海外「日本に開国をせまったのは黒船来航だけではない」19世紀後半まで開国先延ばしにしてきた稀有な国

おすすめ記事(海外の反応アンテナ)

RSS ピックアップ(外部サイトへ移動)
RSS 【海外の反応】 パンドラの憂鬱
RSS 中国・韓国(人気) | 海外の反応アンテナ
RSS VIPPER速報
RSS しぃアンテナ(*゚ー゚) | アジア・翻訳
スポンサーリンク

How Europeans Tried to End Japanese Isolation – Colonialism DOCUMENTARY

1海外の反応を翻訳しました : ID:

鎖国をしていた日本に開国をせまったのはペリーの黒船来航だけではない
それまでにも実に様々な国が日本を開国させようと試みていた
・島原の乱以降、徳川は鎖国政策を強め出島のみを世界の窓口として残す
・出島を通してオランダと交易を認めるも、徹底した武器や宗教の排除
・アイヌの人とは砂金や魚類を「場所」で交かん
・ラクスマン、ニコライレザノフを派遣して、ロシアは日本へ何度も通商要求
・ペリーが開国をせまるまでの200年間、日本に開国をせまる企てはいくつもあったのだ

2海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の鎖国という独特の歴史は、いつも私を魅了する
世界がグローバル化し、工業化が進む中、日本は「ノーサンキュー」と言いながら
19世紀後半までそれを先延ばしにしてきた稀有な国

3海外の反応を翻訳しました : ID:

私は思い違いをしていたようだ
日本の人々は長い鎖国のためアメリカ独立戦争、フランス革命、クリミア戦争などについて全く知らないのだと思っていた
だがこの動画を見て日本は鎖国の間も外国の情報を仕入れていたのだと知ったよ

4海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の鎖国政策は、実はアジアのいくつかの国ではまだかなり人気があり、今でも同じような手段で外国の影響を排除しようとしている国はあるよ

5海外の反応を翻訳しました : ID:

鎖国がなかったら、日本は今どうなっていただろう?

6海外の反応を翻訳しました : ID:

ヨーロッパ人が信用ならないのはわかるが、外部の脅威に対して閉じこもり自国が弱体化してしまうのは愚かなことではないか
貨幣を取引しながら、言語、文化、技術、武器について学べば、発展が早まっただろうに

7海外の反応を翻訳しました : ID:

島原の乱のくだりをみるとわかるが、貿易と共にキリスト教を広めようとしたのがまずかった
日本の支配者を認めた上で貿易を交渉していれば違っていたのでは

8海外の反応を翻訳しました : ID:

外からの連中が、キリスト教を押し付け、日本の神を否定したことに抗った結果の孤立なのか

9海外の反応を翻訳しました : ID:

ペリーが日本との貿易を望んでいたかどうかは不確かなところだよね
貿易ではなく基地が欲しかっただけか、捕鯨などを狙っていたか

スポンサーリンク
RSS まとめたった速報 まとめアンテナ
RSS 憂国あんてな (総合)

10海外の反応を翻訳しました : ID:

200年以上鎖国を続けていた日本を初めて開国させたのがアメリカだったなんて!

11海外の反応を翻訳しました : ID:

>>10
動画ちゃんと見たのか?日本に貿易を強要した最初の国がアメリカだってことだよ
動画をみればアメリカより先にオランダが何世紀も日本と貿易していたことがわかるだろう
さらに言えば、日本は鎖国をしていたにもかかわらず、清国や朝鮮半島と最低限の貿易を続けていたんだよ

12海外の反応を翻訳しました : ID:

日本は紀元1世紀から中国と貿易をしているし、オランダ人は日本と最初に貿易をしたヨーロッパ人ですらなかった
最初に日本と貿易したのはポルトガル人だったと動画で明確に述べられているよ

13海外の反応を翻訳しました : ID:

トスカーナ大公国は、ヨーロッパで2番目に日本人と贈答品の交換で関係を築いた国であることに触れてほしかったよ
イタリアのイエズス会士を通じて、大公国は新しい通商路を開こうとしたが、結局、国内の混乱で失敗したんだけどね
その全貌はフィレンツェの異国情緒溢れる品々の博物館で見ることができるんだよ

