海外「日本人は新鮮な魚が食べられて羨ましいよ」日本に嫉妬!? 外国人が羨む日本の海鮮料理とは

スポンサーリンク

Rabbit fish アイゴ

アイゴとはスズキ目・アイゴ科に分類される魚の一種である。西太平洋の暖海域に生息する沿岸性の海水魚である。鰭の棘に毒をもち刺されるとひどく痛むが、食用にもなる。 ウィキペディア

Japanese Street Food – RABBIT FISH Sashimi Tempura Okinawa Seafood Japan

1海外の反応を翻訳しました : ID:

嫉妬しちゃうわ。
わたしはここで一人インスタントラーメンをすすりながら、このエキゾチックな魚はいったいどんな味かするのかを想像するだけ・・・
ビデオのアップありがとうね!

2海外の反応を翻訳しました : ID:

>>1
ははは!俺ははウォールマートで買ったイミテーションクラブサラダだよ・・・

3海外の反応を翻訳しました : ID:

ウサギに似た外見なのかな??

5海外の反応を翻訳しました : ID:

この魚は背ビレに毒をもってるんだよ。でもとっても美味しいんだよ。

6海外の反応を翻訳しました : ID:

お刺身が好きな人はいる?西アフリカのガーナからこのヴィデオを見てるよ。

7海外の反応を翻訳しました : ID:

何故ウサギなの?

8海外の反応を翻訳しました : ID:

>>7
明らかに口でしょ。唇の形がそうじゃない。

9海外の反応を翻訳しました : ID:

>>7
いや、きっとニンジンを食べるんだと僕は思うよ

10海外の反応を翻訳しました : ID:

>>7
ウサギの味がするのかな・・・?

11海外の反応を翻訳しました : ID:

とっても新鮮に見えるわ!

12海外の反応を翻訳しました : ID:

これ焼いて食べるとすっごい美味しいんだよ!しっとりとした白身が最高!

13海外の反応を翻訳しました : ID:

カッコよすぎて食べるのもったいない気がするよ。

14海外の反応を翻訳しました : ID:

>>13
わたしもそう思った!食べるんじゃなくて自由に泳ぎ回っている所を見ていたいわ。

15海外の反応を翻訳しました : ID:

Youtubeに匂いを伝える機能がない事は良い事なのかもしれないね。
食べられないとわかっていて、こんなおいしそうな匂いに攻撃されるなんてたまったものじゃない。

16海外の反応を翻訳しました : ID:

美味しそうだ。
わたしの地元の寿司バーに行って、ラビットフィッシュのお刺身をオーダーできればいいのに。

17海外の反応を翻訳しました : ID:

魚をさばいている所がいいね!

18海外の反応を翻訳しました : ID:

刺身に出来上がった所はハマチに似ているね。

19海外の反応を翻訳しました : ID:

わたしが住んでいる地域では魚はあんまり食べないの。
だって本物の魚なのか、接着剤で固めた混ぜ物入りの偽物なのか分からないからね。
新鮮が魚が食べられるのが羨ましいわ。

20海外の反応を翻訳しました : ID:

昔よく海藻を餌にしてこの魚釣ってたよ!冗談じゃなく!

21海外の反応を翻訳しました : ID:

素晴らしいシェフだ。彼は芸術家だよ!

22海外の反応を翻訳しました : ID:

おおお!ラビットフィッシュ!BBQにするのが一番だよ。お刺身とは興味深いね。

23海外の反応を翻訳しました : ID:

美しい、、、ただただ美しい、、そしてわたしは涎がでてきた。

24海外の反応を翻訳しました : ID:

金たわしで鰓を削ぎ落して、さばいて野菜と一緒に盛る、僕の義兄のトムと一緒だ!

25海外の反応を翻訳しました : ID:

インドネシアではこの魚の事をBARONANGって呼ぶんだよ。

26海外の反応を翻訳しました : ID:

綺麗な盛り付けだわ!

27海外の反応を翻訳しました : ID:

このビデオを見て色々な魚のさばき方があるのを学んだよ。

28海外の反応を翻訳しました : ID:

この魚は飛ぶの?それとも泳ぐの?

関連

海外「日本のモノは何もかもが素晴らしいな」なぜマグロはあんなに高価なんだ?俺も日本の漁師になるときがきたか

引用元:Youtube

コメント

  1. 匿名 says:

    アイゴは毒が有るので悪しからず

  2. 匿名 says:

    >アイゴは毒が有るので悪しからず

    アイゴー!

  3. 匿名 says:

    ほんの数十年前までは「魚介類なんて好き好んで食べる日本人は野蛮」とか言ってたのにね。そういうことはすっかり頭から消えているんだろうけど。

    • 匿名 says:

      ほんの数十年前(1960年ごろ)は日本人の一人当たりの肉消費量はアメリカの3%程度で、田舎の婆ちゃんは外人さんは毎日肉の塊を食べて野蛮だねと言っていた。

  4. 匿名 says:

    海外だって海沿いだと新鮮な魚食えるだろう。もしかしたら外人がまだ刺身として食ってないだけで日本では捕れない凄い美味しい魚あるかもな

  5. 匿名 says:

    接着剤で固めた混ぜ物入りの偽物ってどんなんだろ?(‘ω’)

  6. 匿名 says:

    北九州沿岸部で釣れるアイゴの中には
    極端に磯臭いものも混じっているし
    棘には毒もあってあまり喜ばれる魚じゃない。
    特に夏場は磯臭い固体が増えて釣れるとガッカリ。

  7. 匿名 says:

    肉だと安い店によくある、ヤングカルビとかなんかカルビっぽいのとかサイコロステーキとか妙にサシが均一に入った形も綺麗な立方体の切り身がその類いで屑肉に油脂を混ぜて接着剤で固めてある。
    魚だと骨無しの魚は一度開いて骨を抜き再び接着剤で貼り付けてある。
    魚で屑を接着剤で貼り合わせた商品は知らないがもしかしてすり身加工食品をそう思っているのかもしれない。最近外国でカニかまを筆頭にすり身加工食品が人気らしいし。

  8. あああああああ says:

    海外だと大小問わず魚は〆ない血抜きもしない
    沿岸の漁なら氷漬けもしない
    漁師も怠慢だし流通も整ってない
    料理人も鮮度見ないし虫取りもちゃんとやってないだろ
    日本の商社が入らないと無理なんだよ

  9. 匿名 says:

    外人に称賛されたら、むしろ何でも言葉を尽くして褒める態度を見習うべきなんじゃないのか
    いやそれほどでも!フヒヒ!とか言う前に

  10. 匿名 says:

    水道水の差は大きいだろうな
    水道水がヤバイ地域だと魚が水や氷に触った時点で魚の保管ができない

  11. says:

    羨ましいがるばかりでなんで自国で実践しようとしないのかが分からん
    それほど難しい事でもないだろ

  12. 匿名 says:

    アイゴってションベン臭いんんじゃないの?
    食った事無いけど釣れたら捨てる魚ってイメージだわ。
    釣ったその場で処理すれば食べれるよって聞いたけど”ションベン臭い”で食べる気なくしたw