海外「江戸時代の学校の授業風景、もうめちゃくちゃwww」寺小屋に外国人が興味津々!

スポンサーリンク

A picture of a school in the Edo period

1海外の反応を翻訳しました : ID:

江戸時代の学校風景を描いた絵

2海外の反応を翻訳しました : ID:

ふーん、今と特に何も変わらないじゃん

3海外の反応を翻訳しました : ID:

>>2
いや、刀はダメだろ!!

4海外の反応を翻訳しました : ID:

この中だったら、どれが自分に近いかなって考えたんだ
僕は、右側の絵の真ん中にいるぽっちゃり君かな

スポンサーリンク

5海外の反応を翻訳しました : ID:

これは寺子屋って言って、子供たちに読み書きや計算を教える江戸時代の民間教育施設だったんだ
この絵は1844年から1848年に描かれたもので、日本全体では約16,500の寺子屋があったみたいだよ

6海外の反応を翻訳しました : ID:

>>5
女の子も教育を受けてたの?

7海外の反応を翻訳しました : ID:

>>6
もちろん、女の子だけが通う寺子屋もあったくらいさ
左側の絵には、先生の後ろに生け花や茶道、歌道って書かれたものがあるでしょ
教養ある女性になるため、寺子屋ではそういうことも教えてたのさ

8海外の反応を翻訳しました : ID:

これが授業風景なんて、怖すぎるわ!!

9海外の反応を翻訳しました : ID:

真面目に勉強頑張ってる子が3人か・・・応援したくなるな

10海外の反応を翻訳しました : ID:

左側の真ん中にいる子、友達にCOVIDの検査してるぞ

11海外の反応を翻訳しました : ID:

>>10
その後ろにいる奴なんか、教材食ってるぜwww

12海外の反応を翻訳しました : ID:

これ、すごく生き生きとしたポスターになりそう!
うちの壁に飾りたいわ!

13海外の反応を翻訳しました : ID:

ここにある机って学校の備品じゃないんだって
生徒個人の持ち物で、毎日運んできて学校が終わったら家に持ち帰るらしいんだ

14海外の反応を翻訳しました : ID:

江戸時代には皆いろんな格好して学校来てるのに、現代の日本はだっさい制服を着なきゃいけないなんて、当時よりも後退してるのね

15海外の反応を翻訳しました : ID:

外国語を教えてる教師はどこにいるんだ?

16海外の反応を翻訳しました : ID:

教師が刀を隠しもせず、もろに目に見える状態で教室のど真ん中にいたのか

17海外の反応を翻訳しました : ID:

>>16
侍は、公務の時には刀を携帯するよう義務付けられてたからね

18海外の反応を翻訳しました : ID:

>>16
銃の乱射が起きるよりもっと前の時代に、学校は刀で襲われる恐怖に延々と怯えてる場所だったのか

19海外の反応を翻訳しました : ID:

私が勤めてる日本の中学校でよく騒いでるグループの子たちにそっくりだわ

20海外の反応を翻訳しました : ID:

学校ってのは、やっぱ昔からごちゃごちゃしてんだなw

引用元:reddit

コメント

  1. 匿名 さん 2021年02月27日 01:26

    > 江戸時代には皆いろんな格好して学校来てるのに、現代の日本はだっさい制服を着なきゃいけないなんて、当時よりも後退してるのね

    まだ制服の良さに気付かないのか…
    だから糞ダサい私服、
    現在も着てるんですね?

    38
  2. 匿名 さん 2021年02月27日 01:27

    おもしろいな

    13
  3. 匿名 さん 2021年02月27日 01:36

    この絵が素晴らしいのは、
    ・先生が教えてはいない事
    ・子供たちが自分のやりたいことをやっている事。
    ・年長の者が小さい子の面倒を見ている事。
    今の教育に最も欠けている要素。

    36
  4. Neme さん 2021年02月27日 01:37

    まあ幾分の誇張はあるよね。遊び騒ぐ子もいれば、ちゃんと勉学に励む子もいる。絵なんだから、見て楽しませる要素を盛り込みたいのは人情だろう。大人しくしている子を沢山描いてもつまらない。

    37
  5. 匿名 さん 2021年02月27日 01:39

    外国語を学ぶところは蘭学を教えている私塾だから寺子屋ではないな

    18
  6. 匿名 さん 2021年02月27日 01:41

    まぁ私服じゃないとスクールカースト決定の一要素が減ってしまう恐れはあるな

    6
  7. 匿名 さん 2021年02月27日 01:41

    いや、流石にカオス過ぎるだろwww

    5
  8. 匿名 さん 2021年02月27日 01:44

    マヌケ外人が風呂に入る習慣がなかった
    時代のお話ですね

    16
  9. 匿名 さん 2021年02月27日 01:55

    寺子屋の先生は基本的に兼業なんだよ、授業料だけでは食っていけないからね
    この絵だと武士が片手間にやってたのだろうということが見て取れる
    女の先生も多かったそうな

