海外「日本の宗教観、群を抜いてるな!!」各宗教を表す一行メモで、日本に注目集まる

おすすめ記事(海外の反応アンテナ)

RSS ピックアップ(外部サイトへ移動)
RSS 一般 | 海外の反応アンテナ
RSS しぃアンテナ(*゚ー゚) | アジア・翻訳
スポンサーリンク

As usual, Japan had to outweird everyone

1海外の反応を翻訳しました : ID:

”いつもの事だけど、日本は他より特殊な形で進んでいる”

”マルティン・ルター:聖典を信者の言葉に翻訳していこう”

”ユダヤ教:先祖代々の言葉を用いていこう”

”イスラム教:信者に自分の言語を学ばせていこう”

”キリスト教:信者のほとんどが理解できない、宗教的な学問に特化した古い言語で説法していこう”

”日本:翻訳されていない外国語の文章を使い、一字一字を古代の自国の発音で、誰も理解できなくなるまで読んでいこう”

引用元:Reddit

2海外の反応を翻訳しました : ID:

これは、とんでもなく興味深いよ

3海外の反応を翻訳しました : ID:

この話もっと深く教えてくれ・・・ドキュメンタリーとか作ってくれ

4海外の反応を翻訳しました : ID:

>>3
似た話を、隠れキリシタンのドキュメンタリーでも言ってたよ!Youtubeの動画だったかな

5海外の反応を翻訳しました : ID:

ほとんどの日本の人たちは、この文化としての凄さに気付いてない気がする!凄いよ!

6海外の反応を翻訳しました : ID:

あと、日本って一括りにせず、神道、仏教、儒教のそれぞれの細かな文化的影響を深掘りしていくと、日本の宗教観は限りなく奥深い世界だよ

7海外の反応を翻訳しました : ID:

日本にこの宗教観があるから、宗教文化の多様性もメディアで垣間見えると思う

8海外の反応を翻訳しました : ID:

キリスト教文化も友好的にメディア文化や生活文化の中で受け入れられているのは、キリスト教徒の人口比率の小ささを考えると凄い事だよ

9海外の反応を翻訳しました : ID:

>>8
この宗教比較のメモで言ってるのは、おそらく日本の伝統的な仏教観だと思うけどね

スポンサーリンク

10海外の反応を翻訳しました : ID:

それぞれの母音を分けて発音する日本語文化も、特殊な文化的多様性が理由なのかな?

11海外の反応を翻訳しました : ID:

俺が思うに、日本は2つの宗教観が共存している・・・生きる物の事柄は神道、葬式や先祖供養などの死に関する事柄は仏教・・・たぶん

12海外の反応を翻訳しました : ID:

あと、宗教観とは別に、もちろん無神論は日本でも広く受け入れられているよ

13海外の反応を翻訳しました : ID:

でも、日本の国旗のシンボルを宗教的シンボルとして使うのは、まだまだ無知だと思うな

14海外の反応を翻訳しました : ID:

>>13
おれも同じ事思った!でも、日本っていう国は、その国の特定の宗教で置き換えて語れないという事なのかもしれない

15海外の反応を翻訳しました : ID:

この宗教の比較メモ見てると、日本だけ宗教をツールとして使いこなしてる感ある気がする!

16海外の反応を翻訳しました : ID:

この宗教のメモは、仏教に関しての話をしてるの?神道の式典で使うテキストは、また別物のはず

17海外の反応を翻訳しました : ID:

宗教観の話でいうと、チベット語も宗教観から独自の進化をしてる・・・書き言葉は神聖なものとされているから、時代を経ても古代と変わらず、話し言葉と全く違う!チベットの人々は古代の文書も読めるけど、俺ら外国人には習得できないくらい難しい言語

18海外の反応を翻訳しました : ID:

日本にはスーパーサイヤ人がいるからね!

19海外の反応を翻訳しました : ID:

日本が仏教と一緒に中国から持ってきた漢字は、今では中国で使っていない文字も多いらしい!その漢字の多くが、中国人がサンスクリット語を文字として表す為に割り振ったものだから!別の言い方をすれば、日本語のほとんどは宗教的な言葉で構成されているという事!

20海外の反応を翻訳しました : ID:

>>19
日本語の書き言葉は少しなら中国の人も分かるらしい

21海外の反応を翻訳しました : ID:

日本にいた時に仏教寺院の行事に参加させてもらったけど、インド人の俺からしたら、日本のアクセントでサンスクリット語の言葉を唱えてるのはテンション上がった!

引用元:Reddit

コメント

  1. 匿名 says:

    日本は何事も形式化、様式化していくのが大好きな国民性だと思う
    そのうち形骸化してものの役に立たなくなるが、それで構わないと思ってすらいる

    • 匿名 says:

      でも結果的にはツールや知恵として機能するってのが面白いかも……南無阿弥陀仏って唱えりゃ救われるよくらいの雑さが本来救いとしては平和だよね。

      お経唱えると高揚したり瞑想的な心地になったりするし、日本語で意味分かっても形骸化はするだろーけど、意味のわかる言語って時に脳みそに邪魔は邪魔。

      まあ素考えなので知らんけど。

      • 匿名 says:

        知識の有無に関わらず、誰もが往生を遂げられるよう、必死に知恵を絞り、かつ先導者としての傲慢さも排した、衆生平等の教えが「南無阿弥陀」だったかな。

        修行した高僧であろうと、悟りには至らない。仏の教えの意味を理解できる者など誰一人いない=人は皆、凡夫である。

        その境地に達したが故の形骸化が、法然の浄土宗の立着点なのだと個人的には思う。

        0
        0
      0
      0
    • 匿名 says:

      マヌケ外人 何でもすぐ捨てる

      日本人 未来永劫捨てない

      0
      7
    • 匿名 says:

      ラテン語じゃん

      0
      1
    0
    1
  2. 匿名 says:

    ああお経の事か

    0
    43
  3. 匿名 says:

    お経何言ってるかわからなかったけどインド語混じりだったのか

    • 名無しさん says:

      サンスクリットだったんだが中国に渡って
      色々翻訳されてる(らしい)
      あの三蔵法師が関わってる

      0
      0
    • 匿名 says:

      インド語(サンスクリッド語)だぞ。
      中国によるインド語の音写(聞こえたままをそのまま自国の文字で書き起こしたもの)をそのまま読んでる。

      2
      0
    2
    0
  4. 匿名 says:

    日本人は宗教を「胡散臭いマナー講師」くらいにしか思ってない。
    生活の中で役立つものでもないし付き合うものでもない。
    たまに格式ばった儀式に出る事になった際のマナーを決めてる存在ってだけ。

    • 匿名 says:

      日本人にとっての宗教は「新興宗教」。日本人はキリスト教もユダヤ教もイスラム教も仏教もヒンドゥー教も、宗教とは認識してない。これらは歴史・文化であり宗教には当たらず、宗教とは幸福の科学や創価学会やオウム真理教や天理教などの新興宗教のみを差し、ゆえに大半の人は押しなべて「宗教は胡散臭いもの」と考える。

      0
      1
    0
    1
  5. 匿名 says:

    お経わからなくないよ漢語だから読もうと思えば読める
    外国人には中国人以外読めないだろうけど
    外国語のままの方が神秘的じゃない?とかそんな理由で深い意味はないよ
    昔は上流階級は漢語読めるのが普通だったんだし

    0
    3
  6. 名無し says:

    真言宗のお経とか、サンスクリット語そのものじゃないけど日本の言葉でもない謎言語だからな

    1
    30
  7. 匿名 says:

    サンスクリット語の知識があるインド人からすると日本のお経のフレーズにはちょくちょく聞き覚えのある単語が入ってるってことか?面白いな。

    • 匿名 says:

      はんにゃーはらーみたーって聞いてわかるんかね?
      逆にすごいわw
      隠れキリシタンもなんかようわからん日本語の歌みたいになってるけど
      あれ、カトリックの本家の人が聞くとわかるみたいね
      スペイン語かラテン語かはわかんないけど
      すげーわー

      • 7cg3 says:

        サンスクリット語は
        ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてーはらそうぎゃーてーぼーじーそわか
        の部分だと思う
        観自在菩薩から即説呪曰までは漢文。三蔵法師(玄奘)が西域取経して訳したとか

        0
        1
      • 匿名 says:

        まじですか、、
        すごいし面白いですね。

        • 7cg3 says:

          YouTubeにチベット語の般若心経読誦動画とかありますよ。日本のどこかのお寺での交流イベントみたいな感じ
          ぜんぜんわからんけど終わりの方で「ガテガテパラガテ~(羯諦羯諦波羅羯諦)」と唱え出したので、ああやっぱ般若心経だわと思った。チベットも呪(真言)の部分は訳さずに音訳のようです

          0
          6
        0
        6
      0
      6
    0
    6
  8. 匿名 says:

    日本:翻訳されていない外国語の文章を使い、一字一字を古代の自国の発音で、誰も理解できなくなるまで読んでいこう”

    全然意味分からないんだが、皆理解してるの?

    日本人の大多数はイベント時だけ宗教取り入れて普段は無宗教ってパターンでしょ。

    • 匿名 says:

      イベント以外はありとあらゆる宗教的行為は一切しないとか、そんなの不可能やぞ

      1
      1
    • 匿名 says:

      仏教で読み上げるお経の元が、インドのサンスクリット語(翻訳されてない外国語の文章)
      それを文字ではなく、耳で聞いて、古代の日本人が中国から伝わった漢字を当て字していって出来上がったのが、現在に伝わるお経(一字一句を古代の自国の発音で)
      んで、現代でお経を読む一般人もそれなりにいるけれど、実際にサンスクリット語で表現しているお経の中身自体への理解は薄い(誰も理解できない)・・・って感じ?

      サンスクリットのお経>古代(当時の)日本の発音で記憶(耳コピ)>中国から伝わった漢字で当て字(四露死苦)>日本のお経の完成という流れ。

      0
      0
    • 匿名 says:

      外国人の言う「無宗教」って言葉の意味をよく知ろう
      彼らの内の大半にあたる一神教(キリスト・ユダヤ・イスラム)の文化圏にとって「唯一絶対の神」を肯定してない人は「無神論者」になり、そういう人の多い日本は「無宗教」と言われる。
      しかし実際には日本人の多くは仏教と神道の宗教徒と言ってよいくらいにその影響下にある。ただこれらの場合一神教と違って上の一人のコメに言うように「日本だけ宗教をツールとして使いこなしてる感ある」、つまり宗教が色濃く出てくる場面と分かれてる。
      一神教は神(人類をはじめとする万物の創造者)の下に人類はそのしもべという意識で、だから人類の支配者たる神の言うとおりに行動すべしって物だから善悪基準も神になる。神が良しと言えば黒人を人類扱いせず奴隷にしてもよく、神が悪といえば犬や猫に好かれてるだけの人を魔女と呼び火あぶりにする。別の見方をするなら一神教徒は神に判断基準を依存してるって事。
      仏教は善悪をはじめ行動基準を自分の内に求める。いうなれば自分の内深くに哲学しながら潜って行き結論を見出すもの。お釈迦様の「悟り」ってのもそういう事。
      神道に至っては人としての善悪基準とかほぼ関係なく絶対的な恐れ多い力を持つ神様(大自然などの未知なる力)とのお付き合いの仕方を作法・ルール化した物。
      だから仏教・神道「信者」が多い日本人の行動は一神教徒からは「無宗教」に見えるってだけ。

      6
      2
    • 匿名 says:

      日本人は無宗教っていうのは大きな間違いでは無いかも知れないけれど、少なくとも正しくはないですよ。
      それは日本人の宗教観があまりにも自然過ぎて自覚が無い事と、外国人が日本の事を良く知らなかった故の誤解です。

      日本人は八百万の神々とナチュラルに生き過ぎてて、”毎日お祈りをしなきゃ””これは食べて良いけどこれはダメだ”みたいな外国の宗教からすると宗教じゃなく見えるんです。

      0
      2
    0
    2
  9. 匿名 says:

    日本の宗教は神仏のためではなく人間のためにあるからな
    お経や祝詞は人間がその意味を詳細に理解して神仏を信仰するためのものではなく、「なんかそれっぽい儀式をするための言葉」としての趣が強い
    日常会話で使う言葉に訳すと「それっぽさ」が薄れて平凡になってしまうから、日本の宗教観には合っていないんだろう

    • 匿名 says:

      仏教に関していえばその通りだけど、神道には全く当てはまらないな。

      • 匿名 says:

        ですね。
        神道はあまりにも身の回りにも思想的にもナチュラルに溢れ過ぎてて意識していないだけ。
        つまり日本人は産まれた時から宗教の極意みたいな世界に生きてるんです。

        外国人からしたら日本人の倫理観って皆偉い宗教家レベルらしいですよ。
        国民総ジェダイマスターって訳です笑

        • クルンテープ says:

          日本人は天照大御神の子供ですから、
          日本の国旗は、その象徴で一隅を照らす光なんだと思う。

          0
          0
        0
        0
      0
      0
    0
    0
  10. 名無し says:

    昔からお経は翻訳して唱えればいいのにと思ってた。
    お経や念仏は発音も同じにしないと仏的な効力を持たないということなのかなあ。

    • 匿名 says:

      いやー、死んで仏様になってるご先祖様も生きてる人と同じ日本人だし、
      外国語のお経なんて唱えられても実は全く意味分かんないと思うよ。
      死んだら外国語が分かるようになるとも思えんし。

      0
      0
    • 匿名 says:

      翻訳すると意味が変わってしまったり違う解釈が独り歩きしてしまうのを嫌うみたい
      初めのころはサンスクリット語に翻訳することをかなり嫌がってたり議論を呼んでたらしい

      1
      5
    1
    5
  11. 匿名 says:

    信者が皆読んで学習しようって経典じゃないしな。
    坊さんが有り難いお経唱えてくれたら皆救われる他力本願のカジュアル仏教、つまり大乗仏教だし。坊さんは坊さんで一般大衆が理解できない読経ができることでドヤれる訳だし。
    日本に限らずタイなんかの仏教も一緒。

    • クルンテープより says:

      タイ語の半数以上の文字がサンスクリット語とパーリ語から由来で、タイ全土の各省の地名には3分の2以上がサンスクリット語とパーリ語が使用されており、お寺でお坊さんがお経を一節唱えると、唱和するスタイルなので、一般大衆には、書き言葉で難しい言葉だけど、日本よりも理解できていると思う。

      0
      0
    0
    0
  12. 匿名 says:

    生き方のガイドラインはすでに自分たちの中(習慣、観念、歴史)にあるのに、なんでツールである宗教をガイドラインにせにゃならんのかw
    もやもやして言語化(認識)できないこの思いはなんだ?
    ⇒ツール(先達の教え、歌、物語、宗教)を通して「こういう観念だったのか」と腑に落ちる
    あくまで認識補助の道具なのに便利だからか都合がいいからなのか、かそれ自体をガイドラインにしてしまってる文化圏も多いよな
    ツールである宗教を深く学ぶことで絵画や音楽、文学など表現が洗練される面もあるんだろうけどさ

    • 匿名 says:

      生き方のガイドラインはすでに自分たちの中(習慣、観念、歴史)にある

      これがこの星だととんでもなく特殊なんですよ。
      それって八百万の神々と歴史を大切にしながら生きて来た日本人だからこそ待てる感覚であって、胸を張ってそれを言える貴方自身が既に悟りを開いてるっていうのが真実なのかと。

      0
      0
    0
    0
  13. 匿名 says:

    欧州やあの辺で広まってる宗教
    ~~~みたいな事をして生きなければ非人間や!非人間だから家畜以下
    教えから外れるな!これは神の言葉である!!

    それ以外の地域の宗教
    楽に生きていく方法をまとめてみたよ
    これ以外にも楽に生きていけるならそれも歓迎やで!

    3
    5
  14. 匿名 says:

    お経は翻訳すると長くなって音読しにくい。
    和讃といってお経の思想を日本語の歌にしたものも平安時代からあり、あれも準お経と言えなくもないけど。
    仏教漢文もコツもつかめば読めるようになるのでそんなに難しくはない(自分も漢文でお経が読める)。
    お経自体の「日本語訳」が前近代だと江戸時代に少し試みられただけだったのは、文章が基本的にはお経の読み下しと同じ文語であり、お経の内容を知りたがるぐらいの知識階級なら用意に読み下して理解出来たからだろう。

    0
    9
  15. 名無し says:

    中国語で書かれたお経自体が、サンスクリット語を意訳と音写で混合したものだから、日本もバカ正直に音読みしないで意訳すればいいのに。
    もちろんインド固有のものは、中国のようにサンスクリット語を音写すればいいし。

    2
    2
  16. 匿名 says:

    日本も含め世界中どの宗教も成り立ちは似たようなものだけど、
    多くは組織化して体制への指標となって止まる。
    日本人は伝統に価値を見出す傾向が強いので、
    良くも悪くも人が織りなす伝統への趣向でしかないので何でもいいんですよ

    0
    4
  17.   says:

