かな。

  103. 匿名 says:

    絵画が大きく発達するのにはその国の宗教が大きくかかわっている
    キリスト教では「神は自分に似せて人間を作った」だから人間を
    印影つけて写真のように描くことが神の姿を描くことだった

    日本はその点仏画から発展している
    仏さまというのは全身内側から光かがやいている存在なので
    影ができない=つまり印影を使う技法が発達しない
    その違いだと美術史の教授から話を聞いた

  104. 匿名 says:

    北斎は波のフォルムをリアルに切り取ってるのも凄いんだよね。精密カメラの目を持ってたのかと。
    リアル絵なら若冲とかいるやん。

  105. 名無し says:

    なんで人物の浮世絵だけで語ってんのかね
    富嶽十三景とかあるのに

  106. 匿名 says:

    浮世絵はただの大衆文化。庶民にまで文化や芸術がいきわたっていない欧州より100年ほど進んでいたんだけどな。

  107. 匿名 says:

    海外の人は浮世絵の書き方知ってるのかな?
    ただ筆で書いてるんじゃないぞ
    彫ってるんだからな

  108. 匿名 says:

    写実画なら「衆鱗図」という世界最高の魚の図譜があった。
    西洋人が干物みたいな魚の絵しか描けなかった時代、海中で生きてるような細密画を描いていた。

  109. 匿名 says:

    ぶっちゃけ写実で見てみたかった人物や風景はある

    • 匿名 says:

      そういう意味では支倉常長や伊東マンショなんかの肖像画は貴重だ。
      しかし江戸時代の絵師ならば写実画を目にする機会はあったろうに、
      それで日本では流行らなかったのかね。

  110. 名無しさん@ほしゅそく says:

    またバカちょんの日本下げ工作か?

  111. 匿名 says:

    パンとコメを比べてもなぁ

  112. 匿名 says:

    いや、
    実は土器とか土偶の時代から日本は日本だったんですってw
    江戸時代の浮世絵なんてまだ300年も経てない程度の新参者なのよw

  113. 匿名 says:

    ここまで読んで西洋画6点と浮世絵1点の構図をどれだけ思い出せる?
    ってのが浮世絵、印象画の凄さな。ポスターの意義。

    19世紀になってロートレックのムーラン・ルージュのポスターとかに至るわけ

  114. 匿名 says:

    貴族が金を出す一点物の絵と庶民が買う版画とを比べないと優越感を得られないなんて、みじめだなぁww
    そもそもその時代の都市部の庶民の識字率はどうだったんだよww

  115. 匿名 says:

    バカって派手好きだから丁度いいんじゃねw

  116. 匿名 says:

    確かに比較対象が違うと思う、宮廷貴族のお抱え画家の作品と一般大衆に浸透した芸術とでは明らかにバックボーンが異なる。
     大衆の生活迄浸透した芸術は襖や屏風等及んでいる事を理解している事を知らないのでしょうね、、、更に春画迄在るんだから凄いだろ、西洋の春画って観た事無いなー。

  117. 匿名 says:

    よろしい、ならば芸術的埴輪を見せてやろう

  118. 匿名 says:

    そもそも浮世絵は大衆の娯楽絵だぞ。
    今で言えばラノベの絵師みたいな立ち位置。
    比べるのなら狩野一族の絵とかにしろよ。

  119. 匿名 says:

    欧米へ瀬戸物を輸出する時の包み紙程度の物と比べるのは卑怯だよね
    比べるなら同時代の日本画でしょ普通
    欧米人はほんとレイシストばかり

  120. 匿名 says:

    日本の浮世絵って今で言うと雑誌のグラビアだぞ。庶民も買えるお手頃価格で売ってたんだがな。しかも読んだ後は解体してふすまに補強として貼ったりした。

    西洋にそんな物があったのかね?