    36
  10. 匿名 さん 2021年02月27日 01:58

    女性教師が居るのは初めて知った

    7
  11. 匿名 さん 2021年02月27日 02:01

    制服より中共の指定ジャージの方がダセェぞ

    18
  12. 匿名 さん 2021年02月27日 02:06

    先生怖そうなのに右の方が荒れてる

    7
  13. 匿名 さん 2021年02月27日 02:19

    学級崩壊

    3
  14.      さん 2021年02月27日 02:35

    子どもたちの年齢も出身も異なるので個別指導が基本だった
    寺子屋は読み書きそろばんの基礎学問からスタート
    最終ステップでは子どもたちが将来就くであろう職業に必要な知識を指導してた
    そのため教科書も将来の職業別にあった
    大工、職人、漁民、八百屋の子どもにはそれぞれ専用の教科書
    隠居した人が先生となって基本的にボランティア精神でやっていた
    授業料は親の収入に応じて無理なく払える額で良かったらしい
    江戸時代、マジで世界一の教育システムだわ

    42
  15. 匿名 さん 2021年02月27日 03:02

    公文式で勉强せず自由に遊んでたら「あなたのお子様は他のお子様に悪影響を与えます」と母親が言われて、結果、強制的にクビになったのを思い出した。

    -8
  16. 743mg さん 2021年02月27日 03:03

    公文式で勉强せず自由に遊んでたら「あなたのお子様は他のお子様に悪影響を与えます」と母親が言われて、結果、強制的にクビになったのを思い出した。

    -7
  17.   さん 2021年02月27日 03:04

    200年前に、農民の子や女児でも通える学校のある国が、世界にどれほど有ったと思うんだ。
    本スレ書き込んでいるヤツの当時の御先祖様は、ほとんどが学校に行くどころか読み書きさえできない環境だぞ。

    41
  18. 匿名 さん 2021年02月27日 03:05

    みんな楽しそうで何より。
    こんなふうに民が自主的に勉強してた国って、当時日本だけなんじゃないかな?

    30
  19. 匿名 さん 2021年02月27日 03:10

    どんな時代だって落ち着きのないADHDな子供は一定数いるからな。
    どんな国だっているだろ。

    7
  20. 匿名 さん 2021年02月27日 03:21

    当時の寺子屋って職業訓練所みたいな面もあって
    読み書き算術の基礎教育が終わったらなりたい職業用の専門知識習ったり
    実際の職場に斡旋してもらったり就職に直結するかなり実用的な学びの場だった

    18
  21.     さん 2021年02月27日 03:29

    西洋では庶民の子供が通う学校なんて無かった時代だからね。

    27
  22. 匿名 さん 2021年02月27日 04:00

    世界でこのレベルの教育がどれだけあったとか、考えない馬鹿外人が多いね

    33
  23. 匿名 さん 2021年02月27日 04:11

    日本の学校教育は自主性とか個性を消すためのモノだからね。
    「国家の従順な奴隷」を育てるのが日本の教育。

    東大生見てりゃ分かるよね^^

    -35
  24. 匿名 さん 2021年02月27日 04:20

    刀がどうとかマジで言ってるなら救いようがないな。

    17
  25. 匿名 さん 2021年02月27日 04:25

    > 学校は刀で襲われる恐怖に延々と怯えてる場所だったのか
    それにしちゃ子どもたちが楽しそうに自由に振る舞ってるように見えるけどな

    24
  26. 匿名 さん 2021年02月27日 05:12

    先生のほかに助教のような人が左右に一人ずついるね。優しい顔立ちの人で。
    男の先生の後ろには「史記」が、女の先生の後ろには「活花大全」「華道」「茶道」「歌道」などの本がある。背景の文字は「文学萬代(ばんだい)の寶(たから)」というタイトルのもとに説明文が続くが古文書が読めない。
    実際の寺子屋はこんなに遊ぶ余裕のない高度な内容を教えていたはずなんだが、親しみやすい姿に表したんだろうね。