    >宗教観の話でいうと、チベット語も宗教観から独自の進化をしてる・・・

    日本もチベットも男性が受け継ぐY遺伝子が(モンゴロイド9%)のハプロタイプDだけあるなぁ。

    0
    7
  18. 匿名 says:

    本スレ>13の対極、韓国のみのだってバレバレだろ
    抱き合う勾玉は本来は縦になっている
    腐れ韓国の対極は横向きで風水的に大凶なんだよアホ
    中国がちゃんと躾けて正してやれよ

    0
    16
  19. 匿名 says:

    お経=マキシマムザホルモン
    聞いてても意味わからんが字幕つけてくれると意味が分かるw

    2
    7
  20. 匿名 says:

    光明真言梵語:オーン アモーグァ ヴィーロチャナー マハームッドッラ マニ パッドゥマ ジュバラ プラバルッタヤ フーン
    光明真言日本語:おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん

    般若心経結びの真言梵語:ガティー ガティー パラガティー パラサンガティー ボディスヴァ―ハ
    般若心経結びの真言日本語:ぎゃーてー ぎゃーてー はーらーぎゃーてー はらそうぎゃーてー ぼーじーそわか

    みたいなこと?

    0
    18
  21. 匿名 says:

    お経なんて宗教というほどのものでもない
    死者がちゃんと成仏してくれるようにガイドしてくれるのがお経
    まぁ送り出す側が心を鎮めるためのおまじないだよ

    3
    5
  22. 匿名 says:

    儒教はない

    0
    0
  23. 名無し says:

    卒塔婆に書かれてる梵字なんて古代インド語で現地では死滅した言語
    仏教の真言(マントラ)はサンスクリット語の音訳だもんな

    0
    15
  24. 匿名 says:

    無神論じゃねーよ
    無宗教なんだよ

    • 名無しさん says:

      日本の宗教観は欧米と異なりますが、無宗教という事ではない。
      塀に开や卍を描くだけで立小便されないのも、日本独自の宗教観によるものです。

      0
      0
    • 匿名 says:

      日本人の宗教感と外国人の宗教感が違い過ぎるだけですよ。

      初詣、お祭、お盆、節句、願掛け、どれも宗教行事ですし、
      お天道様が見てる/因果応報/利他の精神っていう感覚も外国人からすると宗教的な感覚です。
      しかも日本の八百万の神様は器量が大きい神様が多いので、イエス様の誕生日を祝っても怒りません。

      これでも自分は無宗教だ!って言えますか?

      0
      2
    0
    2
  25. 匿名 says:

    何だかよくわからんがヨシ!を地で行ってるイメージ
    何言ってるか分からないからこそ何か高尚な事言ってるんだろうなって感じで受け入れてる

    0
    22
  26. 匿名 says:

    なんつーか、素材の味をそのままにの精神では

    経典の内容の理解は坊主とか専門職がやって、庶民は説法を通してこれを知る
    そんでありがたい(らしい)お経は
    読経や写経においては、その音韻や文字を改めると神秘性が損なわれる気がするから敢えて日本語に直さんでおく
    実際どうだか知らんが

    0
    19
  27. 匿名 says:

    日本人は最後には神道の八百万の神の概念に行き、なんでも並列神様の一つなのでとりあえず拝んでおこうという意識だからな。
    なので神といっても西洋でいう絶対神はいないし、無神論者ともとれるが、といって無神論者のように神を信じずに山を荒らしたり、ポイ捨てすることには抵抗感をもつ、どこかで神様がみていて神罰が下ると思っている
    どう考えても日本人の大半は神道的価値観に基づく宗教観を持っている

    •   says:

      不法投棄をさせないために勝手に作った何の所縁もない鳥居でも、あるとなんとなくゴミを捨てられなくなるのもそうだな
      それをあちらさんで単なる「迷信」とくくられてしまうのが解せないが

      0
      1
    • 匿名 says:

      ・お天道様が見ている
      ・因果応報
      ・利他の精神
      この辺の意識は日本人は本当に強いですよね。
      そしてそれはこの星ではかなり特殊です。日本にいるとあまり意識しないですけど、ガチで国民の大多数が、海外のかなりレベルの高い宗教家みたいな境地に達してると思いますよ笑

      0
      6
    0
    6
  28. さて says:

    言霊を知らない人達が多過ぎる。
    一文字一文字に力があって訳せとかそういう事じゃないんだよ。

    0
    19
  29. 匿名 says:

    それなw
    儒教なんかねーよ。
    どっから引っ張り出してきた?って思ったわ。

    • 匿名 says:

      儒教は確実にあるよ
      年寄りを敬うとか、兄貴を立てるとか
      お前さんが考えている半島のアレとは微妙に違う
      あと神道との親和性が高くて陰陽道にも影響を与えたのよ?

      0
      0
    0
    0
  30. 匿名 says:

    昔からお経はライブ感が大事にされたんだっけか?

    1
    11
  31. 匿名 says:

    ここのコメ欄の、理解度(噛み砕いた説明)が物凄く参考になるww
    でも、「これでいいのだ」が結論になってる気がしないでもないけどw

    • 匿名 says:

      それこそが日本人の宗教感ではw

      神道と大乗仏教のミックスって感じですかね。

      ニコニコ笑ってる八百万の神々が浮かんだら、外国人からしたら貴方は無宗教ではないですw

      0
      2
    0
    2
  32. 匿名 says:

    幽霊が出たら、とりあえず「なんまいだぶ、なんまいだぶ、って唱えていれば消えてくれる、くらいの知識しかない。

    2
    2
  33. 匿名 says:

    繰り返しているうちに心が空っぽになって解脱へとつながる
    のかもしれないが
    よくわからないものに神秘的な響きを感じる中二的な感覚が当時からあったのかも

    2
    8
  34. 匿名 says:

    昔、音痴のお坊さんがどうしてもお経を上手によめなくて、お坊さんになるのを諦めたって話を聞いた事がある。
    若い頃はピンと来なかったんだけど、年食って身内やら近所知人のお葬式に再々行くことになってお経を何度も聞いていると、やっぱり上手い下手があるんだよね。
    下手なお経は何となく有難み的なものがない。
    上手いお経は聞いてると頭空っぽになって「無」になっていく感覚がある。お経の意味が分かったら、この「無」な感じはなくなっちゃうんじゃなかろうか。
    知らんけど。

    • 匿名 says:

      仏の教えって、最終的には「無の境地」に至るようなものだから、言葉で説明できんのよね。
      お経は仏様の教えのテキストだけど、たいてい最後には「言葉では説明しきれないから実践あるのみ」って感じで終わる。

      なので、お坊さんたちは念仏をひたすら唱えてトランス状態になって無の境地に至ろうとする。
      したがってお経が意味不明の呪文であっても、何の問題も無いし、むしろそっちの方が好都合なのである。

      0
      7
    0
    7
  35.   says:

    お経は脳のマッサージだから、響きが重要、その細かな振動が耳から脳へ伝わり、いい影響を与えるw

    0
    2
  36. 匿名 says:

    儒教は学問として日本に伝わってきたし朱子学って新しい学問に変わった
    宗教というよりは思想の一部が日本人に少しだけ残ってる感じ
    仁、義、礼、智、信の五常、これが儒教
    一般的でない事は確か

    0
    5
  37. 匿名 says:

    仏教の事か、返り点を使った読み下しってのがあって、幾つかの用語を憶えれば読める。
    門徒物知らずなんで深くは読んでないが、日本語の念仏の中に要約が入っている。
    漢字を忘れたミンジョクには判らんのだろうな~
    神道の事にも触れているか、平安文学より古い日本語なので、理解できるぞ。

    0
    3
  38. 匿名 says:

    日本に神道と仏教徒はいても儒教は超極々少数だろ。知ったかぶりしやがって

    2
    7
  39. 匿名 says:

    宗教や宗派、個人に依って異なるけど日本人って「個人を超越したものは神」、例えそれが敵でも味方でも善でも悪でも福でも災いでも…、そこに仏教的な考えで「煩悩を捨てる=仏」みたいな解釈で育ててくれた両親は勿論、幼く亡くなった子でも尊い存在になったと。
    取り敢えずメソメソ泣くより前向きな良い考え方だと思う。

    0
    3
  40. 匿名 says:

    日本の伝統的な宗教は仏教。神道はおまじないとか慣習の域を出ない。
    天皇もずっと仏教徒だった。

    5
    0
  41. 匿名 says:

    残念ながら儒教あるんだわ
    昔の日本仏教の教科書の一つに儒教入ってる
    先祖を敬う墓参りなんかまさにそれな

    サンスクリット語由来は密教だよな
    音に意味があるんだったような

    • 匿名 says:

      儒教は死後の世界は扱いません。

      0
      0
    • 匿名 says:

      日本の儒教は福沢諭吉みたいに中華の影響を良しとしなかった人間もいるくらいなので学問レベルで止まっている。これが宗教や社会儀礼レベルにまでなっていたら中韓みたいに年上なら無条件に敬ったり威張り散らして良い文化になっているよ。

      2
      2
    2
    2
  42. 匿名 says:

    毎月正信偈を読経していたら、ムスリムの気持ちが少し判った気がする。
    ユダヤ教で言う所の「先祖代々の言葉」よりも、発音まで正確に判る言語としては、神道の祝詞が古いんじゃないかな。
    口頭伝授と宣命体の文書があるから、これで万葉仮名が解けたわけだが。

    0
    3
  43. 匿名 says:

    「唐音で正しくお経を読みましょう」運動があって、日本語の方に唐音が加わったから、仏教経典の読みは、古代日本語の発音とは少し違うんだな。
    日本人でも知っている人は少ないだろうけど。

    0
    2
  44. 匿名 says:

    死ぬまで追い求めるにはミステリアスでないとなw

    0
    0
  45. 匿名 says:

    サイトウ寝具店(sightseeing)と同じ匂いがする。

    0
    0
  46. 匿名 says:

    子曰学而時習之不亦説乎から学習って言葉が出来たから、最初はマジナイでも何でも良いから読むところから。

    0
    0
  47. 匿名 says:

    本人が無神論者や無宗教者だと言っても、何かを無意識に信じてたり、信じようとしてたりする日本人。(ツンデレのときもある。全人類そうかもしれない。)

    本当の無神論者や無宗教者は嫌われる。
    伝統的なものを破壊したがるし、尊重心がなく、無作法だから。
    原理主義者も破壊したがるから嫌われる。

    2
    9
  48. 匿名 says:

    一神教は俺らの宗教以外全部クソって言ってるようなもんだからな
    日本の懐の深さが理解できないんだろう

    0
    11
  49. 匿名 says:

    般若心経とかpaññā Pāramitā 心経だからな。
    (サンスクリット語で事物や道理を見抜く深い智慧を意味する語)
    (サンスクリット語で悟り・彼岸に至るための行為を意味する語)
    心経(重要な教え)

    0
    1
  50. 匿名 says:

    宗教をツールとして使うのであれば、
    他の人が他のツールを使っていても受け入れられるが、
    人生のベースにしてしまうと、宗教の否定が、
    その人の存在の否定になってしまう
    行き着く先はならば戦争だしかない

    0
    8
  51. 匿名 says:

    自然との関わりは神道で、人と人の関わりは仏教で、組織を形成するときは儒学と。
    道・教・学って所がミソ、日本教は優柔不断だんですw

    3
    0
  52. 匿名 says:

    確かに意味不明な文化だよなぁ
    素読の文化とかもこれと関係してるのかも

    0
    0
  53. 匿名 says:

    いやそんなことを言えば梵字なんておそらく本場インドでも廃れてる文字を
    現代でも卒塔婆とかで現役で使ってるぞ、日本は
    日本人的には仏教の教えなんかどうでもいいというか
    細かいことは坊さんが説法と言う形で教えてくれるんだから
    原典なんか気にしてない
    だいたい釈迦が言ったとされるのは色即是空空即是色くらいで
    後は全部後の人の解釈だろう

    0
    2
  54. 匿名 says:

    結果、
    日本だけ手ぇ10本あるし
    頭に木ぃ生えとるぞ!
    なんか一番効いてるかも!?
    (0゚・∀・)wktk

    1
    1
  55. 匿名 says:

    他の宗教は聞きかじった情報だけでピンと来るのに、日本だけ東大生の小論文くらいピンと来なくて草
    葬式の時の宗派くらいしか他者と共有しないから、家族内か古い地域内でしか宗教を言語化しないせいで、一般的には自身が触れたイメージで宗教を捉えているからかも知れないw

    0
    0
  56. 匿名 says:

    宗教は一神教ですら全て根源的には人間と自然(宇宙の摂理みたいな意味での。≒一神教の場合それを生み出したと人間が想像し設定した創造主)との関係を示してる。

    原始的な宗教がほぼ全て身近な自然崇拝な理由がこれで一神教も教義が成立する以前の発生当初には自然崇拝や自然に対する畏怖を慣習法的に説いてる。有名なイスラムの戒律なども当初の意味は厳しい砂漠地帯で生きる為の殆どが生活の知恵。

    現代宗教(キリスト教などやもっと現代の新興宗教含めほぼ一神教か神の生まれ変わりを崇め畏れよとするもの)は教義が成立する過程で統治や教化の必然性から人を説得するための学問や論理構成を都合よく誤魔化し作ってるが言語の様式化や形式化と言うのはそれらを伝える意味での言語としては意味の無い記号化することで逆説的にその根源的な部分で感覚でしか捉え難い訳のわからないものへの畏怖や信仰などのエッセンスのみ抽出出来る手法だと思われる。これは高尚に見せかける為に宗教関係者側がわざとそうした部分もあると思われるが結果として「何かわからないが有り難いもの」と言う事を受け入れられる素地が無いと成立し難い。良く言われるように平均的日本人は宗教者から言わせれば無神論者で科学的なのに、世界の中でも迷信深いほうで暗いトイレに行くのに存在を信じ無いオバケを怖がり幽霊は非科学的と考えつつもある意味で霊魂は有りそうだと思いそういう事もあるかもと潜在的に思っている一見矛盾した感覚を持っている。
    これは無神論者と言われるのに生活の節目には未だに神社やお寺へ行く事と無縁ではなく単によく言われる宗教ではなく生活慣習に近いと言うだけでは説明不足。

    結論言えば教育が行き届き科学的で地球が丸いとほぼ100%が信じる日本と言う国は世界でも有数に自然が良い意味でも悪い意味でもすぐ近くにあり人間の思惑とは無関係に恩恵や災害を起こす絶対存在だと無意識下で刷り込まれてるからと思われる。この為に言われなくても潜在的に自然を畏怖していて畏敬している。日本の宗教はあえて言うなら仏教ではなく神道だけどほとんど強制力もなく生活にも無関係(神道も氏子制があり祭りと密接な関係はあるがお墓と密接な関係をもつ檀家制の仏教のシステムほど現代では強くも無いし物理的に破棄しやすいシステムなので本来歴史の中で衰退して存続してなくてもおかしく無い)のに未だに敢えて日本の国の宗教と言えば神道になるのは単に天皇陛下が祭祀トップだからではなく日本人がこの生活慣習的な人間が共生の為に決めた形式や様式の決め事の背景に古代から続く人間の思惑とは無関係な自然を通して絶対無二なもの、宗教で言う絶対神、哲学的な絶対存在、大いなる意思や存在とでも言う訳のわからない論理的には説明のつかないものを潜在的に見ているからだろう。

    現代宗教は教義を成立させる過程で人間の思惑を取り込んだので本来の姿から遠く離れたが神道と言う現代の概念では宗教なのかも怪しいものが世界でも稀なほど現代まで原始的な宗教の形を形骸化したカタとすることで概念として存続させているのは一部の現代社会と隔絶された部族レベルの宗教以外現代社会では稀有な例なのでそう言う意味で特殊と言える。

    2
    2
  57. 匿名 says:

    そもそもお経ってのは「生き方」を説いたもんだ。
    こういう風に考えなさい、こんな事はやっちゃいけない、そんな事が書いてある。

    死者を送る呪文じゃねえぞ。

    0
    3
  58. 匿名 says:

    お経は呪文だし使ってる梵字はファンタジー的なルーン文字みたいな物であって、言語ツールとして持ってきた訳じゃ無いからなぁ。
    読経はお堂の中で響かせて一種の催眠誘導とか引き越すような感じになってて軽いトランスみたいな状態にもっていくとか言われたりするんで、あれは読み上げたときの響きを重要視してるんだと思われる。
    別に紙の上では訳した物とかあるしなぁ…

    0
    2
  59. 匿名 says:

    現代インド人に2万人近くサンスクリット語話者が存在するらしいが日本のお経を聞かせてどんな反応するか見てみたいな
    まさかの大体わかるだったら面白い

    0
    4
  60. 匿名 says:

    ぎゃーてーぎゃーてーはらぎゃーてーなんて言われてもわからんしな
    神道は神道で、詔の昔言葉なんて今と意味が違うのが多いから完全に理解するのは無理だし

    0
    0
  61. 匿名 says:

    神道は仏教みたいに派閥がない。
    商業主義ではないってことだ。

    2
    1
  62. 匿名 says:

    いや、もとい。
    神社も色々あるし、鞍替えも普通にあったな。

    0
    3
  63. 匿名 says:

    まぁでも税金払えとは思うけどね

    0
    3
  64. 匿名 says:

    お経のことか?般若心経は中国の漢文読んでますけど別にみんなが知らんだけで結構何割かのお経は日本語で読んでますけど?
    真言宗だと般若心経秘鍵とかさあ。とげぬき地蔵行ったら延命地蔵菩薩経を書き下し文で読んでたぞ。
    浄土真宗は儀式のときはほとんど親鸞聖人のお言葉だし浄土宗も一枚起請文読みますやん。
    日蓮宗も法華経書き下し文で読むこともあるし御書とか言って日蓮聖人のお言葉読むやんか。
    ぜんぜんちゃうやんか(笑)

    2
    0
  65. 匿名 says:

    声の良いお坊さんの読経は聞いてて意味分からんけど癒される
    読経の上手い住職には今でも固定ファンがいたりするし
    娯楽の少ない昔には尚のこと宗教もある種の娯楽だったんだろうと思ってる

    • 匿名 says:

      娯楽というか癒しの部分はあったかも。実家の菩提寺の僧侶、声が麒麟の川島にそっくりなんだけど、葬儀であげてもらったお経の声に物凄く癒され、有難い気持ちでいっぱいになった。

      0
      0
    0
    0
  66. 名無し says:

    仏教のお経ってインドから持ち帰った中国僧侶が
    中国語訳をした物って認識しかなかったが、意味を訳した物もあるけど、
    音を当てた翻訳もあるんか?サンスクリットの言葉があるって事は

    1
    0
  67. 匿名 says:

    幼稚園の時、意味の分からんお経を園児は面白がってすぐ覚えたな。
    意識としては♪ポケモン言えるかな?と同等の覚えるゲーム。
    ギャーテーギャーテーハーラーギャーテーなんて一生忘れんだろうな。
    「往き往き、彼岸に往けるもの、その者こそ悟りである。幸あれかし」
    だったら忘れたかも。

    0
    1
  68. 匿名 says:

    毘盧遮那仏と大日如来、サンスクリット語当て字と意訳。
    広く遍く照らす者を太陽の上位的な存在と考え大日と超訳。

    0
    0
  69. 匿名 says:

    神道は社会宗教だから、個人の救済のために聖徳太子は仏教を導入した

    0
    0
  70. 匿名 says:

    まあ日本式仏教のことだよね。
    般若心経なんて意味忘れても唱えてる人いるし、南無阿弥陀と唱えれば極楽浄土へ行けるインスタントな宗教。

    “翻訳されてない外国の文章を自国の古代の発音で誰も理解できなくなるまで”
    まさしく正解。外人の方が理解してるな。

    0
    1
  71. 匿名 says:

    クリスマスなんかが生活文化・メディア文化に受容されているのは残念ながら日本がアメリカに戦争で負けて占領されてたからってのが大きい
    商業戦略にしても何故ブッダの誕生日ではなく キリストの誕生を祝う日を選んだのかって話
    日本人にとっての神社は有形・無形の民俗文化遺産 
    そこには教義もなく 創生神話も知らないし祭っている神の名前すら知らない人が殆ど
    そもそも日本神話等と神社との繋がりを知っている人のほうが少ないだろう
    完全に宗教的段階を超えて世俗的・文化的な存在になっている

    仏教もほとんどの日本人にとっては文化的存在にはなっている
    自分の家の宗派とか知らない人間も多いだろ 仏教の経典の意味も知らないが儀礼的に仏教を採用している それが伝統的文化だからね

    世界中のすべての人間が不可知論か無神論になればいくらか世界は平和になる
    全ての宗教が信仰的段階を超えて近代化に適応し世俗化=文化的存在になれば良い

    あらゆる「神」は「ハリー・ポッター」と同義である

    1
    0
  72. 匿名 says:

    阿耨多羅三藐三菩提
    阿耨多羅三藐三菩提
    レインボーダッシュ!
    セブン!

    日本ではこんな子供向けヒーローものテレビ番組が成り立つ!

    0
    1
  73. 0
    0
  74. 匿名 says:

    サンスクリット語=梵語はインドでは使われなくなってしまっている言葉だからね

    0
    2
  75. 匿名 says:

    お経の話?

    0
    2
  76. ポム says:

    宗教ってさー、日本人には向いてない。
    だって津波きたら、みーんな他界しちゃう、それ拒む余裕すらない、
    他宗教の方々は、自宗教以外をやってる人間は認めない。

    根本的に考え方が全く違う。

    0
    0
  77. 匿名 says:

    インドの古代文字を今でも使ってるしな

    0
    2
  78. 匿名 says:

    原典の音の響きを大切にした、というだけの話なんだが、、、
    意味はお坊さんが指導できるわけだからな

    0
    3
  79. 匿名 says:

    お経やし
    あれ完全に当て字だからその漢字に意味ねえし

    0
    0
  80. 匿名 says:

    サンスクリット語だけではなくて、上座部仏教の経典はパリ―語も多いので、日本の学僧は高確率はこの2つが読める。そんでもって、インドの仏教寺院の聖典にはしばしば、日本語のメモが端書されているとインドの坊さんに聞いたことがある。これは、日本ぐらいまで流れてきた写本を落書きまで含めて写本したからなそうな。

    0
    0
  81. 匿名 says:

    それはあまり一般的な考えじゃないかもです。
    お経全体は確かに意味不明ですけど、お経から派生した4文字熟語とか諺とかそれこそ単語とか、、生きる教訓として生活のあちこちに散りばめられてますよ。
    そして漢字そのものに含有されてる意味もまた生活に根付いています。(人と人が支え合って人、とか)
     
