海外「日本人Sushi職人の情熱には人生を考えさせられるものがある」和食はもはや芸術? ニューヨークにある和食レストランのシェフが海外で話題に

スポンサーリンク

ニューヨークの和食レストラン、SushiNozがEaterにて紹介されていました。
一部のコメントを紹介させていただきます。

1海外の反応を翻訳しました : ID:

もはや芸術だね

2海外の反応を翻訳しました : ID:

ディテールがすごいね
たくさんの愛情と気遣いがここに繋がっているんだね

4海外の反応を翻訳しました : ID:

この若いシェフには、それはそれは金持ちのスポンサーがいるに違いない

5海外の反応を翻訳しました : ID:

>>4
そうだね!彼は顧客の一人から江戸時代の400年物の骨董品の茶碗を送れらているからねそれがすべてを語っているよ

6海外の反応を翻訳しました : ID:

ミシュラン3つ星

7海外の反応を翻訳しました : ID:

彼はものすごくセクシーのタコをマッサージするけど、僕がタコをマッサージしたらヘンタイ扱いされるよ

8海外の反応を翻訳しました : ID:

僕は焼きすぎた腐りかけの卵を古いごはんと一緒に食べたとこだよ

9海外の反応を翻訳しました : ID:

>>8
もしそれで調子が良くなるのなら、アフリカの子供たちは何でも食べられるね

10海外の反応を翻訳しました : ID:

彼の神々しいキッチンと食事スペースを見て思わず泣きそうになっちゃった

11海外の反応を翻訳しました : ID:

リアル幸平創真だ

12海外の反応を翻訳しました : ID:

ゴードン・ラムゼイ並みの熱量を感じるよ

ゴードン・ラムゼイ

ゴードン・ジェームス・ラムゼイ OBE はスコットランド出身の3つ星シェフである。ヨーロッパでも大変人気のあるシェフで、ロンドンにある3つのレストランで、合計7つのミシュランの星を持つ。3つ星を獲得してるのは、ロンドンの Royal Hospital Road本店1軒のみ。コンラッド東京からは撤退している。 ウィキペディア

13海外の反応を翻訳しました : ID:

これを見るだけで健康になった気分だ

14海外の反応を翻訳しました : ID:

彼は寿司を握る匠かもしれないけど、私は寿司を食べる匠だ

15海外の反応を翻訳しました : ID:

なんてこった、ここはただのレストランじゃねぇ
これは完全に美術的な体験だ

16海外の反応を翻訳しました : ID:

素晴らしい
見てるだけで疲れたよ
たくさんの下ごしらえと作業があるんだね
それにバカでかいタコの足をお箸だけで持ち上げるなんて、彼の手は異常なほど強いに違いない

17海外の反応を翻訳しました : ID:

一つ一つの作業に愛が込められているんだね!

18海外の反応を翻訳しました : ID:

一つ上のレベルに行くのはいつもアジア人だな!

19海外の反応を翻訳しました : ID:

彼は見た目だけだよ
本物の寿司職人じゃない

20海外の反応を翻訳しました : ID:

>>19
ここのお寿司食べた事ある?
僕は食べた事あるから言えるけど、ここはニューヨークでもトップクラスだよ
シャリは最高だし、彼が扱う魚ももちろん素晴らしいよ
彼は見せ方や見た目、スタイルにこだわっているけど、彼の寿司もそれらと同じくらい素晴らしいんだ

21海外の反応を翻訳しました : ID:

僕は本当にこ熟練のアーティストに心動かされたよ

22海外の反応を翻訳しました : ID:

日本人は料理に対して異常なくらい努力してるけど、時々ウンザリするんだよ!

23海外の反応を翻訳しました : ID:

>>22
ホットドッグスタンドに行けよ
努力なんてないから

24海外の反応を翻訳しました : ID:

彼は本当に素材に敬意を払って、時間をかけて一つ一つの作業に努力を惜しまないんだね
僕にお金があったら、間違いなく食べに行くね

25海外の反応を翻訳しました : ID:

わお、言葉が出ないよ

26海外の反応を翻訳しました : ID:

この人の情熱は、自分の人生を考えさせられる

27海外の反応を翻訳しました : ID:

板前にしてはとても若く見えるね

28海外の反応を翻訳しました : ID:

彼は自分の技術で死んだ魚に命を与えてるんだ

29海外の反応を翻訳しました : ID:

とても美しい店だね

関連

海外「この日本人シェフは信用できるね、尊敬されるべき人だ」日本の寿司職人の驚くべき技術を外国人が大絶賛!

引用元:Youtube

コメント

  1. 匿名 says:

    確かに若いな20代にしか見えない昔みたいに中卒で職人の道に入ったとかなら
    キャリア10年とかだろうけど実家の手伝いとかだったらもっと長い可能性もある

  2. 匿名 says:

    この熱意と技術は中学卒業してすぐにどこかのお店で働いていた
    ってくらい寿司に打ち込んできた人にしか持てないものだろ

  3. 匿名 says:

    寿司田に「入社」だよ
    この手のSHUSHIでまともに修行したのなんて居ない
    すごいのはオーナーのエンターテインメント力
    日本人シェフってのが箔になるから適当なの引っ張ってくる

  4. 匿名 says:

    修行とは習慣力を身につける事
    時間がかかって当然
    技術はそこそこの時間で身につけられるが習慣はそうはいかない
    妥協しない強い心を身につけてこそ素晴らしい仕事が出来る
    一品だけ最高の物を作るなら専門学生でも出来る
    ただしそれを100回、1000回と同じクオリティで作り続けるのには厳しい修行を経たものにしか出来ない

  5. 匿名 says:

    日本より向こうで出した方が稼げるわな
    こういう演出好きだし

  6. 匿名 says:

    もうこの手のネタはいいわ。日本でやってろ。
    わざわざNYに白木板持ち込んで食材空輸して分かりやすい厘刈りしてドヤる。
    悪趣味なんだよ。