14海外の反応を翻訳しました : ID:

これだけの長い関係を築きながら、太平洋戦争で日本人とオランダ人が敵対することになったのは、なんとも皮肉な話だな

15海外の反応を翻訳しました : ID:

いや、戦争ってそういうもんだろ
世界中で昨日までの友好関係が戦争により一夜にして崩れ去る例はいくらでもある

16海外の反応を翻訳しました : ID:

オランダ「我々はプロテスタント、貿易を続けてもあなたたちに脅威はありません」
アメリカ「我々はプロテスタント、最強の銃を持ってやってきた」

17海外の反応を翻訳しました : ID:

鎖国を終わらせ、産業革命で新たなライバルを生み出したんだな

18海外の反応を翻訳しました : ID:

次に来る明治維新は、日本が西洋との衝突に直面した魅力的な時代だよ

19海外の反応を翻訳しました : ID:

日本は本当に面白い国だな
外からの影響に対して組織化して対抗し、これほどまでに強いのは不思議だ

20海外の反応を翻訳しました : ID:

ロシアが通商要求をして、半年以上待たされてNoと言われたってのが衝撃

21海外の反応を翻訳しました : ID:

ヨーロッパ人:ハーイ!
日本人: どうもこんにちは
私たちは古いしきたりに従う流れで生きております
新しい方法が入ってくるのは、その時の流れに逆らう、罪なのです
お引き取りください

22海外の反応を翻訳しました : ID:

アメリカが銃を突きつけながら偉そうな要求するってのが、今と全然変わってないな

引用元:youtube

コメント

  1. 匿名 says:

    つまりアイヌは侵略者ってこったな()

    5
    15
  2. 匿名 says:

    相変わらずキリスト教の日本人奴隷売買には触れないんだなw

    2
    67
  3. 匿名 says:

    いいオチがついたな。

    1
    14
  4. 匿名 says:

    アメリカは油のための捕鯨の寄港地に日本を利用したかっただけ

    ベトナム戦争でのナパーム弾や枯れ葉剤の非人道的な行為を世界から批判され
    世界の批判の矛先を日本にずらすために
    1972年の国際連合人間環境会議で反捕鯨を推し進めたのもアメリカ

    3
    50
  5. 匿名 says:

    ロシアも帝国時代はアメリカなどよりはるかに話の分かる相手だったのにな
    共産主義というのは本当に地球のガンだ

    • 匿名 says:

      江戸時代にロシアとどんだけ軋轢が有ったのか知らないのかよ

      • 匿名 says:

        国家間なら軋轢自体はあって当然だろ
        比較の問題に決まってるだろ
        領域や利害がぶつかってる国同士で軋轢がまったくないことを望むとか頭お花畑のアホなのか

        2
        1
      2
      1
    • 匿名 says:

      歴史見てるなら解るはずだが、まともなのは帝室だけで、ロスケ自体はクズだぞ。
      言い方が悪いなら品のない田舎者。身内贔屓という社交性だけで、社会性の欠片もない。
      知り合ってみればイイヤツだの根は悪い奴ではないってのは、この手合いを意味する。

      5
      1
    • 匿名 says:

      帝室なんて全く使えないせいで、その後の時代すら日本を完全に舐めて艦艇の更新もせず、兵士の教育も満足にやらず、現場の指揮官たちが散々皇帝に日本が近代化して戦力ヤバいから更新して!って言ってるのにガン無視した結果、日本はロシアの共産主義者を支援して革命を煽動し、結果日露戦争で勝ってしまったくらいには無能だぞ。
      そして共産主義はガンと言うが元を辿ればソ連中国と共産主義を育ててしまったのは日本だぞ。

      0
      3
    0
    3
  6. 匿名 says:

    アメリカは開国以来、一貫して日本の敵なんだけど戦後は分かってない人間が多い。

    • 匿名 says:

      違う
      アメリカは一貫して「共産主義と敵対する立場を取っている」

      で、当時日本に割譲された遼東半島に国民党軍が攻撃を仕掛けてきた
      日本はその反撃として国民党軍を掃討していた被害者側

      当時の中国は国民党と共産党で対立をしていたわけ
      だからアメリカは誤解して、国民党軍をつぶしている日本は共産党側なんだ、と勘違いしたんだよ
      実際には国民党側が遼東半島を取り返そうと日本側に攻撃してきた事が原因
      この話の根拠は「ジョン・マクマリー報告書」
      中国が日本に嫌がらせしてた事が原因だと言っているからね

      で、遼東半島は下関条約とポーツマス条約で清側からの申し出で日本に割譲されただけ
      日本が奪ったわけではない
      元々日本は朝鮮を独立国家として存続させる事を目的として活動していたら、清とロシアが朝鮮を取ろうとしていたから日本がそれを阻止していただけ
      その結果遼東半島が割譲されただけだから、日本に侵略の意図なんてなかったんだよ

      0
      0
    • 匿名 says:

      違う
      アメリカは一貫して「共産主義と敵対する立場を取っている」というだけ
      当時日本に割譲された遼東半島に国民党軍が攻撃を仕掛けてきた
      だから日本はその反撃として国民党軍を掃討していた「被害者側」

      当時の中国は国民党と共産党で対立をしていたわけ
      だからアメリカは誤解して、国民党軍をつぶしている日本は共産党側なんだ、と勘違いしたんだよ
      実際には国民党側が遼東半島を取り返そうと日本側に攻撃してきた事が原因
      この話の根拠は「ジョン・マクマリー報告書」
      中国が日本に嫌がらせしてた事が原因だと言っているからね

      で、遼東半島は下関条約とポーツマス条約で清側からの申し出で日本に割譲されただけ
      日本が奪ったわけではない
      元々日本は朝鮮を独立国家として存続させる事を目的として活動していたら、清とロシアが朝鮮を取ろうとしていたから日本がそれを阻止していただけ

      • 匿名 says:

        侵略、植民地搾取、劣悪な人種差別や
        共産主義と大差ない鬼畜な事してたのがアメリカなのに
        共産主義と敵対ガーとかなんの意味もない笑える言い訳
        共産主義持ち出せばアメリカが綺麗な国だったかのような歴史捏造できると思ってんのか

        戦後日本から引き継いだパラオでも、日本が作ったインフラ壊して反日教育したのがアメリカ(パラオ人達は騙されずに反発してくれたが)

        • 匿名 says:

          アメリカが綺麗だったなんて一言も言っていないが
          事実として、アメリカの方針がそうだったと言っているまで
          ベトナム戦争、朝鮮戦争も常に対共産主義の立場であった事は事実
          イラク戦争でも民主化を推奨して独裁を嫌っていた

          アメリカが過去に鬼畜だった事は事実だが、少なくとも今は日本と同盟を組み安全保障条約を結び、沖縄は返還して日本のEEZが取り返せている事実がある
          あくまでも反共産主義だから北朝鮮、中国、ロシアの近くに基地が必要だから米軍基地があるだけで、今日本にアメリカが敵対する意思なんてものはない
          災害時には手を貸している事も事実
          時代は変化しているんだよ

          過去に欧州が植民地政策をしていたといっても今ではしていない事も事実
          欧州は少なくとも今は領土的野心は出していない
          フランス等は返還していなかったりはするが
          国際法制定前と後では体制変わっている事実くらい認識すべき

          0
          0
        • 匿名 says:

          それに一言で「アメリカ」と言っても、アメリカの中でもいろんな勢力がいるだけに過ぎない
          当時のルーズベルト、トルーマン政権時は確かにひどいものだったし、反共産主義であるという事自体は単なる口実だった可能性は高い

          何故ならヴェノナ文書でソ連のスパイがいた事もまた事実だから
          ソ連スパイのハリーホワイトはハルノートの草案を作った張本人だし、アルジャーヒスは北方領土をロシア領だと確定させたヤルタ会談に出席した張本人
          どちらもソ連のスパイであった事はヴェノナ文書で確定しているからね