    11
  27. 匿名 さん 2021年02月27日 06:13

    二本差しじゃないから、御武家様ではないよ
    名字帯刀が許されてる名士ってとこ

    8
  28. 匿名 さん 2021年02月27日 06:32

    制服はダサいやろw

    -9
  29.   さん 2021年02月27日 06:51

    今が官僚制の御蔭で規律ばかしの滅茶苦茶な制度に成ってる
    年齢混ぜて互いに教えあう方が効率的

    5
  30. 匿名 さん 2021年02月27日 08:12

    >私が勤めてる日本の中学校でよく騒いでるグループの子たちにそっくりだわ

    日本人がノーベル賞受賞者数で欧米に遥かに敵わない最大の理由なんだよ。
    知能の差の限界ってヤツかな。それとクリスチャンではないこと。

    -27
  31. 匿名 さん 2021年02月27日 08:17

    >西洋では庶民の子供が通う学校なんて無かった時代だからね。

    実は英国やフランスにあったんだよ。遅れていたと思われてたロシアの
    中央アジアのウズベク辺りでも既に日本よりも高度な教育がなされていた。
    そういう意味で教育水準や識字率が中央アジア>>>日本だったんだ。

    -30
  32. 匿名 さん 2021年02月27日 09:27

    >江戸時代には皆いろんな格好して学校来てるのに、現代の日本はだっさい制服を着なきゃいけないなんて、当時よりも後退してるのね

    当時の西洋人が、「お前ら服が自由なんて遅れてるな。制服を導入しろ」と言ってきたからだな

    5
  33. 匿名 さん 2021年02月27日 09:29

    絵師は子供の和気藹々とした授業風景を描きたかったんだろうよ、そこに整然と並ばされる苦痛な風景はないわ。
    内容も皆別々だろうし授業って概念すらないだろうけど。

    それにしても現主流の安っぽいもんしかないカジュアルが制服に勝てる要素なんてあるんかね。

    7
  34. 匿名 さん 2021年02月27日 09:32

    親が服選んで買ってくれてた小学生の頃は私服登校に憧れたが
    中学に上がると興味もないのに自分で服を探して選んで買うのも他人にセンス見られるのも面倒で制服のすばらしさを再認識したな。

    8
  35. 匿名 さん 2021年02月27日 10:14

    COVIDの検査ワロタ。今らしい発想だ。

    2
  36. 匿名 さん 2021年02月27日 10:50

    このカオスな状態は今の日本人の民度そのままだな。
    アメリカ人はシールをキレイに貼るけど、日本人はメチャクチャに貼るらしい。

    -31
  37. 匿名 さん 2021年02月27日 10:54

    >中学に上がると興味もないのに自分で服を探して選んで買うのも他人にセンス見られるのも面倒で制服のすばらしさを再認識したな。

    そう?制服なんて中学時代だけだよ。高校は公立だったから私服だったし。

    -1
  38. 匿名 さん 2021年02月27日 11:46

    先生にドッキリを仕掛ける絵とかもあって
    今も昔も変わらんのよなーとか思った

    4
  39. 匿名 さん 2021年02月27日 11:53

    >実は英国やフランスにあったんだよ。遅れていたと思われてたロシアの
    中央アジアのウズベク辺りでも既に日本よりも高度な教育がなされていた。
    そういう意味で教育水準や識字率が中央アジア>>>日本だったんだ。

    ウズベクの歴史知ってる?元はシルクロードの中継点でとても栄えて、あのトルコの最盛期にトルコに支配されて、そのあとにソ連に支配の流れ
    中央アジアではなくシルクロード>>>日本というのが正しいよ
    ウズベクははっきりいってアジアのイタリアみたいな特殊な土地だからな?

    1
  40. 匿名 さん 2021年02月27日 12:01

    なお当時の寺子屋には、子供のほかに幼少期に学べなかったが向上心を持つ大人も一緒に学んでいたそうな
    簡単な読み書きそろばんが出来るだけでも、スキルによってキャリアアップできる可能性あるしな。
    各地に奉納されてたりする算額とかは、地元名士による専門的なモノのほかに、そういう寺子屋で学んでいた大人たちによる奉納分もあるという。

    ・・・子供のころに学んでいても、それから放蕩したせいで忘れてしまった人も、更生を兼ねて学んでいたりもしたそうな。

    7
  41. 匿名 さん 2021年02月27日 12:07

    転校生が多い地域の小学校は私服が多いよ。
    生徒総数が多いと格差無くすのに制服になるけど。

    0
  42. 匿名 さん 2021年02月27日 12:22

    伊能忠敬なんて隠居後にラプラスの天体力学とラグランジュの微積分を習得して翌年の部分月蝕を予言し東北まで観に行ったんだぞ

    あいにく雨だったが

    9
  43. 匿名 さん 2021年02月27日 12:23

    百姓の子供たちには縁のない話

    -9
  44. 匿名 さん 2021年02月27日 12:42

    喜多川歌麿の《見るが徳 栄華の一睡》も外国人に見てほちい
    ネトラレBLの夢を見る腐女子に餌くれやとちょっかいかける飼い猫の絵
    寺子屋の絵もそうだけどあんまり人間は変わりませんな