  121. 匿名 says:

    絵画と木版画を比較してどうすんだ。
    まさかガチで浮世絵を絵画と思ってんのかね

  122. 匿名 says:

    一点ものの絵画のイメージのあるあちらだと日本では庶民にもそこそこ行き渡ってた版画は驚いたらしい。
    日本から陶器なんかを輸出するのに緩衝材として浮世絵が詰められてるの見て訳が分からず何かの間違いかとか思ったとか。
    ただどちらが凄いとか抜きに当時はそれぞれそんな文化だっただけだよ。

  123. 匿名 says:

    朝鮮人だろ、どうせ

  124. 匿名 says:

    圧倒的に日本の感性のほうが優れてる

    西洋は劣等文化

  125. 匿名 says:

    この古いスレも海外反応系で何回見たことか

  126. 匿名 says:

    この比較画像っていわゆる“Only in Japan”ミームなんじゃないのかな
    解釈のしようによっては「西洋絵画は写実という概念に囚われてどれもこれもステレオタイプだ」という見方だってできるよね

  127. 匿名 says:

    まーたこのネタか・・・
    もう何度目だよ

  128. 匿名 says:

    歌舞伎を表現してることも
    手の位置が(着物の中に入って)どうなってるかもわからんのに評価できるわけないじゃん…

    • 匿名 says:

      この絵は歌舞伎の演目の泥棒さんのシーンの手の表現だったように記憶してるけど。(だれか歌舞伎に詳しい方教えて)

  129. 匿名 says:

    葛飾北斎の波の絵はデフォルメ化されたものだと思われていたが、最近の超高精度カメラで波を撮影した結果、実は北斎の描いた波こそが最も写実的だった話ほんと好き

  130. 匿名 says:

    外人さん外人さん、ゴッホって画家を知ってるかな?

  131. 匿名 says:

    印刷(版画)チラシを持ち出して油絵と比較してみせるってw
    どうしても勝ちたいんだね

  132. 匿名 says:

    ビックリするかもしれんが浮世絵は版画やで。そうやって絵を親しむ事については日本の方が先行ってたかもしれんな。
    西洋の様に立体的な絵は手法が確立されてなく書けなかったが、実はそれなりにリアルな絵は書けていたらしい。しかし、それを敢えて崩して構図や雰囲気を良くする事が求められていたとか。

    • 匿名 says:

      日本人は器用な人が多いから多分写実的に描こうと思えばいくらでも描けたのだろうね
      だから画家になるなら個性が求められたのだと思う
      今の漫画選びにも通じるところがある
      綺麗なだけの漫画は売れない

  133. 匿名 says:

    ピカソの絵を幼稚園児の落書きって言いそうな奴だな

  134. 匿名 says:

    >あいつらの当時の技術は せいぜいエッチングや木版画の白黒の単板版画やから
    >当時カラーで大量印刷できるそんな技術もっとらんからな
    多色刷りのための”見当”の発明は、今なら特許料で数兆円を稼げるレベルだと思うよ。

  135. 匿名 says:

    イギリスが生活用品を産業革命の頃、日本は芸術を量産型産業革命してたんだぜ。

  136. 匿名 says:

    何年前の記事だよ

  137. 匿名 says:

    皆ゴメン。各国の民族衣装着た美人を見るのが好きなので、美人画だけ…美人画だけは、もうちょっと顔を想像できる感じに…すみません完全に趣味で…。

  138. 匿名 says:

    この記事前にもコメントした気がするなぁ
    浮世絵はイラストで比べるならロートレックとかミュシャで、宮廷お抱えの西洋絵画と比べるなら狩野派とかでしょって

  139. かごめ says:

    日本画、浮世絵は線なぞらない。一発で決める。西洋画は何回も何回もなぞって描く。
    線がすべてだ。その面で老後に趣味で描ける絵ではない。

  140. 匿名 says:

    昔の日本人の芸術センスのすごいところは、見たものを書くのではなく、感じたものを書いたところ。
    例えば、雄大な山を見て感動したのに写真に撮ったら「あれっ?こんなにちっぽけな山じゃなかったのに。」と思う。日本の絵師たちは実際の縮尺より大きく山を描いて心にある雄大な山を実現させた。
    今じゃ映像の世界では当たり前の表現方法になっちゃったね。

  141. 匿名 says:

    ラスコーやアルタミラの洞窟壁画もくらべようもないけど凄まじいよね
    現地で観ると(レプリカだけど)腰抜かすよ

  142. 匿名 says:

    くっそわろたwwww

  143. 匿名 says:

    この浮世絵一つだけで日本全てを語られても

  144. 匿名 says:

    日欧米離反工作の五・毛が多すぎる

    フィルターかけんなや

  145. 匿名 says:

    浮世絵と比較するならピカソだよな
    ピカソの良さは凡人にはわかりづらいが浮世絵は凡人でもある程度納得できる

  146. 匿名 says:

    まあ今も日本は写実的絵画はあんまり評価されないし
    3Dより2Dの方が好まれてるからなあ。

  147. 匿名 says:

    一品物の油絵と量産品の版画を同列で比べるとかアホか

  148. 匿名 says:

    今も昔も文化も芸術も持たない劣等国「芸術の才能ぅぅぅぅ」
    それ以下「そうニダ!そうニダ!」

  149. 匿名 says:

    最初に大首絵が出た時は江戸の大衆もぎょっとしたみたいだよ
    それくらい個性の強いものだった

  150. 匿名 says:

    伊万里焼のパッキングに使われてた浮世絵にびっくりして買い付けに走ったのは外でもないヨーロッパやユダヤ人だけどね。日本では既にチリ同然だった

  151. 匿名 says:

    世界中が同じような絵ばかり描いていたら、どんなつまらない世界はないと思うね。
    色々な文化で、そこで発展する何かがあるから面白いのになw

  152. 匿名 says:

    1000年以上前の木像を見る限り日本人が写実的なものを作る技術がなかったわけないんだけど、残っていないってことはやっぱり思想的な理由なのかね?写実的な絵なんて最低限濃淡さえ表現できればかけるんだから砂浜に棒でもかけるはずなんだよな。更に当然昔からギフテッドなんて世界中にいただろうから日本に限らずとも絶対に数千年前から写実絵は存在してるはずなんだよな

  153. 匿名 says:

    これも6回は見たぞ。
    版画浮世絵相手なんだから肉筆と比較すべきなわけで。
    日本の画像を円山応挙にした画像も出回っているがそっちは普及していない。

  154. 匿名 says:

    写実主義が発達しなかった以上、下に見られても仕方ない
    そこを必死にいいわけがましく食い下がる方が惨め
    劣っていたかも知れないが別のベクトルを向いていたから西洋にも影響を与えたし、現代では逆に日本の方がアートをリードしてる それでいいじゃない

    • 匿名 says:

      いや、むしろこっちから下に見る向きすら有るんだが。元スレ1には特にね。

      自分の劣等感を他人に投影するのヤメたら?

      アートwに関する学が全然無いから、他人の米の内容を理解できず、マウントの取り合いとしか解釈しないんだろうけど。

      自分がキャッチできない情報は、ぜんぶ情報発信してるヤツ(他の米)が悪いんだ、
      っていうのは歪んだ自己愛で、とっても惨めだと思うぜ?

  155. 匿名 says:

    ★またコレか。全く同じスレを以前にも見たぞ。悪意のある比較画像だ。日本にどれだけの浮世絵があるのか知らないンだよな原始人は無知だから。そもそも西洋の絵はどれも似たり寄ッたりで個性が無い。見た物をそのまま描き写しただけだろ。つまらン。写楽の絵はモデル無しで想像で描いた絵だからな。
    原始人には不可能な芸当だ。記号しか無い国は結局似たような文化しか生まれない。故に西洋で一括りにされてしまう。

  156. 匿名 says:

    ★見たまンま描き写す事しか出来ない原始人の芸術性の無さを晒したスレだな。

  157. 匿名 says:

    ★見たまンま描き写す事しか出来ない原始人の芸術性の無さを晒したスレだな。
    故にお前らの国は漫画もアニメも発展しなかッたのだ。こーゆー物は想像力が必要なンだ。見たまンまの物しか描けないお前ら原始人には辿りつけない文化だ。

  158. 匿名 says:

    ★実写的な絵が良いならカメラで
    撮影すればいーだろ。
    何故西洋で漫画やアニメが生まれなかッたのか解るな。想像力が無いンだ。
    デフォルメすら出来ない原始人が漫画なンて描ける分けないよなァ。

    • 匿名 says:

      「戦争なら銃やミサイル使えばいいだろ 日本刀なんて数人しか殺せない野蛮で雑魚な道具」って言ってるのと同じレベルねキミ

  159. 匿名 says:

    浮世絵は江戸の庶民の娯楽 量産され庶民が買って楽しんでた木版画だ
    貴族のお抱えで屋敷飾ってた油絵と比べて嬉しがるってどんだけ教養無いのって

  160. 匿名 says:

    「浮世絵は庶民画だからー」なんていったところで、浮世絵じゃなく日本の権力者が描かせてた肖像画や宗教画を比較対象にしたら一層情けなくなるだけだから墓穴だぞ

    • 匿名 says:

      いや、写実であるほど芸術性が高くなるという、およそ芸術を理解していないヤツ特有の査定基準が滑稽てだけなんだが。

      印象派やピカソまで全否定して墓穴を掘ることになるんだが、それぐらい分からんか?

  161. 匿名 says:

    高松塚古墳や洛中洛外図も知らない外国人

  162. 匿名 says:

    写楽=オランダ人の落書きを気に入った版元が、幾人かの浮世絵師に指示して彫らせた説

    • 匿名 says:

      自国に何の芸術も文化も無いことにやっと気付いた悲しい国の方にはデフォルメが落書きに見えるんだね

  163. 名無しさん says:

    この手の馬鹿外人たちはピカソの後期の作品見ても同じこと言うのかね?

  164. 匿名 says:

    西洋も、プロダクション形式で、画家の名前が出てるけど、実際には工房の弟子や職人がかなり描いてたりする。

  165. 匿名 says:

    葛飾北斎の八方睨み鳳凰図は現代アートといわれても違和感ない
    北斎の娘の応為の夜桜美人図みたいな黒の重ね方は当時できる人はいないんじゃない?

  166. 名無しさん says:

    前提条件が違いすぎて、比べられるものではない。
    浮世絵は庶民の娯楽。欧州の油絵は貴族や上流階級の限定された階層からの派生。
    和食の多くが庶民の料理だったのに対して、欧州の料理は貴族社会からの派生。
    この社会構造の違いから論じないと、双方の認識の違いにより、対立しか生まれない。

  167. 匿名 says:

    江戸時代のご先祖様へ
    あなたの子孫は宇宙に船が飛ぶ時代になっても絵姿女房に心を囚われ結婚と縁遠い生活を送っております
    お許しください

  168. 匿名 says:

    精密画が最高峰と思っているなら日本にも伊藤若冲という今で言うドット絵の神みたいな人もいるし
    日本の面白いところは固定観念に縛られないで自由にやりまくる所、枕絵なんて蛸と絡んだり、女が少年に悪戯したりと西洋人にはない妄想ファンタジーやりまくり

  169. 名無しのAsian says:

    また朝鮮人が日本下げスレを立てているのかw
    ゲイコリアン劣等感染大爆発だなw

  170. 匿名 says:

    当時の江戸は世界屈指の大量生産消費の時代。
    ちまちま絵画など日程も量もコストも間に合わない。
    日々で人気チャートを絵画でやってみろ。
    ドイツの新聞も版画だった。
    写実的な錦絵も有るし日本画も有る。
    文化のない半島人のような奴らが比較出来ないものを並べる。

  171. 匿名 says:

    いや、版画と絵画を比べるなよw。

  172. 匿名 says:

    スタイルよりも
    大量生産の大衆文化、都市文化としての
    位置づけが大きいんだけどなあ・・・
    狩野派に代表される支配層とは全く別の道を進んでるところとか

  173. 匿名 says:

    写真みたいな絵は結局ね、時間かければ誰でも描けるんだわ。あまり価値ないの。じゃあ写真でいいじゃん、てね。

    • 匿名 says:

      写真なんか19世紀の半ばだろ…
      むしろ写真の存在が絵画の方向性を変えていくわけだが

  174. 匿名 says:

    東洲斎写楽は当時でも特異な存在で全く評価されてなかったろうが

  175. 匿名 says:

    だったら、ピカソや、ダリィと比べてみろよ

    まぁ、半分冗談で言っているんだろうけどな

    浮世絵も色々よ、彫刻も‥‥

    問題は、プロであって、質問主のような素人ではない
    当時のプロ西洋の画家達が、度肝抜かれて、影響受けた時点で、日本人勝ち(価値)だ
    質問主のような素人が何を言おうと、‥‥
    ゴッホに、勝てんのか?
    あぁ?