          確かに過去はひどかった
          しかし現在では日本は曲がりなりにも自由主義陣営である以上、アメリカが敵対していると思うのははっきり言って時代錯誤
          日本のEEZにミサイルを飛ばしてきていたり、日本の領土を奪っている中国、北朝鮮、ロシアこそが日本の敵でしかない

          アメリカは沖縄を返還している事実がある
          中国は沖縄は中国領土だとか寝言を言っている事実がある
          これが真実だよ

          0
          0
        0
        0
      • 匿名 says:

        共産主義と敵対してるなら共産主義と戦ってる日本と敵対する訳ねえだろ
        アメリカ人は低脳ゴミと言うことか?

        人種差別主義で虐殺者で侵略者のアメリカはシナ利権が羨ましくて日本を攻撃しただけだ
        日本はオランダ国王に欧米の情報を報じさせていたため
        アメリカが黒船でやってくる事も1年前から知っていた

        アメリカは常に日本を羨み攻撃するのでとっとと滅べ

        • 匿名 says:

          事実過去にはそういう誤解があった
          日本は共産主義側だと勘違いされたんだよ
          勘違いというか、確かにそれを口実にアメリカは日本の権益を奪おうと画策していた事は事実だが

          だからと言って今はそうじゃない
          少なくとも国際条約で同盟関係にあるんだから、過去の価値観を今主張されても納得しようがない

          アメリカが清廉潔白だなんて事は言ってないからね?
          少なくともそういう誤解、勘違い、口実があった事は事実だという事だよ
          そしてアメリカは一貫して反共産主義、反独裁として行動している事もまた事実
          朝鮮戦争では共産主義独裁である北朝鮮と敵対し、ベトナムでは社会主義の北ベトナムと敵対したんだから

          そして日本は事実として国民党軍を掃討し満州を建国した、これは事実
          日本は意図せず中国共産党を増長させてしまった、と言ってもこれは国民党軍の自業自得でしかないわけだが
          それをアメリカが口実に使ったとしても、事実としてアメリカは自由主義に立っている事もまた事実なんだよ
          だから今日本とは同盟関係にあるんだよ

          0
          0
        • 匿名 says:

          ヴェノナ文書の解読でハルノートの草案作ったやつはコミンテルンのスパイだったと判明してるしルーズベルト政権時代には共産主義者が政権内部に入り込んでたよ

          以下wikiからの引用
          >1930年代〜1940年代のアメリカ政府機関、アメリカ国内の民間シンクタンク、民間平和団体、宗教関連団体、出版社などが事実上ソ連に乗っ取られていた事が判明。
          >第二次大戦時のアメリカの政策決定の多くをソ連の意図に基づいて歪められていた間接侵略・シャープパワーの可能性が浮き彫りになる。
          ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%8A

          0
          0
        0
        0
      • 匿名 says:

        赤狩りをやるのは蒋介石の時代になってからで、孫文の時代は第一次国共合作
        紅軍を残り5万まで追い詰めた段階で、張学良が蒋介石を拉致監禁した西安事件が起こって、第二次国共合作
        この西安事件を調停したのが米ソ

        • 匿名 says:

          レッドパージの話をしているわけではない
          それが活発化するのと、アメリカが当時から自由主義を死守しようとしていた事とは関係がない

          4
          9
        4
        9
      4
      9
    4
    9
  7. 匿名 says:

    今の強大アメリカじゃなかったし、露西亜が極東に至ったのはアロー戦争の後だし。
    どっかの極悪国が起こしたアヘン戦争の影響が開国の大きな要因だろ。
    その肝心な事を誰もコメしていなくて笑ったわw

    • 匿名 says:

      イギリスのアヘンゴリ押し売りを中国が拒んだら、イギリスに戦争起こされたのが1839~1842年だもんな
      そして黒船開国が1853年

      ほんのちょっと前に欧米のヤバさ見せつけられて、開国するしか無かったってのはあったろうね

      1
      5
    • 匿名 says:

      文化露寇(フヴォストフ事件)以前から日本人はロシアの邪な侵略意図を察知していたわけだが

      2
      2
    • 匿名 says:

      その極悪国の船が出島であばれたおかげで一部の日本人はペリー来航以前に目覚めてたんだよね。幕府なんかも含めて。

      0
      2
    0
    2
  8. 匿名 says:

    > 外部の脅威に対して閉じこもり自国が弱体化してしまうのは愚かなことではないか
    貨幣を取引しながら、言語、文化、技術、武器について学べば、発展が早まっただろうに

    別に鎖国中も交易してたから🤚
    そして平和だった。
    そして鎖国中に周りはキリスト汚染されて植民地化、奴隷化どちらが愚かかな?
    発展が早まった←おいおい搾取してただけだろ差別主義者共🤚

    1
    27
  9. 匿名 says:

    ロシア以前に交易を求めてきたフビライ=ハンの使者も問答無用で切り捨てて、カンカンに怒らせたしな。
    わかるだろ?閉じこもりたいんだよ放っておいてくれよ。

    • 匿名 says:

      切り捨てた使者は、開戦後に降伏勧告しに来たたわけだけだ。
      それ以前の者はきちんと帰している。教育界系パヨクに踊らされすぎ()

      1
      0
    1
    0
  10. 匿名 says:

    ポルトガルがシャバイ奴ってわかってオランダに乗り換える先見性。

    英国やスペインやフランスだとまたややこしかったと思う。

    • 匿名 says:

      イギリスは採算が取れないから対日貿易から撤退しただけでしょ。
      侵略は現実的ではないと考えていた証左なんだろうけど

      1
      0
    1
    0
  11. 匿名 says:

    >6:海外の反応を翻訳しました : ID:

    ヨーロッパ人が信用ならないのはわかるが、外部の脅威に対して閉じこもり自国が弱体化してしまうのは愚かなことではないか
    貨幣を取引しながら、言語、文化、技術、武器について学べば、発展が早まっただろうに

    いやいや、信用ならない相手だからこそ主導権を与えず厳しく規制してたんだろ
    そもそも取引や貿易も不平等な条件で丸め込まれるのも知ってたからな
    文化、技術、武器など幕府は水面下でかなり調べて着々と力をつけていたよ
    脅威から盲目的に避けていた訳では無い

    1
    21
  12. 匿名 says:

    偉大なご先祖様に感謝するしかない

    今と比べれば情報もわずかな当時、鎖国(正確には制限開国)という選択は奇跡に近い判断
    日本以外の国はことどとく欧米列強の植民地になったわけだからな

    2
    33
  13. 匿名 says:

    キリスト教を押し付ける事がそもそも植民地化の手法だったからね
    信じる者は救われる、信じない者は救われない、信じない者はノアの箱舟には乗れずに大洪水で地獄に落ちるとか言って論争を起こし内紛を煽って植民地化してきたのが、他国の植民地支配の手法だった
    だから世界で最も普及しているのがキリスト教になっているだけで、実際には支配の道具でしかなかったから支配されて普及したってだけ
    日本ではそれが通用しなかった

    1
    23
  14. 匿名 says:

    磨り潰されるインディアンや侵略される国々を見てるから鎖国してたんやろが

    1
    19
  15. 匿名 says:

    オランダ 漂着しなかたらどうなてたか。
    八重洲がなかった。

    0
    0
  16. 匿名 says:

    鎖国をしないと、ヨーロッパ勢力と結託して日本の植民地化の手伝いをしようとする地方勢力が出現するので鎖国をせざるを得なかった。
    現代みたいに開国して貿易で大儲けできる時代ではなかったから仕方が無い。

    1
    11
  17. 匿名 says:

    オランダはそれまで長い付き合いがあったにも関わらず、他の列強に乗り遅れまいと日本に不平等条約を締結するよう迫ってきた
    オランダ人はそういう自国に都合の悪い歴史は教わっていない