     まあ、仰るような感覚っていうのは外国人がよくいう、
    ・日本人は無宗教に見えるけど実は自然過ぎるくらい神様と一緒に生きてる。
    ・日本人は自分達の特殊性に気づいていない。
    とかとかにまさに当てはまってると思います。教訓ぽいのがウザいからそう感じるんでしょうね。

    0
    0
  82. 匿名 says:

    日本は無自覚のまま八百万の神々・・・神道のフォーマットの上に外来宗教が乗っかっているのだよ。
    イスラムが来たら、自称唯一神の八百万の神々の一柱にすぎない。

    • 匿名 says:

      今の神道のフォーマットは古いように見えてかなり新しいのよ。
      明治時代に無理矢理に作ったモノばっかりだしね。  
      ミジャグジ様や出雲大社みたいに神道のフォーマットから外れた古い信仰もちゃんと残して伝承されているわけやからね。古事記や日本書紀の段階ですでにいろいろな捏造や隠蔽が行われているから、今の日本人からしたらどういう信仰なのか概要も朧なんだけどね。でも、出雲だけは神在月だし、タケミナカタはどう見てもミジャグジ信仰の原型をとどめてないいない雑に作られた疑神なのよね。

      0
      0
    0
    0
  83. 匿名 says:

    つまり、「考えるな。感じろ。」って事ですね(テキトー

    0
    0
  84. 匿名 says:

    創始者が誰なのかわからなくなったら宗教として一歩前進

    0
    0
  85. 匿名 says:

    仏教伝来以前、神道の源流となる縄文時代の宗教観とか調べてみるとめっちゃすごいで。
    おそらく宗教の完成形で、神や仏の様な偶像崇拝は退化だということがよく分かる。

    0
    0
  86. 名無しさん says:

    上に書かれた日本以外の宗教の「神」って全部同じじゃん。
    呼び方はどうあれ、みんなエホバだろ?
    そして「神は自分に似せて人を作った」ってことだろ?
    「群を抜いて」ってあるが、群じゃないじゃん。

    1
    0
  87. 匿名 says:

    え、あれって今でもサンスクリットとして通用すんの?
    ほんまか?

    0
    1
  88. ななし says:

    翻訳してしまうと、翻訳者の考えやその他諸々が入ってしまうから
    原典がある物はそこに返って各々が読み解く方が好ましい気はする。

    0
    1
  89. 匿名 says:

    違うだろ。そもそも神道には教典なんてない。
    天然自然や歴史上の偉人全てが神様。
    聖書パクった復古神道あたりからは違うけど。

    0
    0
  90. 匿名 says:

    サンスクリット語を卒塔婆にプリントアウトするあたり、日本っていいなあ。

    0
    3
  91. 774 says:

    神道「言葉は要らない。ただ清浄であれ」

    0
    2
  92. 匿名 says:

    梵語とか使ってるもんな。意味不明でも

    0
    1
  93. 匿名 says:

    ちな、卒塔婆の梵字(悉曇)は筆書きで縦書きになってるだけで
    インドで一番メジャーなデーバナーガリ文字とほとんど変わってない。
    ヒンディー語話者のインド人なら余裕で読める。

    0
    0
  94. 匿名 says:

    親鸞も聖書は研究済みだから知らずにキリスト教は受容してると思う。だからペテンにかかってないんだと思う。

    0
    0
  95. 匿名 says:

    そりゃ、台風来たら死ぬし、地震来たら死ぬし、火山噴火して死ぬし、雨降ったら死ぬし、干ばつで死ぬし、疫病ですぐ死ぬ、飢餓ですぐ死ぬ、とにかく日本に住んでるだけですぐ死ぬんだからある程度大らかじゃないと信仰なんてしてらんないよ。

    • ながー says:

      笑 それ日本でなくても起きるし
      それでも宗教の始まりは過酷な環境だったから生まれたんだよ。
      中東のあの辺り見てごらんよ。砂漠やで。
      人をまとめるために出来たいい教えを書いてるしコーランなんかは合理的だよ。

      そもそも日本はすぐに死なない土地。水も魚もあるし山へ行けば山菜がある。
      自然に恵まれてるから、自然に感謝して大切に利用してきたからいっぱい神様がいるの。

      0
      0
    0
    0
  96. 匿名 says:

    正月とかに聞く六段の調べもグレゴリオ聖歌説あるしな

    0
    0
  97. 匿名 says:

    7世紀に神仏習合した過去の日本人。聖徳太子が仏教の毘沙門天に祈願したり。聖武天皇が疫病退散の為に奈良の大仏(毘盧遮那仏)を建造したり、爺さんたちが唱えた
    「神様仏様」は無宗教の唱えごとじゃない、神にも仏にも敬意を表していたご先祖様の賢さの表れ。

    0
    0
  98. ネトヲヨ says:

    的外れなガイジンの指摘と、
    ガイジンの『宗教観』を知らない日本人のコメント。

    『豚肉を食べちゃいけない』教義って。。。
    嗤うしかないないだろ。

    『進化論』が教義に反してる『宗教』ってアタマ悪過ぎ。

    日本人にとっては、『宗教』は『道徳』。
    時代の現実に沿わない『規則』ではない。

    それだけのこと。

    0
    0
  99. 匿名 says:

    日本の神は天皇なんだよ
    天皇陛下を信仰しているから他の宗教なんかどうでもいい感じになっている
    もし、天皇が居なくなったら日本はガチで宗教で争いが起きると思う
    日本が平和なのは天皇陛下のおかげ
    天皇陛下万歳!万歳!万歳!

    0
    0
  100. 匿名 says:

    日本の宗教感を簡単に表すと、有難いと何でもあり

    0
    0
  101. 名無しさん says:

    日本ってのは仏教のことを言ってんのか? 
    「自分の論理は正義、それ以外は悪」としたのは
    ツァラトゥストラ(ゾロアスター)
    ヨーロッパ、中東の宗教の根っこはこれ。善悪の二択。

    0
    0