    2
  45. 匿名 さん 2021年02月27日 13:48

    日教組がない幸せな時代

    8
  46. 匿名 さん 2021年02月27日 14:49

    いい絵だな
    楽しそうだ

    5
  47. 匿名 さん 2021年02月27日 16:54

    >百姓の子供たちには縁のない話

    寺子屋は授業料基本タダだから百姓の子供でも通えるよ。
    読み書き計算をできないと丁稚奉公できないから。田畑相続できない次男以下は
    勉強する以外ない。

    5
  48. 匿名 さん 2021年02月27日 17:14

    ドラマとか漫画だと現代の学校みたいに縦横揃えて整列してる事が多いけど、
    実際は先生を中心に扇状になってたみたいね

    1
  49. 匿名 さん 2021年02月27日 17:41

    農家にとって子供は貴重な労働力だからな

    1
  50. 匿名 さん 2021年02月27日 18:23

    寺子屋って実は先生が授業するわけじゃないからね。

    基本的には年長者が年少者に教えるのが基本的な仕組み。しかも年齢、習熟度による区分はなく、今日は読み書きの日となっていればみな一斉に実施する。当然のごとく学級崩壊みたいになる訳だが、小さい子供を年長者が面倒みる、遅れている子をみんなでサポートするみたいな社会性が物凄く伸びるようになっている。

    そして、優秀で他の子に教えられるようなレベルになると先生が直接指導するようになる。これも年齢なんかは関係ない。

    6
  51. 匿名 さん 2021年02月27日 18:27

    勘違いしちゃいけないのは、寺子屋は基礎的な教育以外は身分制時代だから職業選択の自由はなく、その子の身分に合わせた職業訓練を教えてたことな。
    士農工商の子が集うが、実際は各家庭教師による教育だったんやで

    0
  52. 匿名 さん 2021年02月27日 19:21

    面白おかしくしてること前提で見ないとな。

    4
  53. 匿名 さん 2021年02月27日 19:47

    あの時代に寺子屋に行ってた子は、
    上級国民の子どもらだろうな。

    -6
  54. 匿名 さん 2021年02月27日 20:05

    まあ一コマ漫画だからなこれ
    マンガ見て実際もこうなんだ!とか言うような愚

    1
  55. 匿名 さん 2021年02月27日 20:07

    ほーん
    日本に来たらそこら辺の子供が遊びながら論語諳んじてて腰抜かしたとかいうのは明の使節団だったっけな…

    3
  56. 匿名 さん 2021年02月27日 20:10

    >実は英国やフランスにあったんだよ。遅れていたと思われてたロシアの
    中央アジアのウズベク辺りでも既に日本よりも高度な教育がなされていた。
    そういう意味で教育水準や識字率が中央アジア>>>日本だったんだ。

    この絵が書かれたのは1845年頃で1820年頃にはもうすでに同じような寺子屋の絵が書かれている。イギリスで庶民の初等教育が一般的になったのは19世紀末頃。
    ウズベキスタンの識字率が高いのは旧ソ連時代の教育制度の為。当時の日本よりも高度な教育政府度がなされていたということはない。又、イスラム教のために庶民の女子は教育自体受けられなかった。ちなみに現在のウズベキスタンの15歳以下の識字率は70%程度。

    3
  57. 匿名 さん 2021年02月27日 20:56

    >あの時代に寺子屋に行ってた子は、上級国民の子どもらだろうな。

    侍の子供は藩校に通ってたから。当時、江戸には寺子屋が1,000校、全国に約16,500校あった。庶民の子供の就学率は7割以上だった。農村や漁村の子供も寺子屋に通ってた。

    7
  58. 匿名 さん 2021年02月27日 21:03

    小栗虫太郎の処女作「完全犯罪」の探偵も苗族共産軍(中華ソビエト共和国軍西南軍)の
    将校であるユダヤ系ウズベク人だった。戦前しか知らない虫太郎が描いたわけだから
    ウズベク人の教育水準が日本人はじめとする東アジア人よりも高かったのは間違いない。

    0
  59. 匿名 さん 2021年02月28日 04:41

    江戸は「手習い所」先生は部屋住みを嫌がった旗本や御家人の次男三男 年季明けの遊女(花魁太夫クラス)がメイン
    上方は「寺子屋」先生は僧侶商家の隠居がメイン

    2
  60. 匿名 さん 2021年02月28日 11:05

    ここ通っていれば少なくとも瓦版読んで買い物で釣銭を誤魔化されない程度の学力が身に付くって事だ。日本では200年前にはね。

    5
  61. 匿名 さん 2021年02月28日 12:50

    フィクションに描かれた主人公バイアスのかかったキャラクター一人を根拠に現実を測るのはかなり危うい。
    なろう小説の異世界転生モノを根拠に「異世界で一番活躍出来るのは日本人だ」と言う奴と一緒と言われたときの反論が手間だ。

    0