    • 匿名 says:

      メキシコだけが日本と平等条約を結んでくれたんだよね
      それもあって今でもメキシコは日本にビザ免除されてる

      1
      15
    1
    15
  18. 名無し says:

    開国後、欧米諸国は日本に不平等条約を押し付けてきた。まあ日本は無知だったんだな。また欧米諸国は卑劣な国だったんだ。それでも日本はその条約を誠実に履行しながら、同時に富国強兵政策を推し進めて、実際に日清戦争、日露戦争にも勝った。つまり強固になっていった。その後第2次大戦。負けはしたが日本は戦後またたくまに経済大国に成長した。日本は不屈の国だよ。鎖国してキリスト教と称する侵略を避けたことは間違った事ではなかった。

    • 匿名 says:

      そもそも和親条約からして大砲で脅された後で結ばれているから、対抗出来るものがなければ相手から出された条約を嫌でも受け入れるしかないでしょう。話せばわかる相手だったら日本は不平等条約なんて結ばされていない…

      0
      1
    0
    1
  19. 匿名 says:

    このあたりの外交については、歴史ギャグ漫画「風雲児たち」に詳しい。
    作者が亡くなられて未完になってしまったが・・・。

    0
    2
  20. 匿名 says:

    新しけりゃ良いものだを植民地政策にまで当てはめようとしてくるとは思わなかったな。

    1
    11
  21. 匿名 says:

    アメリカ人は自分たちが日本を閉鎖的な環境から解放してあげたとか思ってそうだな

    0
    6
  22. 匿名 says:

    アメリカに無理やり開国させられたって日本人自身がカン違い史観を持ってる
    当時のアメリカはまだ欧米の中でも弱小国に過ぎなかったことを見落としてる
    最初の相手として強すぎず弱すぎず実に適当な相手国だったんだよ
    アメリカを選んだ幕府の慧眼には感心する

    2
    0
  23. 匿名 says:

    植民地化した東南アジアを見れば良いじゃん。
    なぜ、外国人って日本だけに執着するんだろうな。
    オランダ領だったインドネシア、フランス領だったベトナム。
    スペイン領だったフィリピンとか。
    当時、原住民たちは奴隷として働かされてる。
    結局、発展したのは白人が暮らす場所だけ。
    南米なんて、そのものじゃん。それを素晴らしいって言う方がおかしいわ!

    0
    5
  24. 匿名 says:

    日本人も奴隷貿易の対象だった事実は伝えないんだよな。

    0
    6
  25. 匿名 says:

    >これだけの長い関係を築きながら、太平洋戦争で日本人とオランダ人が敵対することになったのは、なんとも皮肉な話だな

    当時のオランダは本国をドイツに占領され、ロンドンに亡命政府を樹立していた。
    そのドイツへの裏口参戦できねぇかなーとか思ってる米国が、被害国のオランダ亡命政府にABCDライン参加を誘導。
    オランダにしてみれば、本国奪還の為に仕方なかったのかも知れんが、日本にとっては死活問題。

    物資が入らず近代国家終了までのタイムリミットを切られた日本は当然、物資豊かな蘭印に攻め込む事になり、オランダはあっさり唯一の植民地を失い、日本敗戦後に奪還しようとするも、PETAやら日本人義勇兵やらに抵抗された挙句に世界各地における植民地時代終了の流れに巻き込まれる。

    こうして戦中世代のオランダ人は日本を憎み、敗戦国日本を足蹴にする様な胸糞態度をしばらくとっていた。
    若い世代のオランダ人だとそういう事もない様だけど、それでも戦中世代の歴史観を無邪気に信じてはいるのかも知れず。

    0
    3
  26. 匿名 says:

    こういう時にイギリスのクズ行動が挙げられていない事にモヤモヤする(フェートン号事件)。あれで余計に鎖国体制が厳しくなったのに。

    0
    2
  27. 匿名 says:

    キリスト教=カトリックは日本人を奴隷としたが、神社の打ち壊しもした。

    0
    1