海外「日本人は黒人侍の弥助を侍だと認める?それとも奴隷?」お前らが何を言おうが信長が認めたから

スポンサーリンク

1海外の反応 : ID:

昔、日本にいた黒人のsamurai「弥助」についてどう思う?

弥助(やすけ、生没年不詳)は、戦国時代の日本に渡来したアフリカ系の戦士。戦国大名・織田信長への献上品とされたが、信長に気に入られ、その家臣に召し抱えられたアフリカ系侍として伝えられているwiki/弥助

2海外の反応 : ID:

映画化して欲しいな

4海外の反応 : ID:

>>2
「へうげもの」という漫画とアニメに出てきたことあるぞ

5海外の反応 : ID:

>>4
こいつか

6海外の反応 : ID:

どうせ将軍に遊ばれてただけだろ

7海外の反応 : ID:

黒人のsamuraiはあんまり興味ないかな

8海外の反応 : ID:

素直に黒人を評価できない奴がいるなwww

9海外の反応 : ID:

俺の黒人の友人達はみんな弥助を知っているよ
日本に住んでいる黒人の間ではすごく有名みたいだね
でも彼が奴隷だったとか言う奴がいるんだ・・・日本に奴隷制度はなかったのにね
あんまり詳しくないけど彼は真のsamuraiだったと思うよ

10海外の反応 : ID:

>>10
うん、ポルトガル人が最初に彼を奴隷として連れてきたんだ
でも織田信長は彼を気に入り、いつも一緒にいたそうだ

11海外の反応 : ID:

織田信長が死んだ後にイエズス会に弥助を渡せと要求されたら渡しちゃったし
日本人も正直なところsamuraiとして認めてなかったんだろ

12海外の反応 : ID:

>>11
それは弥助に行く場所が無くなったからだろ?
なんで頑なに認めないんだ

13海外の反応 : ID:

>>11
お前らがなんと言おうが、信長は弥助をsamuraiだと認めていたから

14海外の反応 : ID:

実際はウィリアム・アダムズ(三浦按針)以外にも外国人のsamuraiがいたんだよね
黒人の武士とかめちゃくちゃ強かったんだろうな

ウィリアム・アダムス(William Adams, 1564年9月24日 – 1620年5月16日(元和6年4月24日))は、江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイングランド人航海士・水先案内人・貿易家。三浦 按針(みうら あんじん)の日本名でも知られる。wiki/ウィリアム・アダムス

15海外の反応 : ID:

弥助は外国人初のsamuraiだったからね
信長にも愛されていた
誰か彼の映画を作ってくれ!

16海外の反応 : ID:

>>15
映画が出来たらお前はこんな顔になるだろうな

17海外の反応 : ID:

>>16
BGMはパシフィック・リムのやつにしようぜ

18海外の反応 : ID:

>>15
ハリウッドが日本の歴史の映画を作ることはないよ
日本人が許すわけない

19海外の反応 : ID:

>>18
俺日本人だけどめちゃくちゃ見たいんだが・・・

20海外の反応 : ID:

弥助と可愛い女の子のラブコメアニメが見たい

引用元:4chan

コメント

  1. Love Jap says:

    信長から刀と禄をもらってるんだから完全に侍だって。

  2.   says:

    奴隷としてあげたら侍になって高い身分側になっちゃったから
    宣教師は交渉する時にモヤモヤしただろうねぇww

  3. 匿名 says:

    帯刀してるし、身なりを見ても武士扱いだったんだろうと思う。

  4. 名無しさん says:

    普通に侍だろ
    奴隷というのはキリシタンにポルトガルへ売り飛ばされた連中の事をいう

  5. やすけ says:

    ノブナガに仕えてたんだから完全に侍だろ。

  6. 匿名 says:

    信長協奏曲見てるやついんのか

  7. 万国あのにますさん says:

    ラブコメバージョンアニメいいな。なんなら弥助が女の子だったってパターンでもいいぞ。

  8.    says:

    戦国時代は底辺出身でもがんばれば武将になれる
    秀吉とかもそうだし弥助も強かったから普通にサムライしてたんだろ
    信長も将来的には城を与えるつもりだったらしいし

  9.    says:

    弥助についてはほとんど資料ないらしいな
    言葉もしゃべれなかっただろうからしょうがないけど
    本能寺で捕まった時も「黒んぼなんか獣みたいなもんだろ?野に返せ」
    みたいに言われて結局南蛮寺に預けられたんだっけ?

  10. 劇訳コメンター says:

    弥助なら日本人は侍と認めるだろ。
    むしろウィリアム・アダムズの方を、白人たちがこぞって偉大な侍扱いするのに、
    日本人は違和感を感じるわ。
    彼の場合は単なる名誉職って感じだし。

  11.         says:

    大昔のやつのことだからな、どっちでもいいけど
    主君がいて身分保証確実だったんだから
    120%侍だろう

  12. 名無しさん says:

    アメリカで映画化の話が進んでたと思ってたけど

  13.   says:

    そいつは弥助じゃない、ヤングや!

  14. おーるじゃんるな名無しさん says:

    映画化されたら楽しいかも。

    千利休が「黒大好き!」だったのは大河ドラマや漫画『へうげもの』で良く知られているけど、蜂須賀小六の軍勢も「こちとら黒備えの真っ黒甲冑で威圧したろ!」なのもネタになりそうでワクワクする。

    利休「私と同じ黒い甲冑が宜しいでしょう・・・」
    信長「であるか」
    秀吉「全部真っ黒なのも目立たないし、少し金色とか使わない?」
    (立った立ったフラグが立った!)
    小六「・・・負けた。この敗北感は何だ!俺もやる!」

    小六「なんか赤備えより被害も少なくて済むし、結構イイんじゃね?」

    弥助「最近自分がファッションリーダー化している件について」
    光秀「何で・・・何で、あんなぽっと出ばっかり・・・」バキッ!

  15. ななし says:

    ハリウッドで映画化→弥助がまさかのホワイトウォッシュ